プレミアム芋焼酎『森伊蔵』とは?特徴・美味しい飲み方・購入方法

2020.01.27

焼酎を嗜む人なら一度は聞いたことがある名酒「森伊蔵」。まろやかな味わいで飲みやすく、多くの著名人も愛飲しているという芋焼酎です。この記事では、森伊蔵の特徴や味わい、美味しい飲み方、通販や店舗での購入方法についてご紹介します。

焼酎『森伊蔵』とは?特徴や味わい

森伊蔵は、有限会社森伊蔵酒造が製造している、鹿児島が誇る芋焼酎のひとつ。「村尾」「魔王」と共に、名前の頭文字をとって「3M」と呼ばれている名酒です。

『森伊蔵』が名酒とされる理由

森伊蔵は、鹿児島県産のサツマイモを使用し、「かめつぼ仕込み」という非常に手間暇のかかる方法で生産されています。森伊蔵の知名度と人気が上がってからも、品質を守るために創業当初から続く伝統的な製法を守り続けています。一度にたくさん作ることが出来ないため市場で価格が上がり、現在では入手困難な「プレミア酒」として知られるようになりました。

『森伊蔵』の特徴(味わい・香り)

芋焼酎独特の角や癖が少なく、口当たりは非常にまろやか。芋のコクや滑らかな味わい、甘み、香りもしっかりと感じられます。「丸みを帯びた」味わいと表現されることもあります。

プレミア芋焼酎と聞くと、てっきり強烈な芋の風味や上級者向けの味わいを想像してしまいますが、あっさりとした風味で飲みやすく、芋焼酎が苦手な人にもおすすめです。

焼酎『森伊蔵』の美味しい飲み方

森伊蔵は癖が少ない味わいで、比較的どんな飲み方でも美味しくいただけます。飲み方にルールはありませんが、繊細な風味を楽しむためにもシンプルな飲み方がベストです。

ストレートでゆっくりと味わう

まずはストレートで味わいを楽しむのがおすすめ。冷蔵庫で冷やしてそのままいただくことで、存分に森伊蔵の魅力を楽しめます。冷やしすぎると香りを感じにくくなるので10度前後がおすすめです。

ロックで晩酌のお供に

芋焼酎は温度が低くなるほど、独特の香りや個性が緩和されます。ロックにすることで、風味はそのままに、アルコールと癖が薄まり飲みやすくなります。料理にも合わせやすく、長く楽しめるので晩酌にぴったりです。

水割りでさっぱりといただく

ストレートやロックで飲んでみてきついと感じたら、水割りを試してみましょう。料理にも合わせやすくよりさっぱりといただけます。度数が下がるため、お酒に弱い方でも楽しめる飲み方です。香りや味わいが薄まりすぎないように、焼酎3に対し水1程度で割りましょう。

お湯割りで香りを楽しむ

芋焼酎の飲み方として定番のお湯割りは、芋の甘みや芳醇な香りを楽しめます。熱湯で割るとアルコールのツンとした匂いが立ち、辛みが出てしまいますので、75度前後のお湯を使用し、出来上がりが45度程度になるように調節しましょう。

プレミア焼酎『森伊蔵』の入手方法

森伊蔵はプレミアがついており、中々定価で購入することが出来ないことで有名です。定価は一瓶(1800ml)で2,808円(税込)ですが、現在の流通価格は1.5~2万円ほどです。定価で入手する方法や、通販で購入する方法をご紹介します。

森伊蔵酒造の抽選で購入する

時間がかかっても定価で購入したいという場合は、抽選への登録という方法があります。森伊蔵酒造では毎月15日から25日の10日間、森伊蔵の電話予約を行っています。

申し込み数が多い場合は抽選となり、当選結果は翌月1日から14日の間に確認できます。非常に人気が高いため、当選確率は5%とも言われており、当選するまで気長に挑戦する必要があります。

JAL国際線の機内販売で購入する

プレミア価格の森伊蔵ですが、唯一定価ですぐに購入する方法があります。それがJAL国際線の機内販売です。JAL国際線では毎年3月1日から在庫がなくなるまでの間限定で森伊蔵(720ml・3,200円)を販売しています。ただし、機内販売はファーストクラス・ビジネスクラス限定で、一人1本までという条件があります。

通販サイトで購入する

抽選の当選を待たずすぐに購入したい方や、JALを利用する予定のない方は、通販で購入するという手もあります。プレゼント等ですぐに必要な時には便利ですが、プレミア化が進む希少銘柄だけあって定価の5倍以上で取引されることがほとんどです。

適正価格を超えた価格で購入することは、一部の人たちによる買い占めや価格のつり上げなどを助長することにもつながりかねず、お酒好きからしたら議論のあるところですが、どうしてもという場合には検討しても良いでしょう。

焼酎にこだわるなら『森伊蔵』がおすすめ

森伊蔵は、芋焼酎が好きな人はもちろん、苦手意識のある方にもおすすめの銘柄です。あっさりした味わいに加え口当たりはとてもまろやかで、一度飲んだらはまってしまう方も少なくありません。現在は入手困難な状況ですが、手に入れることが出来たら一度その味を楽しんでみて下さい。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME