青く輝く日本酒カクテル『ファンタスティックレマン』とは?

2020.02.01

日本酒にカクテルがあるのをご存知ですか?日本酒はそのまま飲むものだと考えている人も多いかもしれませんが、実は透明感のある日本酒はカクテルのベースにぴったりなのです。この記事では見た目の美しい日本酒カクテル、ファンタスティックレマンの魅力に迫ります。

ファンタスティックレマンはどんなカクテル?

ファンタスティックレマンは、日本で活躍している有名なバーテンダー、上田和男氏の創作カクテル。スイスで行われる世界カクテルフェスティバルで銀賞を受賞した、世界が認めたカクテルです。日本酒をベースに、ブルーキュラソーがグラスの底に沈み、美しいグラデーションが見た目にも楽しめるカクテルで、スイスのレマン湖をイメージして作られました。

ファンタスティックレマンの味は、少し甘いですが後味がすっきりしているので、食事のときも相性がよく、和食も洋食も選ばず楽しむことができます。すっきり感をプラスしたい人はカットレモンをそえるのもおすすめです。

ファンタスティックレマンを作ってみよう

こんなきれいなカクテル、お店でしか飲めないのでは?と思った人もいるかもしれませんが、材料さえあれば自宅でも作れないことはありません。その材料と作り方を見ていきましょう。

ファンタスティックレマンの材料

まずはファンタスティックレマンの材料を確認していきましょう。

  • 日本酒 50ml
  • ホワイトキュラソー 30 ml
  • キルシュ 10 ml
  • レモンジュース 10 ml
  • トニックウォーター 適量
  • ブルーキュラソー 5 ml

ホワイトキュラソーはブランデーにオレンジの皮と糖分を入れて作られるリキュールで、チョコレートなどのスイーツを作るときにもよく使われます。キルシュはサクランボを使った蒸留酒。全体的に甘みの強い爽やかな口当たりの材料が用いられているのが特徴で、日本酒がちょっと苦手という人でも、ファンタスティックレマンであれば飲みにくさを感じないでしょう。

ファンタスティックレマンの作り方

  1. まず日本酒とホワイトキュラソー、キルシュ、レモンジュース、そして氷を入れてシェイクします。
  2. 氷を入れたグラスに注ぎ、トニックウォーターを入れます。
  3. 最後にブルーキュラソーを静かに底に沈めます。仕上げにマドラーをさせば完成です。カットレモンをそえてもOKです。

色がきれいな日本酒カクテルは他にも

透明な日本酒は、割り材の色を邪魔せず、見た目にも美しいカクテルが多いことで有名。ファンタスティックレマンの他にも色を楽しめる日本酒カクテルを見ていきましょう。

日本らしい組み合わせ。緑茶割り

日本酒と緑茶という、まさに和の要素を合わせた「日本酒の緑茶割」は、意外なほどベストマッチの人気のあるカクテル。日本酒をただ緑茶で割るだけではなく、シトロンジェネヴァというレモンのリキュールとガムシロップを入れてみるアレンジも人気です。グラスに入れて混ぜるだけで透きとおったきれいなグリーンのカクテルが完成します。

日本酒でモヒートが作れる?

通常はラム酒をベースに作られるモヒートですが、日本酒にアセロラジュースと甘くないライムソーダを混ぜれば『日本酒モヒート』が完成します。こちらも混ぜるだけの簡単カクテルです。仕上げにミントをたっぷりと入れるのがポイントです。

美しい色の日本酒カクテルを楽しもう

日本酒を使った美しいカクテル「ファンタスティックレマン」をご紹介しました。ファンタスティックレマンはシェイカーと材料さえあれば家でも作れるので、見た目のかっこいい日本酒カクテルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME