シンプルカクテル『ブランデー・ジンジャー』とは。レシピとアレンジ方法

2020.02.16

ブランデーをジンジャーエールで割ったシンプルなカクテル「ブランデー・ジンジャー」。芳醇な香りとさっぱりした味わいが食事にぴったりなカクテルです。この記事ではブランデー・ジンジャーの味わいや、おすすめの材料・レシピについてご紹介します。

カクテル『ブランデー・ジンジャー』の特徴

ブランデー・ジンジャーは、その名の通りブランデーとジンジャーエールという2つの材料を割るだけの簡単なカクテルです。自宅で手軽にカクテルを楽しみたいという方におすすめです。

ブランデー・ジンジャーの香り・味わい

芳醇なブランデーの香りにジンジャーのスパイシーな香り、辛みとほのかな甘みが効いています。さわやかな口当たりで、男女共に好まれる味わいです。ブランデー独特の癖が程よく緩和され飲みやすく仕上がります。

ジンジャーエールの量によっても度数が変わるので、お好みで調節してみて下さい。レモンジュースを加えると「ブランデー・バック」というカクテルになります。

度数と美味しい飲み方

テイストは中口で、ロングカクテルに分類されます。TPOはオールデイ(いつでも)です。食事中やもちろん、食後やカクテルタイムなど様々なシーンに合わせられます。度数は5%前後と低めのため、お酒に強くない方や、普段あまり飲まないの方にもおすすめです。

『ブランデー・ジンジャー』の作り方

自宅で手軽に楽しめるブランデー・ジンジャーの標準的なレシピ、アレンジレシピをご紹介します。

材料(ロンググラス使用/1杯分)

  • ブランデー …30~45ml
  • ジンジャーエール …適量
  • レモン…お好み(なくてもOK)

作り方(手順)

  1. グラスに氷を入れ、ブランデーを注ぐ。
  2. ジンジャーエールを注ぎステアする。
  3. お好みでレモンスライスやレモンピールを入れたり、レモン汁を少量加える。

ジンジャーエールの量はお好みで調整しましょう。多めに入れればジンジャーハイボールのようなさっぱりとした印象に仕上がり、1:1程度にとどめればブランデーの芳醇な香りが際立つ高アルコールカクテルとなります。

簡単アレンジレシピ

ブランデー・ジンジャーに、螺旋状にむいたレモンピールを飾ると「ホーセズ・ネック」というカクテルになります。また、材料にブランデー「クルボアジェ VSOPルージュ」を使った場合のみ「ルージュ・バック」と呼ばれます。

フルーツブランデーを使用したり、生のフルーツを加えておしゃれなブランデージンジャーにアレンジするのもおすすめです。カットフルーツで飾ればおもてなしにも喜ばれます。

『ブランデー・ジンジャー』作りの材料

自宅でブランデー・ジンジャーを作る際におすすめの材料をご紹介します。

レミーマルタン VSOP

レミーマルタンは世界的に有名な高級コニャックのブランドです。コクのある上品な味わいと、バニラやヘーゼルナッツのように甘い香りが特徴。VSOPはブランデー初心者の方や、リーズナブルにレミーマルタンを試してみたい人におすすめ。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥3,999(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ウィルキンソン ジンジャエール 強炭酸

100年以上愛されて続けている定番の辛口ジンジャーエール。キリっとした味わいとさっぱりした喉ごし、炭酸の強い刺激を楽しめます。そのままはもちろん、カクテルの割りものにもぴったりです。

  • 容量:500ml×24本
  • 参考価格:¥3,629(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ポッカサッポロ ポッカレモン100

厳選したレモンを絞ったシンプルな100%レモン果汁。コクのあるまろやかな酸味で、料理やカクテル作りなど幅広いシーンで活躍します。保存料無添加なので、安心してレモンの健康成分を手軽に摂取出来ます。

  • 容量:450ml
  • 参考価格:¥867(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

手軽に楽しめる『ブランデー・ジンジャー』

ブランデー・ジンジャーは自宅でも気軽に作れる、さっぱりした味わいのカクテルです。ジンジャーエールの風味によっても味わいの変化を楽しめます。飲みにくいブランデーでも美味しいカクテルに変身するので、ぜひ試してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME