東京発のクラフトビール!『アウグスビール』とはどんなビール?

2020.01.24

近年ビールファンの間で話題を呼んでいるのが、日本の東京発の本格クラフトビールメーカー「アウグスビール」です。独自のこだわりで上質なクラフトビールを生み出して人気を集める、アウグスビールの魅力や特徴をご紹介します。

アウグスビールとは?

アウグスビールは、大手ビール会社の重役を経験した創業者の「大量生産のものとはまた違った、材料や製法にこだわったビールを作る」という思いから2004年に生まれたビールメーカーです。

ビール酵母を生かし、コクや深みを追求したビール作りが特徴で、自社醸造施設である「アウグスビール清洲橋醸造場」を持ち、材料から製造・販売まで一貫して行いながらブランドを確立してきました。

「旨いビールを知らない人生は罪だと思います」をキャッチフレーズに掲げ、ビールの醸造には日本を代表する醸造学者が責任者として参加するなど、その品質は国内ビールの中でも最上級。ビール愛好家の間でも、大きな支持を集めてきました。

名前の「アウグス」は「August(本物の、本来の)」のラテン語読みから来ており、本格的なビールを生み出す、という精神を表しています。

アウグスビールのおすすめラインナップ

アウグスビールには、それぞれ特徴の違ういくつものラインナップがあります。その中でもとくに代表的なビールを見ていきましょう。

アウグス オリジナル

アウグスビールのブランドを象徴する最も王道なビールです。

麦芽や水などの原料をはじめ、製造から温度管理まで徹底的にこだわられたクオリティが特徴。無ろ過、熱処理なしで酵母が生きている生ビールに仕上がっていて、上質な味わいを贅沢に楽しめます。

アウグスビールを知る上で、まず飲むべきビールと言えるでしょう。

アウグス ピルスナー

名水として知られる富士山麓の自然水を仕込み水に使用し、原料を極限まで引き立てながら作られたビールです。

圧倒的に上質な酵母と水の力、そして長期の低温熟成によって、極上のコクと爽快なキレを味わうことができます。

ビールに爽やかな喉ごしを求める方にとっては、たまらない一品です。

アウグス IPA

3種類のモルトと4種類のホップを使った、奥行きのある味わいが魅力のビール。しっかりとした苦みと深い旨味が特徴で、それでいて爽やかな香りやすっきりとした後味も兼ね備えています。

重厚な味わいのビールとしておすすめです。

アウグス ホワイト

一般的な大麦麦芽だけでなく、小麦麦芽も原料に使ったビールです。

さらに、オレンジピールやコリアンダーなども加えられることで、ユニークな風味や味わいも生まれているのが特徴。

しっかりとしたコクがありながらも、すっきりとした透明感や独特の甘みも併せ持った個性的なビールに仕上がっています。

アウグスビールを飲むならここで

アウグスビールをベストなかたちで味わうには、アンテナショップに足を運ぶのが最もおすすめです。代表的なアウグスビールのアンテナショップをご紹介します。

PITMANS/清洲橋醸造場

アウグスビールの自社醸造場である清洲橋醸造場を擁する、レストラン型のバーベキュー施設。アメリカ東海岸流の「スロースモークBBQ」の技術を使った本格バーベキュー料理は、クラフトビールと相性抜群となっています。

この店でしか飲めないオリジナルビール「清澄アンバー」「中州ゴールデン」もあり、必見です。

アウグスビール ラボ・キッチン

木材のあたたかみと開放感を併せ持った店内デザイン、魚介類を中心とした豊富な料理メニューが魅力のレストランです。

ふらっと立ち寄って軽く一杯味わうもよし、ゆっくり食事とビールを楽しむのもよしの店になっています。

コースメニューやビール飲み放題のプランなどもあり、宴会やパーティーにも最適です。

上質なアウグスビールを味わってみよう

ビール愛好家もうならせる高品質のラインナップで、国産クラフトビールの新境地を見せて人気を集めてきたアウグスビール。ビール好きなら、一度は飲むべきブランドと言えるでしょう。

上質なアウグスビールを味わって、本物のビールの美味しさを体感してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME