究極のアイラモルト『アードベッグ』。個性派ウイスキーの味わいに迫る

2020.01.24

ウイスキー好きなら一度は聞いたことがあるアードベッグ。スコットランドのアイラ島で作られている究極のアイラモルトと呼ばれています。この記事では、アイラの恵みがたっぷりと感じられるアードベッグの種類や飲み方などをくわしくご紹介していきます。

アードベッグってどんなウイスキー?

アードベッグは、スコットランドのアイラ島で作られる、シングルモルトウイスキーの一銘柄です。名前の由来は蒸留所の場所といわれており、アードベッグにはゲール語で「小さな丘・岬」という意味があります。

その個性的な味わいから好き嫌いが分かれるといわれるアイラモルト(アイラ島で作られるシングルモルトウイスキー)ですが、その中でもアードベッグはひときわ強い個性をもつ銘柄として有名です。好きな人はとことん病みつきになるファンの多い銘柄で、アードベッグを愛してやまないファンを総称する「アードベギャン」という呼称があるほどです。

アイラモルト特有の強烈なピート香と潮の香りに加え、製造過程で「冷却ろ過」の工程を用いない(ノンチルフィルタード製法)ことで、あえて不純物を除去せずウイスキー本来の味わいを実現しています。また、仕込み水はアイラ島のピート層を通ったウーガダール湖の水を使用しており、これもまたアードベッグの強烈な味わいの理由です。

アードベッグは種類によって全然違う?

そんな個性派アイラモルトのアードベッグにはどのような種類があるのか、チェックしていきましょう。

アードベッグ10年

アードベッグといえばこれといっても過言ではないスタンダード銘柄が「アードベッグ10年」。アードベッグテンと呼ばれることもあります。アイラモルトの中でも最も強烈といわれるピーティな風味、ノンチルフィルタード製法によるオイリーな後味が存分に発揮されていますが、チョコレートやシナモン・柑橘などと表現される甘い香りもかすかに感じることができます。「これぞアードベッグ」といった個性的な香りと味が楽しめる定番銘柄で、初めてアードベッグを味わうときにまず手に取ってほしい一本です。

アードベッグ ウーガダール

先ほどご紹介した仕込み水のウーガダール湖から名づけられたアードベッグです。バーボン樽熟成の原酒とシェリー樽熟成の原酒をブレンドしており、複雑さの中にも甘みが感じられる奥深い味わい。

アードベッグらしい特徴的な味わいは残しつつも荒々しさが抑えられ飲みやすく、初心者向けともいえますが、アルコール度数は54.2度とかなり高めなので飲みすぎには注意してください。

アードベッグ コリーヴレッカン

コリーヴレッカンは、渦潮が発生することで有名なアイラ島とジュラ島の間にある海域の名前からつけられました。フレンチオーク新樽で熟成した原酒を使用したこちらの銘柄は、とにかくスパイシーな味わいが特徴的で、アルコール度数も57.1度と高めです。ガツンと来るペッパーのような刺激のあとに、ダークチョコレートのような苦みを含んだ甘い余韻が残ります。大人のアードベッグといえるでしょう。

アードベッグ アン・オー

アイラ島南西部にある岬の名前からつけられたアン・オーは、バーボン樽、PXシェリー樽、新樽の3種類の原酒を使用した、まろやかな味わいのアードベッグです。色は明るいゴールドで、強烈にウッディーでスモーキーな香りの中にもクリーミーさが感じられる柔らかな仕上がり。ややトロピカルな果実の香りも感じられ、アルコール度数も46.6度とアードベッグの中では低めなので、初めてのアードベッグにもおすすめです。

幻の限定品?アードベッグスーパーノヴァ

スーパーノヴァは超新星という意味です。アードベッグスーパーノヴァは2019年の1月にアードベッグコミッティーメンバーのみに3,000本限定で販売された幻のアードベッグです。ホームページのみでの販売で、なんと1時間52分で完売したのだそう。今まで発売されたアードベッグの中で最もピートが強いといわれ、熱く焼けるような味わい。アルコール度数はなんと58.9度と、いろいろな意味で「上級者向け」な一本となっています。

アードベッグのおいしい飲み方は?

アードベッグを飲むときには、なんといってもまずはストレートで楽しむことをおすすめします。アイラモルトの中でもトップクラスに強烈といわれる薬品のようなピート香と磯のような香り、「まるで煙を飲んでいるかのよう」と言われるスモーキーな風味をそのまま楽しみましょう。

あまりにクセが強く飲みにくいと感じてしまう場合は、ロックやトワイスアップで楽しむのもおすすめ。アードベッグの持つ強い個性が和らぎ、飲みやすくなります。

ウイスキー通ならアードベッグ

ウイスキーを語るうえで、アードベッグは外せません。初心者向けとはいえない特徴的なウイスキーですが、その味は「アイラモルトとは何たるか」を存分に教えてくれます。いつものウイスキーに少し変化をつけたい方や、アイラモルトの中でも特に個性が強いウイスキーを飲んでみたい方は、ぜひアードベッグを手に取ってみてください。新しい世界が広がること請け合いです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME