ラムベースのリゾートカクテル『アカプルコ』。爽やかな味わいを楽しもう

2020.02.03

リゾート気分を味わえるカクテル「アカプルコ」。材料の違う同名のカクテルがいくつか存在しますが、一般的にはラムベースのレシピが定番です。この記事ではアカプルコの特徴や味わい、自宅で作れるレシピ、おすすめの材料についてご紹介します。

夏に飲みたくなるカクテル『アカプルコ』

アカプルコというネーミングは、メキシコ南部にあるリゾート地の名称が由来しています。名前の通り初夏~夏のリゾート気分を味わえる、爽やかな風味のカクテルです。その香りや味わいから、別名サマーカクテルとも呼ばれます。

カクテル言葉は「清明」で、清新がみなぎる時期という意味があります。清明はちょうど4月5日ごろ、春の中に夏の気配を感じる頃です。レシピのホワイトキュラソー(コアントロー)を抜くと、ラムベースの代表的なカクテル「ダイキリ」になります。

度数は25度~30度と高め

40度前後あるラムにコアントローが加わり、度数はやや高めの25度~30度になります。甘くて飲みやすいため、実際の度数よりもアルコールを感じにくいかもしれません。材料が似ているダイキリよりも度数は高くなります。

味わいや美味しい飲み方

テイストは中口で、爽やかな甘みと酸味が夏らしい味わいです。ラム独特の風味、コアントローが持つ甘みと柑橘系の香り、レモンジュースの爽やかな酸味のバランスを楽しめます。ショートドリンクのため、短い時間でいただきましょう。TPOは特に指定されておらず、好きなタイミングでいただきます。

『アカプルコ』の作り方(レシピ)

自宅で作れるアカプルコのレシピをご紹介します。

使用する材料(ショートグラス使用/1杯分)

  • ホワイトラム 40ml
  • ホワイトキュラソー 5ml
  • レモンジュース 15ml
  • シロップ 1tsp

シロップは同量の砂糖を使用する場合もあります。レモンジュースは果実を絞ったものが好ましいとされていますが、無い場合は市販の100%ジュースを使います。シロップは同量の砂糖やパウダーシュガーでも代用できます。

作り方(手順)

  1. 材料と氷をシェイカーに入れる。
  2. シェイクして大型のカクテルグラスに注ぐ。

仕上げにミントを飾るとよりおしゃれな見た目になります。また、カクテルグラスはワイングラスで代用されることもあります。

簡単アレンジレシピ

コアントロー抜きでダイキリ、シロップ抜きでXYZなど、材料を減らすだけで別のカクテルに変化します。また、コアントローは別の銘柄のオレンジキュラソーに変更しても美味しく仕上がります。

『アカプルコ』作りにおすすめの材料・銘柄

自宅でアカプルコを作る際におすすめの材料をご紹介します。ラムやレモンジュースは別の銘柄を使用しても風味が変わって美味しくいただけます。

コアントロー ホワイトキュラソー

世界で最も有名なフランス産のホワイトキュラソー。オレンジの芳醇な香りが特徴で、カクテルの材料として頻繁に使用されます。ビターオレンジとスイートオレンジを2種類使用しており、苦みと甘みのバランスが最高な銘柄です。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥2,160(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

サントリー ロンリコ ホワイト ラム

ドライな味わいが特徴のアメリカ産ホワイト・ラム。商品名のロンリコとはスペイン語で「リッチな味わいのラム」という意味があります。癖が少なくすっきりとしているためどんなカクテルにも使いやすい銘柄です。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥1,391(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ポッカサッポロ ポッカレモン100

ちょうど良い容量の使いやすい100%レモン果汁。程よい酸味とフレッシュな香りがカクテル作りにぴったりの商品です。疲労回復効果のあるクエン酸やビタミンCなど、健康に良い成分を簡単に摂取出来ます。

  • 容量:450ml
  • 参考価格:¥870(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

リゾート気分を味わえる『アカプルコ』

アカプルコは、夏に飲みたい爽やかな風味が特徴のカクテルです。透明感のある白色の見た目が美しく、おもてなしにも喜ばれます。作り方はとても簡単なので、初夏から夏にかけての暑い日にぜひ味わってみて下さい。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME