名前の由来はギリシャ神話?美しき『シルビア』のカクテルレシピ。

2020.02.13

乳白色が買ったオレンジ色のトロピカルカクテル「シルビア」。爽やかでもあり濃厚さも感じられる、ラムベースのカクテルです。この記事ではシルビアの味わいや特徴、美味しい飲み方、レシピと材料についてご紹介します。

美しい女性のようなカクテル『シルビア』

cocktail silvia

シルビアはラムをベースに、グラン・マルニエというリキュールやフルーツジュース、さらに卵黄を加えて作るロングカクテルです。

カクテル『シルビア』の特徴

カクテル名の由来は、実は正確なところははっきりしていないようです。しかし有力な説は、ギリシャ神話に登場する美しい女性「シルビア」に由来しているというもの。また、リンドウの一種に「シルビア」という品種があり、美しく白い花をつける植物であるため、こちらが由来ではないかとする説もあります。

いずれにせよその名の由来通り、女性や花のように白く美しい見た目と、清らかな味わいが魅力のカクテルです。それぞれの材料がラム独特の癖を緩和してくれるので、どんな人でも飲みやすい味わいに仕上がります。

味わいや美味しい飲み方

テイストは中口、TPOはオールデイ(いつでも)ですが、コクのある味わいなので食前は避けて食後の一杯としていただくのがおすすめ。度数は10%前後と低めなので、お酒初心者の方やお酒に弱い方でも飲みやすいカクテルです。

パイナップルジュースとオレンジジュースのフルーティーな風味の中に、グレナデンシロップの甘みを感じられます。グランマルニエの豊かな風味と卵黄のまろやかさも効いていて、こっくりとした濃厚な味わいです。

カクテル『シルビア』の作り方(レシピ)

自宅で作れるシルビアのレシピと材料、簡単アレンジ方法をご紹介します。少し材料が多く、シェイカーも必要なため、やや上級者向けのカクテルと言えるかもしれません。

材料(ロックグラス使用/1杯分)

  • ホワイト・ラム:20 ml
  • グラン・マルニエ:20 ml
  • パイナップル・ジュース:20 ml
  • オレンジ・ジュース:40 ml
  • グレナデン・シロップ:3dash
  • 卵黄:1個

オレンジジュース、パインジュースは生絞りしたものがベストですが、市販のジュースでも代用可能です。見た目にこだわる場合はカット・パインやマラスキーノ・チェリーを飾るのもおすすめです。

作り方(手順)

  1. 材料と氷をシェイカーに入れシェイクする。
  2. オールド・ファッションド・グラスに注ぐ。
  3. お好みでカットフルーツやチェリーを飾る。

卵黄は混ざりにくいので、事前につぶしておいたうえで、強めにシェイクする必要があります。しっかりとシェイクしないと卵黄が溶け残り、味ムラができてしまいます。

簡単アレンジレシピ

卵黄による濃厚なコクがシルビアの魅力でもありますが、人によってはクセを感じて飲みづらいと思うかもしれません。少しさっぱりさせたい場合は、卵黄を2分の1に変更するか、または卵黄を抜いてしまうのもアリです。

『シルビア』作りにおすすめの材料

自宅でシルビア作りを作る際におすすめのお酒をご紹介します。

サントリー ロンリコ ホワイト

プエルトリコのラムメーカーであるロンリコ社が製造・販売するカリビアン・ラム。ロックやストレート、ソーダ割、コーラやフルーツジュース割りなど幅広く楽しめます。すっきりとしたドライな味わいで飲みやすく、ラム初心者の方にもおすすめ。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥1,410(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

グラン マルニエ コルドン ルージュ

世界的に有名なフランス産のオレンジリキュール。オレンジピールの芳醇な香りやウッディーな香り、キャラメルやヘーゼルナッツを感じる甘い味わいが魅力。カクテルの材料や洋菓子の風味付けだけでなく、ストレートで食前酒として飲まれることもあります。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥2,712(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

モナン グレナデンシロップ

カクテルの色付け、風味付けにかかせない定番のグレナデンシロップ。ザクロの甘酸っぱい香りと甘み、鮮やかな赤色が特徴です。少量で美しく色付くのでコスパが良い商品。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥1,820(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

食後のデザートにもおすすめの『シルビア』

シルビアはグランマルニエの芳醇な香りやフルーツの甘ずっぱさを楽しめる女性に人気のカクテルです。卵黄が加わることでコクが出るので、食後のデザート代わりにもぴったり。見た目も華やかなので、おもてなしにも喜ばれること請け合いです。ぜひ一度自宅でシルビア作りに挑戦してみてくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME