爽やかカクテル『ブランデー・フィックス』。ブランデー入門にぴったり!

2020.02.26

透明感のある赤茶とレモンの色合いが美しい「ブランデー・フィックス」。さっぱりした後味で爽やかなカクテルです。この記事ではブランデー・フィックスの特徴や美味しい飲み方、レシピやおすすめの材料についてご紹介します。

爽快なカクテル『ブランデー・フィックス』

ブランデー・フィックスは、ブランデーをフィックススタイルでいただくカクテルです。

フィックススタイルとは?

カクテル名の「フィックス」とはサワー系カクテルのことを指します。一般的には、スピリッツにフルーツリキュール、柑橘系のジュース等を加えて作られます。

多くの場合クラッシュドアイスを用いるため、さっぱりとした味わいで夏の暑い時期にぴったりです。ベースのスピリッツを変更することで、ラム・フィックスやウォッッカ・フィックス等のバリエーションを楽しめます。

味わいや美味しい飲み方

テイストは中口~やや甘口、TOPはオールデイ(いつでも)です。チェリー・ブランデーの甘くてフルーティーな風味の中に、ブランデーのコクとレモンジュースの爽やかさを感じます。口当たりが良い割に、度数は20度前後とやや高めです。ブランデーベースですが、飲みやすく女性やカクテル初心者の方にもおすすめです。

『ブランデー・フィックス』の作り方(レシピ)

ブランデー・フィックスのレシピや作り方、アレンジ方法をご紹介します。

材料(グラス使用/1杯分)

  • ブランデー 30 ml
  • チェリー・ブランデー 15 ml
  • レモンジュース 15 ml
  • 砂糖 1 tsp

飾りようにカットフルーツを用意するとより華やかに仕上がります。おもてなしの際はストローを飾るのもおすすめです。

作り方(手順)

  1. シェイカーに氷と材料を入れる。
  2. シェイクしてグラスに注ぐ。
  3. お好みでオレンジスライスやマラスキーノチェリーを飾る。

この記事ではシェイクで作るレシピをご紹介していますが、ステアでも作ることが可能です。その場合、レモン・ジュースと砂糖をグラスに入れてステアし、クラッシュドアイスを詰めた後ブランデーとチェリーブランデーを注いでステアします。

簡単アレンジレシピ

ダイエット中や甘さ控えめがお好みの場合は、砂糖を抜いて作ってみて下さい。チェリーブランデー自体に甘みがあるので、砂糖無しでも美味しくいただけます。後からレモン果汁を絞って加えるとよりさっぱりした風味になります。

『ブランデー・フィックス』作りにおすすめの材料

自宅でブランデー・フィックスを作る際におすすめの材料をご紹介します。2種類のブランデーによって仕上がりの風味が変わるため、お好みの組み合わせを見つけてみて下さい。

十勝ブランデー ジェンティールVSOP

十勝で生産されている伝統的なブランデー。熟成期間10年以上の原酒を使用した、マイルドで繊細な風味が特徴です。リーズナブルな価格で気軽に楽しめるコスパの良い商品。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥2,750(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

サントリー カクテルレモン

カクテルの材料に最適な甘酸っぱいレモンジュース。レモンを絞る手間がなく、手軽に使えるため常備しておくと便利。幅広いレシピに使えるシンプルな味わいで、そのままソーダで割っても美味しくいただけます。

  • 容量:780ml
  • 参考価格:¥551(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

マリーブリザール チェリー・ブランデー

250年以上の歴史があるフランス産のチェリー・ブランデー。チェリーの鮮やかな赤色、フルーティーで甘い香り、まろやかな味わいが魅力です。カクテルの材料としてだけでなく、ケーキ作りや生クリームの香り付けなどに使用できます。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥1,798(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

暑い夏は『ブランデー・フィックス』で乾杯

ブランデー・フィックスは癖が少なく飲みやすいサワー系カクテルです。クラッシュドアイスでキンキンに冷やして楽しみましょう。ブランデーの独特な味わいが苦手な方でも挑戦しやすいので、ぜひ自宅で試してみて下さい。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME