ベイリーズのカクテルレシピ3選。おすすめの作り方を紹介

2020.01.24

世界で最も支持されるリキュールのひとつ、ベイリーズ。ベイリーズを使ったさまざまなカクテルは、飲みやすくおしゃれなお酒として大きな人気を集めてきました。そんなベイリーズのカクテルの魅力や、おすすめの作り方をご紹介します。

ベイリーズとは?

ベイリーズの名前は知っていても、どんなお酒なのかは詳しく知らない、という方も多いのではないでしょうか。まずは、ベイリーズの特徴を見ていきましょう。

アイルランドで生まれたリキュール

ベイリーズは、1974年にアイルランドで生まれました。

種類としては、蒸留酒をベースに他の材料やお酒を加えて作る「リキュール」に分類されます。

ギルビーズ・オブ・アイルランド社で開発され、世界で最も販売数の多いリキュールとして現在まで圧倒的な支持を集めてきました。

ベイリーズの材料や度数

「ウイスキーにクリームを入れる」というアイルランドの伝統的な飲み方をもとに開発され、今ではクリーム系のリキュールの代表格として知られているベイリーズ。

その材料には強い蒸留酒の中性スピリッツと大量のクリームをベースに、アイリッシュ・ウイスキー、チョコレートやアイスクリームなどのフレーバーが使われています。

中性スピリッツやウイスキーがベースになっているため度数はおよそ17度と高めですが、カクテルにすることでまろやかさが際立ち、飲みやすいお酒に。そのため、女性やお酒の苦手な人からも人気を集めてきました。

ベイリーズカクテルのおすすめの作り方

主にカクテルのベースとして人気の高いベイリーズ。代表的なカクテルの作り方を見ていきましょう。

牛乳と合わせたベイリーズミルク

クリーミーなベイリーズの個性をより引き立たせてくれるのが、牛乳を加えて「ベイリーズミルク」にする飲み方です。

ロックグラスに氷を入れ、そこにベイリーズと牛乳をお好みのバランスで注ぐ……というシンプルな飲み方で、濃厚でミルキーな味わいを楽しむことができます。

ベイリーズを使ったカクテルの定番中の定番として、まずおすすめです。

ホットでも美味しいベイリーズコーヒー

こちらもベイリーズのカクテルの定番、ベイリーズとコーヒーを好きなバランスで混ぜる「ベイリーズコーヒー」。

コーヒーの苦みと風味、ベイリーズのまろやかな甘さがマッチして、ちょっぴりビターな大人の味わいを感じさせてくれます。

ベイリーズミルクと同じく氷を入れたロックグラスに注ぐ作り方はもちろん、温かいコーヒーと混ぜるホットの飲み方もおすすめです。

ユニークで見た目も楽しいB-52

ベイリーズを使ったユニークなリキュールとして人気なのが「B-52」です。

まずコーヒーリキュールのカルーア、次にベイリーズ、最後にオレンジリキュールのグランマニエの順で同じ分量ずつグラスに注ぎ、比重の違いを利用してきれいな層を作る、というカクテルで、インスタ映え間違いなしの色鮮やかな見た目を楽しめます。

ストレートで飲むのはもちろん、度数がきつめなので牛乳などを加えてシェイクする飲み方も人気です。

カクテル以外のベイリーズの飲み方

カクテルのベースとして使うのが一般的なベイリーズですが、それ以外の飲み方、使い方も人気です。ベイリーズの通な味わい方、楽しみ方をご紹介します。

オン・ザ・ロックこそ一番?

クリーミーで甘いお酒としてはもちろん、上質な蒸留酒やウイスキーを材料に使った本格リキュールとしてお酒マニアからも評価の高いベイリーズ。

その深い味わいをストレートに楽しむ飲み方としては、やはりオン・ザ・ロック(氷を入れたグラスに注ぐシンプルなスタイル)が人気です。

ラベルにも「オン・ザ・ロックで飲むのが好まれる」という記載があり、ある意味ではオン・ザ・ロックこそがベイリーズの一番の飲み方と言えるのかもしれません。

アイスにかけて味わう「ベイリーズアイス」

クリーム系リキュールとしてのベイリーズの特徴を活かした味わい方が、「アイスクリームにかけて食べる」というもの。

ベイリーズのまろやかさがアイスクリームと絶妙に絡み合い、大人のためのスイーツとして楽しませてくれます。

手軽に作れる独特のスイーツとしておすすめです。

ベイリーズのカクテルで上質なひと時を

クリーミーで飲みやすいベイリーズのカクテルは、甘く上質なひと時を過ごす飲み物としてぴったりです。

自分好みの飲み方を見つけて、深くまろやかな味わいをじっくりと楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME