大人のための麻雀入門。ルールを覚えるおすすめの本やアプリを紹介

2018.12.06

麻雀には、専門用語やルールなど覚えることがたくさんあります。始めたばかりの大人の男性は、どれから覚えればよいのかわからない人も多くいるのではないでしょうか。麻雀の基本ルールや注意点を学ぶためにおすすめの入門書やアプリなどを紹介します。

麻雀入門者が覚えたい3つのこと

麻雀に興味を持ち始めた入門者が、一気にすべてのことを覚えようとすると、とても大変です。

まず、基本ルール・牌・上がり方や役の3つのポイントを押さえておくことから始めましょう。麻雀を始めたばかりの入門者が覚えておきたい3つのことを紹介します。

基本ルール

麻雀は、いろいろな遊び方があり、ルールもさまざまです。しかし、入門者は公式でも採用されている基本ルールから覚えましょう。

麻雀の基本ルールは、下記の3点です。

  • 4人プレイ
  • 牌を14枚集めて役を作る
  • 上がりの点数を競う

麻雀は3人で行う『三麻』と呼ばれる形式もありますが、4人でプレイするのが一般的です。

そして4人でプレイする時には、手牌が13枚、そして14枚目の牌で役が完成すれば上がりです。

麻雀は、4人のうち1人が上がった時点で、1ゲームが終了し、上がった人だけが点数をもらえます。ゲームを繰り返しながら、最終的に点数が最も高い人が勝者です。

牌とは?

牌とは、麻雀の四角い形をした『コマ』のことです。大きく分けると『字牌』と『数牌』の2種類あります。

字牌は『白發中』の3種類と風牌の『東・南・西・北』の4種類の全7種類です。白は空白の何も書かれていない牌で、發・中は、白い牌の真ん中にそれぞれ、發と中と書かれています。

数牌は、『萬子・筒子・索子』の3種類です。萬子・筒子・索子のそれぞれには数字の1~9までが書かれています。

字牌全7種類と、数牌の3種類×9種類=27種類には、それぞれ全く同じ牌が4つずつあるので、全34種類×4つずつ=全136枚です。

上がり方、役とは?

麻雀で勝つためには、他の人よりも早く役を作って上がらなくてはなりません。役を作って上がるためには、まず上がりの形を理解しましょう。

麻雀の基本の形は、『4面子1雀頭』です。雀頭は全く同じ絵柄の牌を2つ、4面子は3組又は4組の刻子または順子のことを指します。他にも『七対子』と呼ばれる同じ2柄の牌を7組作る形もあります。

麻雀で上がるためには、この基本の形のなかに役を作らなければなりません。一般的なルールでは、役は37種類あります。入門者は、入門書やアプリを上手に利用して、役を覚えていきましょう。

おすすめの麻雀入門書は?

麻雀を始めたばかりで、何もわからない人は、わかりやすく解説されている麻雀入門書を活用すると良いでしょう。しかし、入門書にもたくさんの種類があるので、どれを選べばよいのか悩みどころです。

ここでは、わかりやすく解説されている入門者におすすめ3選を紹介します。

東大式 麻雀入門ドリル

『東大式 麻雀入門ドリル』は、初心者でも簡単に2週間で麻雀をマスターできる脳トレ式入門書です。

麻雀教室に通う時間がない人でも、この入門書ではわかりやすい『レッスン』と、項目ごとに問題を解きながら覚えていく『ドリル』で、確実にルールと役を覚えられます。

1週間目は、麻雀の基本である牌の組み立て方から学び、次の2週間目には、初心者でも比較的簡単に作れる役から順番に、特徴と解説が載っています。

  • 商品名:東大式 麻雀入門ドリル
  • 価格:1,026円(税込み)
  • amazon:商品ページ

麻雀を初めてやる人の本

『麻雀を初めてやる人の本』は、麻雀で使う道具の説明から入門者でも勝てる戦術まで学べる本です。丁寧に解説されているので、初心者にもわかりやすいでしょう。

特に、麻雀のたくさんの種類の役の解説では、1飜役から役満役、そして役の変化まで目で見るだけでもわかる図解付きです。

  • 商品名:麻雀を初めてやる人の本―入門書の決定版!
  • 価格:1,080円(税込み)
  • amazon:商品ページ

これだけで勝てる 麻雀の基本形80

麻雀は、誰にどのように教えてもらうかによっても上達度が異なります。

『これだけで勝てる 麻雀の基本形80』は、あらゆるケースでどの牌を切ればよいのかがすぐにわかる『4面子1雀頭=5ブロック理論』に基づき、今まで誰も教えてくれなかった『形を覚えるだけで強く慣れる方法』を解説している入門書です。

  • 商品名:これだけで勝てる! 麻雀の基本形80
  • 価格:620円(税込み)
  • amazon:商品ページ

漫画形式で頭に入りやすい入門書

小さな字がいっぱい並んだ入門書は、ちょっと難しくて頭に入りにくいと感じる人や、抵抗がある人は漫画形式の入門書を選ぶとよいでしょう。

漫画の方が豊富に絵があるので読みやすく、頭にも入りやすいこともあります。

ここでは漫画形式の入門書おすすめ3選を紹介します。

マンガでわかる 東大式麻雀入門

『マンガでわかる 東大式麻雀入門』は、ストーリー仕立ての漫画を読んでいくだけで、自然と麻雀の基本ルールが頭に入る入門書です。

この入門書では、麻雀に欠かせない『上がり役』はどんなときに、どのように作ればよいのか解説しています。また、上がり役と役の組み合わせ例も豊富に挙げられているので、いろいろな上がり役の使い方を学べます。

  • 商品名:マンガでわかる! 東大式麻雀入門 (池田書店の東大式麻雀シリーズ)
  • 価格:1,026円(税込み)
  • amazon:商品ページ

新版オールカラー いちばんわかりやすい麻雀入門

『新版オールカラー いちばんわかりやすい麻雀入門』は、麻雀をまだ1度もやったことが無いような超初心者でも、この本を読めばすぐにできるようになります。

オールカラーなので見やすいのはもちろん、わかりやすい丁寧な解説付きなので、麻雀の基本のルールや打ち方を知って、初心者でも楽しく勝てるコツが身に付きます。

  • 商品名:新版オールカラー いちばんわかりやすい麻雀入門
  • 価格:1,080円(税込み)
  • amazon:商品ページ

マンガで覚える図解麻雀の基本

『マンガで覚える図解麻雀の基本』は、麻雀で必要な瞬間的な判断力・情報処理能力・意思決定力・洞察力、そして心理戦における空気を読むor読ませる能力といった5つの要素が身に付けられる入門書です。

初心者が最も必要とする基本のルールを章ごとに分けて漫画とイラストで解説しています。巻末には、点数早見表も付いているので、ある程度役とルールを覚えたら、点数も一緒に覚えられます。

  • 商品名:マンガで覚える図解麻雀の基本 (マンガで覚える図解基本シリーズ)
  • 価格:1,404円(税込み)
  • amazon:商品ページ

ルールを学べる無料の麻雀ゲームアプリ

麻雀のルールを学ぶ方法は、入門書だけではありません。実際にプレイをしながらルールを学んでいくことも1つの方法です。

最近では、無料で遊べる麻雀ゲームアプリもたくさん出ています。無料ゲームアプリならば、自分の好きなときに、簡単に遊びながらルールが覚えられます。

ここでは、ルールを学ぶのに最適なおすすめ無料麻雀ゲームアプリ2選を紹介します。

麻雀入門

『麻雀入門』は、超初心者向け麻雀入門ツールアプリです。アニメとテキストで麻雀の基本ルールが解説されており、読んでいくだけで自然と基本ルールがわかるようになります。

読んでいる途中でわからない単語や用語が出てきても、単語説明機能が搭載されているので、すぐに調べられます。

麻雀入門 読んで覚える超初心者向け麻雀遊び方説明アプリ – iPhone

麻雀入門 読んで覚える超初心者向け麻雀遊び方説明アプリ – Android

NET麻雀 MJモバイル

NET麻雀 MJモバイルは、初心者から上級者まで幅広いプレイヤーが楽しめる無料麻雀ゲームアプリです。

このアプリに搭載されている『トレーニングモード』では、初心者が麻雀の基本ルールをクイズ形式で学べます。まったくの初心者でも、基本を学べるので安心です。

基本を理解したら、CPU対戦で覚えた基本を実践してみましょう。

NET麻雀 MJモバイル – iPhone

NET麻雀 MJモバイル – Android

YouTube動画でも学べる麻雀の基本

麻雀の基本は、YouTubeの動画でも学べます。

ここでは、麻雀の基本が学べるおすすめのYouTube動画を紹介します。

女流プロ雀士の解説動画

女流プロ雀士が初心者にもわかりやすく解説している動画があります。この動画では、麻雀初心者にとって必要不可欠な面子の組み立て方や刻子・順子の意味、また役の作り方などのルールをホワイトボードを使ってわかりやすい例を出しながら、図解とともに解説しています。

また、知らずに恥をかくことが無いように、押さえておきたいマナーのポイントも教えてくれます。

【麻雀】これから麻雀を始める前に知っておきたいルールとマナー

はぶらしチャンネルの3つの解説動画

はぶらしチャンネルは、幅広いジャンルのゲームの動画をアップしているYouTubeチャンネルです。

この、はぶらしチャンネルでは、初心者向け麻雀の基本を前編・中編・後編の3つに分けて詳しく解説しています。

前編では、基本用語や牌などのいろいろな名称、またポン・チー・カンなどの副露についてわかりやすく説明しています。また、中編ではリーチ・モンゼン・テンパイなどの上がり方や役の種類など、麻雀をするうえで必ず知っておかなければならない基本が学べます。

さらに後編は、これらの基本を押さえたうえで、どのように組み立てていけば初心者でも勝てるようになるのかなどを教えてくれます。

【麻雀】初心者向け!麻雀ルール説明動画!前編

【麻雀】初心者向け麻雀ルール解説動画~役を覚え~中編

【麻雀】初心者必見!ルール解説動画!後編

自分に合った方法で学ぶことが上達の秘訣

麻雀を学ぶ方法は、本やアプリ、または動画などいろいろな方法があります。いくつかの方法を試してみて、習得しやすい方法を見つけましょう。

自分に合った学び方をみつけて繰り返し練習することが、麻雀の上達への秘訣です。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME