コーヒーメーカーは機械音痴でも使える。手軽にコーヒーを楽しもう

2020.03.01

自宅で本格的なコーヒーが楽しみたいけど、コーヒーメーカーはちゃんと使えるか不安、手入れが面倒なのではないかと懸念している人もいるかもしれません。実はコーヒーメーカーは気軽にレンタルもできる時代なのです。この記事では、コーヒーメーカーの種類や選び方をくわしくご紹介していきます。

コーヒーメーカーにはどんな種類がある?

コーヒーメーカーは、大きくわけると3種類あります。機械の操作が苦手という人も簡単においしいコーヒーができるので、どんな種類があるのか見ていきましょう。

一般的なドリップ式

最も一般的なコーヒーメーカーはドリップ式です。水とコーヒーの粉をセットすれば、蒸らしたり、お湯の温度を調節したりする必要がなく、誰でもおいしいコーヒーを抽出することができます。

ドリップ式のコーヒーメーカー仕組みは、電気でお湯を沸かし、コーヒーの粉に注がれ、保温プレートの上に乗ったコーヒーポットにコーヒーが溜まっていきます。ミル付きのものは豆を挽くこともできますが、少し価格があがります。

コーヒーメーカーを使うのが初めてなので試してみたいというときは、比較的安価なミルがなしの機械を選ぶといいでしょう。フィルターはペーパーを使うものが一般的ですが、メッシュのフィルターにすれば自動でお手入れできる機能もついているタイプもあり楽です。

手軽に楽しむならカプセル式

短時間で入れて手軽にコーヒーを楽しむならカプセル式がおすすめです。機械専用のカプセルと水をセットして抽出します。1杯分だけ作ることができるので、いつでも出来立てのコーヒーを飲むことができます。コーヒーの出がらしを片付ける手間もないですし、お手入れも簡単です。

エスプレッソ好きなら専用マシン

エスプレッソは圧力をかけて短時間で濃厚なコーヒーを抽出する方法です。お値段はかなりしますが、エスプレッソ好きにはたまりません。自宅でエスプレッソを楽しみたいという人におすすめです。エスプレッソは濃いのでカフェインも多いのでは?と飲みすぎを気にしている人が多いですが、実は短時間で抽出するため、お湯にカフェインが溶け出す暇があまりなく、普通のコーヒーより少ないのです。

コーヒーメーカーの選び方は?

自分がどのコーヒーメーカーを使ったらいいのか迷いますよね。コーヒーをたくさん飲みたい、粉から入れたいという人はドリップ式を選びましょう。一方、コーヒー豆から購入して挽きたてを楽しみたいというこだわり派はミル付きがおすすめ。

また、コーヒーは好きだけど、粉から入れるのは面倒、でもインスタントコーヒーは何か物足りないという人はカプセル式がおすすめです。1杯だけ飲みたい、コーヒー以外の飲み物も飲みたいという人もカプセル式を選ぶといいでしょう。

カプセル式のカプセルは専用商品になるので、別の機械で使うことはできません。そのためカプセル式を選ぶときは、カプセルの種類にも注目してみてください。いうまでもなく、エスプレッソが大好きという人は、少々お値段は張りますがエスプレッソ専用の機械を選んでみてください。

機械はレンタルできる?業務用だけ?

コーヒーメーカーは買うしかないと思っている方もいるかもしれません。しかし、会社だけでなく、いまやコーヒーマシンは個人でもレンタル可能な時代です。

大手メーカーのネスレなどが提供するサービスでは、コーヒーメーカー(コーヒーマシン)を本体無料でレンタルすることができます。ただし注意点もあり、ほとんどの場合「定期的に、専用のカプセルやコーヒー豆・粉を購入しなければならない」という制約がついていることです。

専用カプセルやコーヒー豆を定期的に購入してもらうことで機械を無料で貸し出ししても利益が生まれるという仕組みなのです。とはいえ、本格的なコーヒーマシンを購入するよりは、初期費用が抑えられるというのも事実。「コーヒーマシンを使ったことがないため、いきなり購入するのは不安」という人は、ぜひお試し感覚でレンタルすることも検討してみるとよいでしょう。

コーヒーメーカーの使い方は簡単

コーヒーメーカーは機械の操作が苦手という人でも簡単に使うことができます。自動でやってくれるので、面倒なことはありません。部品を分解してお手入れしなくてはいけないといったこともほとんどないので、ぜひ試してみてください。購入を検討中だけど踏み切れないという方は、まずはレンタルして使用感を確かめるのも一つの手です。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME