紅茶の作り方って知っている?自宅で作る方法とティーパックの作り方

2020.02.06

何気なく飲んでいる紅茶ですが、どうやって作っているのかをご存知でしょうか?実は自宅で手作りができ、材料や手間もあまり必要ありません。この記事では、紅茶の作り方について説明してします。オリジナルティーパックの作り方もあるので要チェックです。

紅茶の茶葉ができるまで

一般的な紅茶はどのように製造しているのでしょうか?基本的な製造方法と作り方について解説します。

紅茶は茶葉を発酵させてつくる

紅茶のもととなる植物は、緑茶や烏龍茶と同じ「チャノキ」と呼ばれるものです。チャノキから取れた葉は、発酵の処理をすることによって紅茶・烏龍茶などに加工されます。

茶葉を全く発酵させないで製造されるのが『緑茶』であり、逆に茶葉を完全に発酵させたものが『紅茶』となります。この中間で、少しだけ発酵させた(半発酵)茶葉が、烏龍茶になるというわけです。

最初は緑色をしている茶葉ですが、発酵の過程で「酸化酵素」によって濃い茶色に変化していきます。それを乾燥させることで、おなじみの紅茶になります。

紅茶ができるまでの工程

紅茶の製造方法はいくつかありますが、一番多いのが以下のような製法です。基本的な5つの工程をチェックしていきましょう。

  1. 若い茶葉を慎重に手摘みします。
  2. 葉をしおれさせて柔らかくします。
  3. 茶を揉み潰して組織を破壊します。
  4. 茶色になるまで発酵させます。
  5. 丁寧に乾燥させたら完成です。

その後は大きな茎を取り除き、ふるいで分けてグレードに分類します。また、最近では揉む工程で茶葉を細かく粉砕することで紅茶の抽出を速やかにするブロークンタイプの紅茶も人気です。

自宅でもできる紅茶の作り方

紅茶を手作りすると聞くと、難しそうに感じるかもしれません。しかし、作り方を知っておけば、自宅でも紅茶の手作りができます。

紅茶を作る時に必要なもの

まずは必要な材料と道具を用意しておきましょう。

  • 生の茶葉
  • ザル
  • ボウル
  • 電子レンジ
  • ビニール袋

生の茶葉は一年中あるわけではなく、3~5月くらいに出回ります。インターネット通販などで市販されていることも多いので、時期を見計らって購入しておきましょう。

電子レンジはオーブンやドライヤーでも代用できます。気温や室温が低い所で作る場合は、水切りザルとお湯を用意しましょう。

簡単な紅茶の作り方

自宅で手作りした紅茶は、市販のものとまた違った味わいになります。それでは、具体的な作り方を視ていきましょう。

  1. 生の茶葉を水で洗ってザルに広げます。
  2. 風通しの良い日陰で1日ほど干します。
  3. ビニール袋に入れて茶色になるまで1時間ほど揉みます。
  4. ボールに入れて濡れ布巾を被せ、15分ごとにひっくり返します。
  5. 1時間ほど放置したらキッチンペーパーをひいたお皿に広げます。
  6. 600Wの電子レンジで3分間加熱したら取り出して茶葉を揉みます。
  7. 2分加熱して揉み込み、同じ工程を3回繰り返せば完成です。

温度や湿度が足りない時は、茶葉を温めてください。水切りザルに濡れたタオルをかけて茶葉を入れ、お湯を入れたバケツの上にはめましょう。

オーブンを使うなら、200℃に予熱して10分くらい加熱します。その後は乾燥具合を確認しながらほぐし、水分がなくなるまで加熱を繰り返してください。

オリジナルティーバッグの作り方

お湯に入れるだけで紅茶が楽しめる便利なティーバッグですが、こちらも自作することが可能です。好きな茶葉を入れたティーバッグの作り方を紹介します。

ティーバッグの作り方

市販で売っている空のティーバッグを使いましょう。1人分(2~3g)の茶葉を入れて、ヒートシーラーで封をします。

お好みの茶葉をいくつかブレンドしても良いでしょう。ヒートシーラーがない場合、平型のティーバッグを使って、糸で口をキツく縛ってください。

おすすめの空袋ティーバッグ

ティーバッグ作りにおすすめな、タイプが違う2つの商品を紹介します。

空袋平型ティーバッグ

オーソドックスな平型のティーバッグです。透明なので中身が見えやすく、オリジナルのティーパックが簡単に作れます。

  • 商品名:空袋平型ティーバッグ糸無し
  • 参考価格:300円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

空袋三角ティーバッグ

ピラミット型タイプのティーバッグです。お湯を注ぐと茶葉が広がるので、効率よく抽出できます。

  • 商品名:空袋三角ティーバッグ10バッグ
  • 参考価格:300円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

手作り紅茶は格別の美味しさ

紅茶やティーパックの作り方を紹介しました。手作りした紅茶は市販の紅茶とまた違った美味しさがあります。

自分の手でもんだ紅茶の味は格別です。いつもと一味違うティータイムになるので、ぜひ作ってみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME