飲みすぎ注意!女性の大敵『レディキラーカクテル』とはどんなお酒?

2020.01.28

レディキラーと呼ばれるお酒を知っていますか?実はレディキラーは、男性がたくさんすすめてきたら下心があるのではないかといわれているお酒なのです。この記事では、レディキラーとは何か、レディキラーと呼ばれているカクテルをご紹介していきます。

レディキラーの意味

レディキラーとはその名のとおり、少し物騒ですが「女性殺し」という意味です。つまり、見た目が鮮やかだったり、甘くて飲みやすかったりと女性に人気のカクテルなのに、その見た目や味からは想像できないほどアルコール度数が高いお酒、ということ。

「下心のある男性が、女性を酔わせて口説くときに注文する」という理由から、レディキラーと名づけられました。また、単純に「あまりにも飲みやすく、お酒に弱い女性でも気づかぬうちにたくさん飲んでしまい、酔いつぶれてしまう」という意味合いで使われることもあります。

これらのカクテルは、知らない間に酔いが回ってしまい危険な状態になってしまうこともありますので、きちんとアルコール度数を確認したうえでほどほどに嗜むようにしましょう。また、これらのカクテルをぐいぐいすすめてくる男性には注意が必要かもしれません。

レディキラーと呼ばれているカクテルたち

レディキラーは見た目や味ではアルコール度数がわかりにくいものが多いのが特徴です。レディキラーと呼ばれているカクテルを覚えておきましょう。

甘くておいしい『スクリュードライバー』

ウォッカとオレンジジュースを混ぜるだけのシンプルなロングカクテル『スクリュードライバー』は、レディキラーカクテルの代名詞的存在です。

スクリュードライバー(ねじ回し)という名前の由来は諸説ありますが、油田で働く労働者たちが、ウォッカにオレンジジュースを入れ、マドラー代わりに手元のねじ回しで混ぜていたからだといわれます。

クセの少ないウォッカの味わいにオレンジジュースの甘みと酸味が合わさって、あまりアルコール度数を感じずゴクゴク飲めてしまいますが、アルコール度数は約13%で、日本酒やワインと同じくらいです。どこのバーや居酒屋にもたいていおいてあるスタンダードカクテルで、最も身近なレディキラーカクテルと言えるでしょう。

チョコレートの誘惑『アレキサンダー』

ブランデーにクレームドカカオブラウン(カカオリキュールの一種)、生クリームをシェイクしたカクテル『アレキサンダー』は、まるでスイーツのようなふんわり濃厚な味わいのカクテルです。

チョコレートの甘さと生クリームのコクがまろやかで、お酒入りのチョコレートケーキのような味ですが、そのアルコール度数はなんと約21%。調子に乗って何杯も飲めば、弱い人ならすぐにダウンしてしまう高アルコールカクテルです。

ちなみに、おなじくカカオリキュールを使い、ジンとウォッカを混ぜ合わせたカクテル『ルシアン』もレディキラーと呼ばれています。アルコール度数は約29度と、飲みやすい味からは想像できません。カカオリキュールを使ったチョコレート風味のカクテルには、注意が必要かもしれませんね。

ロマンチックな名前に注意『キッスインザダーク』

ジンとベルモットにチェリーリキュールを加えた、『キッスインザダーク』は、その妖艶な名前も華やかな色味も目を引くレディキラーカクテル。

ジンとベルモットの苦みをチェリーリキュールが中和して、ほろ苦さの中にも大人の甘さが楽しめるロマンティックなカクテルですが、アルコール度数はなんと33%。おいしいですが、何杯も飲むカクテルではありません。ゆっくりと味わいながら飲むようにしましょう。

逆にアルコール度数の少ないカクテルは?

レディキラーであるカクテルを次々に注文されては困りますよね。飲みすぎには注意したい、元々アルコールが強くないという人は、アルコール度数が低いものを選びましょう。レディキラーカクテルに騙されないためのお酒の選び方を紹介します。

ベースのお酒が強いものは避ける

カクテルでまず意識したいのはベースのお酒。ジンやウォッカ、ウイスキーなど度数が高いものが使われているカクテルは気をつけましょう。また、ベースが強いお酒でなかったとしても、アルコールだけを混ぜて作られるようなカクテルも避けましょう。

アルコール度数が低いお酒は、リキュール系のお酒をジュースやお茶などのノンアルコールドリンクで割ったものです。たとえば、カクテルの定番のカシスオレンジ・カシスウーロン・カシスソーダといったお酒は、アルコール度数20%前後のカシスリキュールをベースにソフトドリンクで割ったものであり、これらのカクテルのアルコール度数は5%程度なので安心です。

また、ビールを使ったカクテルもおすすめです。ビールのアルコール度数は5%程度なので、割ってしまえばさらに低くなります。ビールのカクテルといえば、シャンディガフやレッドアイ、パナシェなどが有名。ジンジャエールやトマトジュースと割るだけなので、誰でも簡単に作れます。

飲みやすさに騙されるレディキラーにご注意を

レディキラーは、お酒に弱い人なら1杯でも酔ってしまうほど強力なカクテルです。気を許せるパートナーや友人と楽しむのはいいですが、飲みすぎには注意してくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME