日本一の酒どころ?『福島県』で金賞を受賞した4本のおすすめ銘柄

2020.02.04

福島の日本酒は全国的にもレベルが高く、名だたる銘柄が揃います。「全国新酒鑑評会」で受賞した銘柄も多いため、お酒好きならはずせません。福島の日本酒の中から、おすすめを紹介します。福島県の日本酒がもつ魅力と味わいを、堪能しましょう。

福島の日本酒は日本一?

福島の日本酒は日本一とも言われています。その理由や魅力について、1から解説していきましょう。

7年連続で金賞銘柄数が最多

「全国新酒鑑評会」は毎年行われており、新酒の出来栄えを鑑評しています。2018年度は857点が出品され、福島の日本酒22点は金賞を受賞。これは全国でも最多です。

金賞銘柄数最多は今までで9回目であり、7回の連続記録を達成しています。福島県はハイレベルな日本酒の宝庫なのです。

福島の日本酒の魅力とは

福島の蔵元では技術の向上や情報の交換など、日本酒の品質を上げる努力を常に行っています。400年の歴史と職人たちの努力によって、美味しい日本酒を造り続けてきました。

また、福島は会津・中通り・浜通りというエリアに分かれており、それぞれ違った気候や風土があります。造っている日本酒にも土地の個性が現れるため、同じ福島でもまったく違った味わいが楽しめるのです。

福島の代表的な日本酒「写楽」とは

数ある日本酒の中でも、福島を代表する銘柄が写楽(寫樂)です。全国新酒鑑評会では2013年から3年連続して「都道府県別金賞一位」を獲得しています。

美味しい会津の日本酒

写楽は会津若松市にある「宮泉銘醸株式会社」で造っています。盆地にある会津の気候や風土は酒造りに向いており、酒処としても有名です。

日本酒に適した福島県産や県外産の米を使用。名水の地である会津の豊かな水と確かな技術によって、美味しい地酒に仕上がります。

ラインナップを紹介

写楽にはさまざまなラインナップがあります。手に入りやすい2つの通年酒とその特徴について、紹介しましょう。

写楽純米酒

フルーティーな味わいと優しい甘さが魅力の日本酒です。フレッシュで口当たりが良く、しっかりとした旨味が感じられます。どんな料理とも良く合う、万能の食中酒です。

  • 商品名:写楽純米酒1800ml
  • 参考価格:3,740円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

写楽純米吟醸

お米の味をより強く感じる純米吟醸です。食事と一緒に冷酒で味わいましょう。口に含むと果実の香りが広がり、上品かつ繊細な味を堪能できます。

  • 商品名:写楽純米吟醸1800ml
  • 参考価格:4,290円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

金賞銘柄からおすすめを紹介

全国新酒鑑評会で金賞を受賞したことがある銘柄から、おすすめを3つピックアップしました。福島の日本酒がもつ魅力を、ぜひ味わってみてください。

金水晶

地元福島にこだわった日本酒で、県内産の米のみを使っています。透明感を感じるキレと、爽やかな味わい。口当たりが良く飲みやすいので、女性や初心者にもおすすめです。

  • 商品名:金水晶純米酒1.8L
  • 参考価格:2,756円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

純米大吟醸きたのはな

福島県で開発した「うつくしま酵母」で醸しています。藤の花やりんごを感じさせる柔らかな香りが特徴。甘みと酸味のバランスが良く、華やかでしっとりした味わいです。

  • 商品名:純米大吟醸きたのはな720ml
  • 参考価格:3,850円 (税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

あぶくま

阿武隈山系の美味しい井戸水を仕込み水に。一口飲めばゆったりした甘みが上品に広がります。淡麗で控えめながらも、しっかりとした旨味が感じられる日本酒です。

  • 商品名:あぶくま純米酒720ml
  • 参考価格:1,320円 (税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

福島の名酒を味わおう

福島の日本酒は奥が深く、エリアや銘柄の違いでさまざまな味わいが楽しめます。高品質で美味しい銘柄が多いため、日本酒好きならぜひチェックしたいところです。

飲み比べをしてみたり、プレゼントとして選んでみたり、福島の日本酒がもつ魅力をぜひ堪能してください。いろいろと試して、お気に入りの銘柄を追求してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME