バーボンウイスキー『メーカーズマーク 46』とは?味や特徴を解説

2020.02.10

ハンドメイドで丁寧に作られるバーボンウイスキー「メーカーズマーク」。中でもメーカーズ46は麦由来の甘みと華やかな香りが特徴です。この記事では、メーカーズマーク46の意味や味わいの特徴、価格や飲み方についてご紹介します。

メーカーズマーク46の特徴と味わい

「メーカーズマーク」はケンタッキー州・ロレットの蒸留所で製造されているバーボンウイスキーのブランドです。

バーボンウイスキー「メーカーズマーク」

メーカーズマークは、可能な限り手作業にこだわり丁、寧に製造しているクラフト・バーボンです。代名詞ともいえるボトルの「蝋封」の作業も、1本1本手作業で行われています。

味わいは華やかな香り、麦の上品な甘さが特徴です。また、通常バーボンはライ麦を原料に用いますが、メーカーズマークの場合は冬小麦を使用。他にはないスムースな口当たりと、まろやかな味わいも魅力です。

メーカーズマーク46の味わい

見た目は深みのある琥珀色をしており、キャラメルのように濃厚な香り、ウッディな樽香が特徴です。味わいはバニラのような甘みと厚みを感じられます。スムースな口当たりで、繊細な余韻が続きます。度数は47%とやや高めですが、マイルドで飲みやすく、世界中の人から愛されています。

メーカーズマーク46の意味や価格

商品名の意味や市場価格、購入方法についてご紹介します。

46の意味は「インナーステイブ」の番号

メーカーズマーク46は、焦がしたオーク材を原酒樽に漬けて熟成させる「インナーステイブ」という製法で作られます。商品名の番号は、オーク材の焦がし具合のオーダー番号が由来しているそうです。独特の製法を用いることで、樽の熟成した香りと厚みのある味わいが生まれます。

市場価格は5,000円前後

定価は4,800円(税別)、市場価格は4,300円~6,000円前後です。店舗や通販サイトによって価格に開きがあります。全国の酒屋やデパート、通販で購入が可能です。ハンドメイドということもあり少し高価ですが、安定した味わいでコスパの良い商品です。

通販サイトはAmazon、酒テン、LOHACO、輸入酒のかめやなどで販売されていました。店頭より通販の方が安く購入出来るのでおすすめです。

  • 容量:750ml
  • 参考価格:¥4,399(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

メーカーズマーク46の美味しい飲み方

バーボンに苦手意識のある方でも飲みやすいメーカーズマーク46。その魅力を生かしたおすすめの飲み方をいくつかご紹介します。

ストレートやロック

バーボンがお好きな方は出来るだけシンプルな飲み方がおすすめです。ストレートはメーカーズマークのまろやかな甘みや、華やかな香り、すっきりした後味をダイレクトに楽しめます。また、ロックにすると香りが開き、フルーティーなアロマやウッディな樽香を感じられます。

ハイボール

食事と合わせたい時や、さっぱりいただきたい時にはハイボールがぴったり。炭酸の爽快感がプラスされ、バーボン初心者の方でも飲みやすくなります。ウイスキーとソーダの割合は1:4を目安に、お好みで調節しましょう。

クラフトハイボール

サントリーの公式ホームページでもおすすめされている飲み方です。通常のハイボールに、ちょっとしたひと手間を加えることで、メーカーズマークの魅力が引き立ちます。例えばオレンジピールを絞り入れたり、コーヒービーンズを加えたり、ライムやローズマリーで香り付けするなど、様々なアレンジを楽しめます。

メーカーズマーク46はバーボンの定番

世界中のバーボン愛好家に愛されているメーカーズマーク46。他にはない個性がありながらも、とても飲みやすく初心者にもぴったりな銘柄です。全国の身近なコンビニでも購入出来るので、ぜひ一度味わってみて下さい。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME