競艇をインターネットで楽しむ。投票の流れや中継の視聴方法を紹介

2018.12.08

実際に競艇場に赴いて楽しむことだけが競艇の楽しみ方ではありません。インターネットを使えば、さらに便利に競艇を楽しむことができます。インターネット上での投票や、レースの状況を知ることができる方法を紹介します。

競艇のインターネット投票の魅力とは

インターネットで舟券を購入することができることを知っていますか?とても便利なこの仕組みの魅力を、簡単に説明します。

好きな時間帯にいつでも舟券の購入ができる

インターネット投票とは、24時間365日、いつでもどこでも舟券を購入することができるという便利なシステムです。

働いている人にとっては、全国各地の競艇場へ毎回行くことは現実的ではありません。しかし、インターネット投票を利用すれば、ほぼ毎日行われているレースの舟券を購入することができます。

また競艇は、当日にならないと分からないレースコンディションなどが結果に影響を与えます。

「ギリギリまで検討したい」といっても、競艇場の投票窓口やボートピアなどの場外舟券売場が混雑していて慌ただしいことも多いので、実際に競艇場に行く場合でもインターネット投票は大変便利です。

レース当日の入金と払い戻しが可能

インターネットでの投票すれば、タイムラグはなく即時に反映されます。

投票資金はコンビニATMなどからいつでも入金可能で、的中した場合の払戻金も精算指示を行い次第、すぐ指定する口座に振り込まれます。

インターネット即時投票会員の申し込み方法

競艇ファンにとって魅力的なシステムであるということを紹介しました。次は、どのように申し込むことができるのかを見ていきましょう。時間にして15分ほどで申し込みは完了です。

インターネット即時投票会員とは何か

「インターネット即時投票会員」とはパソコンやスマートフォン、携帯電話から、いつでも投票することができるシステムに会員登録した人のことをいいます。年会費や入会費などの費用は一切かからず、無料です。

日本国内にあるすべての競艇場の舟券を購入できることが何よりのメリットです。申し込みは以下のリンクから行うことができます。

会員登録のお申込み | TELEBOAT会員募集サイト

またインターネット即時投票会員になると、会員専用サイトを閲覧することが可能。ここではレース直前の情報やオッズなど、レース予想をするための必須情報がまとめられています。

応援している選手の情報をチェックしたり、収支の管理も簡単にできるでしょう。

指定銀行口座があればすぐに登録可能

申し込みには指定銀行いずれかの口座が必要です。なお、開設していない人は、まず口座開設を行う必要があり、通常2週間前後で開設できます。

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 広島銀行
  • スルガ銀行
  • じぶん銀行
  • ゆうちょ銀行

携帯電話から申込む場合は、りそな銀行、埼玉りそな銀行、じぶん銀行は対象外になります。これらの銀行口座を使用する場合は、パソコンまたはスマートフォンからの申し込みが必要です。

まだ指定銀行口座を持っていない場合や、普段使っている口座を使いたくない人は、ネット銀行(ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行)の口座利用が便利でしょう。

ネット銀行は、コンビニATMなどからの入出金の手数料が無料なことが多く、お得なのでおすすめです。ぜひ一度、確認してみてください。

インターネットから投票するときの流れ

申し込みが完了したら実際に投票です。

指定銀行口座へ入金後テレボートに入金指示

まずは先ほど紹介した指定銀行のいずれかの銀行口座に入金を行います。なお普段から使用していて、残高がある場合は改めて入金する必要はありません。

その後、テレボート口座に投票資金を入金します。テレボート口座とはインターネット即時投票会員に登録すると開設される口座で、投票資金を置いておく専用口座です。入金受付時間は次のようになります。

通常日 8:15~最終レース締切
ナイターレース開催日 8:15~最終レース締切(20:30前後)
早朝発売日 6:30~最終レース締切
前日発売 ~23:00 (発売開始時間の目安は通常開催時18:00~、サマータイム開催時20:00~、ナイター開催時21:30~[ナイター開催初日の前日のみ20:30~])

投票サイトへログインし投票を行う

投票サイト(BOAT RACE インターネット投票)へアクセスし、ログイン後に投票を行います。投票受付時間は次の通りです。

通常日 8:30~最終レース締切
ナイターレース開催日 8:30~最終レース締切(20:30前後)
早朝発売日 7:00~最終レース締切
前日発売 ~23:00 (発売開始時間の目安は通常開催時18:00~、サマータイム開催時20:00~、ナイター開催時21:30~[ナイター開催初日の前日のみ20:30~])

なお投票の締め切りは『開催本場締切時間の1分前まで』です。

レース終了後の振替方法は2種類から選択

的中した場合の払戻金や投資資金はテレボート口座に蓄積されます。その後、振替の方法は2種類あります。

  • すぐに引き出したい場合 投票サイトで「精算指示」を行いましょう。テレボートの口座から指定銀行の口座に全額振替られます。
  • すぐに引き出しを行わない場合 上記の「精算指示」をすぐに行わない場合、夜間に自動的にテレボートの口座から指定口座に全額振替られます。

何もしなくても、指定口座に振替られるので安心です。精算指示の受付は次の時間内になります。

通常日 8:15~17:00
ナイターレース開催日 8:15~20:50
早朝発売日 6:30~17:00(ナイターレース開催日は20:50)
前日発売 ~23:00 (発売開始時間の目安は通常開催時18:00~、サマータイム開催時20:00~、ナイター開催時21:30~[ナイター開催初日の前日のみ20:30~])

サイトやアプリで中継をチェックする方法

情報収拾をしてレースを予想したいですが、残念ながら一般的に競艇の情報はテレビなどでほとんど放映されません。そこで便利なのが競艇専用メディアです。

レース時は各競艇場の公式サイトから中継

レース中継は文字で読むよりも、やはり映像中継が臨場感が伝わってきます。

各競艇場の公式サイトでは無料で、パソコンまたはスマートフォンから中継を見ることができます。各公式サイトのトップページに分かりやすくリンクされているので、迷うことはありません。

ラジオアプリradikoで中継を聴く

すべてのレースではありませんが、大きなレースの場合はラジオ中継も行われます。その際に便利なのが、スマートフォンでラジオを聞くことができる「radiko.jp(ラジコ) 」です。

radikoは、日本のラジオ放送をインターネット経由で同時配信している無料のアプリです。もちろん競艇以外のラジオ放送も聞くことができるので、ダウンロードしておいて損はないでしょう。

スマホアプリSMART BOATもおすすめ

「SMART BOAT」は競艇に関する情報のみを配信するアプリです。全国24ボートレース場の競技情報に対応しており、平和島、蒲郡、津、鳴門、下関の5カ所のレースは、ライブ映像を配信しています。

また出走選手や勝率などその他のコンテンツも満載です。iOSのみ対応のアプリなので、iPhoneをお持ちの方はぜひダウンロードしてみてください。

インターネットで気軽に競艇を楽しもう

競艇場に行かずに、便利に競艇を楽しむことのできるサービスを紹介しました。すべて無料で利用できるものばかりなので、ぜひ活用してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME