カップ一杯分のコーヒー豆の量はどれくらい?カップの種類毎の目安を紹介

2020.02.11

美味しいコーヒーを楽しむコツは、コーヒーカップに入れるコーヒー豆(粉)の量にこだわることです。同じ豆でも分量のバランスによって仕上がる味は異なります。そこで今回は、コーヒーカップやマグカップに入れるコーヒーの分量を決めるコツをご紹介します。

コーヒー豆のスプーン一杯の量の目安

コーヒーを淹れる場合にポイントになるのは、コーヒーカップ一杯分のお湯の量と、スプーン一杯分のコーヒー豆(粉)の量です。それぞれの量を測るコツをご紹介します。

コーヒーカップ一杯分のお湯の目安

まずお湯の量については、コーヒーカップ一杯分で120ccが目安になります。もっとも、コーヒーカップは何ccかが厳密に決まっているわけではないので、カップ一杯分が何ccかはカップによって異なります。

また、お湯の量も飲む方によって濃さの好みは異なってきますので、120ccも絶対の量ではなくあくまで目安です。好みによって適量は110cc〜140cc程度の違いがあります。

まず手持ちのコーヒーカップで120ccの量を試してみて、好みによって10cc単位で増減してみると、お気に入りの量を見つけやすくなります。

スプーン一杯分のコーヒー豆の目安

コーヒーカップと同様に、コーヒー豆(粉)を入れるスプーン一杯分の量もスプーンによって異なります。

コーヒー用のスプーンのメーカーはメジャーなもので「メリタ」「カリタ」「ハリオ」がありますが、それぞれのメーカーによって推奨するスプーン一杯分の量は異なります。

スプーン一杯分の量が少ない順で、メリタが8g、カリタが10g、ハリオが12gです。例えば、カリタ製のコーヒー用スプーンであればすりきり一杯で10gになります。

お湯の量と同様に、一杯分のコーヒー豆の適量も好みによって異なります。基本的に量が多いほど味は濃くなります。一つの目安としては、お湯の量120ccに対してコーヒー豆の量が10gです。

おすすめの方法としては、8g〜12gの量を110cc〜140ccのお湯の量と組み合わせてみて、お気に入りの配分を見つけると良いでしょう。

  •   商品名:カリタ Kalita コーヒーメジャー
  •   参考価格:352円(税込)
  •   Amazon 商品ページはこちら

マグカップのコーヒー豆の量の目安

コーヒーカップの分量がわかったところで、次はマグカップで淹れる場合のコーヒー豆の量の目安をご紹介します。

マグカップは濃い目に仕上がる

マグカップの量はメーカによって異なりますが、コーヒーカップと比較すると約2杯分の量が入るのが一般的です。そのため、単純計算ではマグカップに入れるコーヒー豆(粉)の量はコーヒーカップの約2倍ということになります。

例えば、コーヒーカップに入れるコーヒー豆の量が10gの場合、マグカップに入れる場合はその倍の20gになります。すりきり一杯で10gのスプーンであれば2杯分です。

もっとも、単純にコーヒーカップの2倍の量をマグカップに入れた場合、コーヒーカップで淹れた場合と比べるとやや味が濃い目になる場合が少なくありません。

その理由は、同じドリッパーにコーヒーの粉をセットすると、1杯分よりも2杯分の方が高く盛ることになるからです。コーヒーの粉の層が厚くなると、お湯と粉が接触する時間が長くなり、濃いめのコーヒーに仕上がるというわけです。

そのため、マグカップで淹れる場合はいつものコーヒーカップよりも2g程度少なくすると、適度な濃さで楽しみやすくなります。

お気に入りの量で淹れるハリオのドリッパー

自分の好みのコーヒー豆の量が把握できたら、より美味しいコーヒーにするためにハリオのドリッパーがおすすめです。

ハリオのドリッパーとは

ドリッパーとは、コーヒーを淹れるためのカップ型の器具です。底に小さな穴が空いているのが特徴で、ドリッパーの内側にフィルターをセットして粉を入れて、お湯を注ぐだけでコーヒーが抽出できます。

ハリオは東京の日本橋に本社をおく日本のガラスメーカーで、コーヒーサーバーや急須などの様々なガラス製品を市場に投入しています。

2005年に同社から発売されたドリッパーのV60は、バリスタの世界チャンプが愛用したことから世界的なヒット商品になりました。

ハリオのドリッパーの魅力

ハリオのドリッパーのV60は、手軽なコストで使用できてドリップとしての機能が高いのが魅力です。一般的なドリッパーは扇形が多いですが、V60は円錐型になっています。

円錐の形状によって注いだお湯が中心部に流れやすくなり、フィルターの下部に詰まったコーヒーの層を効果的に通過するため、コーヒー豆の旨味をより多く抽出できるのが特徴です。

  •   商品名:HARIO V60 01 コーヒードリッパー クリア 1~2杯用 VD-01T
  •   参考価格:300円(税込)
  •   Amazon 商品ページはこちら

コーヒー豆の量にこだわって楽しもう

コーヒー豆の量が変わると同じコーヒーでも味が濃くなったり薄くなったりして変化が楽しめます。コーヒーカップ一杯分の量の目安としては、8g〜12g程度で自分の好みの分量を見つけるのがおすすめです。コーヒーとお湯の量のバランスにこだわって、より深くコーヒーを楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME