強烈な苦みがクセになる!『アンゴスチュラビターズ』を使ったカクテルレシピ3選

2020.01.20

薬草や香草、スパイスなどで作られる強い苦味が特徴の「苦味酒」として知られるリキュール「ビターズ」。今回はそんなビターズの中でも様々なカクテルに使われている「アンゴスチュラビターズ」について、カクテルレシピや購入方法をまとめてご紹介していきます。

「アンゴスチュラビターズ」とは?

アンゴスチュラビターズとは1824年に強壮剤としてドイツ人医師によって考案された、ラムをベースにリンドウと呼ばれる花やハーブ、スパイスなどから作られるリキュールのひとつです。数滴でカクテルの味を劇的に変える強い苦味はバーには欠かせないお酒として有名です。

もう一つのビターズ「オレンジビターズ」

アンゴスチュラビターズのような「苦味酒」である薬草系のリキュールは「ビターズ」と呼ばれ、アンゴスチュラビターズの他にもう一つ「オレンジビターズ」というリキュールが存在します。

オレンジビターズはオレンジの皮を原料にしたリキュールで、アンゴスチュラビターズと違って強い苦味の他に柑橘系の風味も味わえるのが特徴です。こちらも同様にカクテルのアクセントとしてよく使われているリキュールとなっています。

アンゴスチュラビターズのカクテルレシピ

続いては、アンゴスチュラビターズを使ったカクテルの中から、定番のカクテルレシピ「ピンク・ジン」「マンハッタン」「オールド・ファッションド」の3種類をご紹介していきます。

ピンク・ジン

別名「ジン・アンド・ビターズ」とも呼ばれるピンク・ジンは19世紀にイギリスの海軍将校が食前酒として好んでいたことから広まったカクテルで、ドライジン60mlにアンゴスチュラビターズ3ml加えて作る爽やかながら辛口で引き締まった味が特徴。ちなみにオレンジビターズを使ったものは「イエロー・ジン」と呼ばれます。

マンハッタン

1876年に誕生したウイスキーベースのカクテル「マンハッタン」はウイスキー45ml、スイートベルモット15ml、アンゴスチュラビターズ1mlをステアしたスイートベルモットの甘味とアンゴスチュラビターズの苦味の絶妙なバランスが楽しめるカクテルです。

オールド・ファッションド

アメリカ・ケンタッキー州のバーテンダーが競馬ファンのために考案した「オールドファッションド」は、アメリカ産ウイスキー45mlとアンゴスチュラビターズ2mlを染み込ませた角砂糖で作るカクテルで、世界中から愛される古典的な定番カクテルとして有名です。

どこにも売ってない?日本で購入する方法

カクテルのアクセントとして重宝されるアンゴスチュラビターズですが、一度に使う量が少なく、個人で購入できる酒屋などには置いていないこともしばしば。一体どこで手に入れることができるのでしょうか?

Amazonなどの通販サイトが便利

アンゴスチュラビターズは酒屋のオンラインショップの他、Amazonや楽天などの通販サイトでも購入することができます。近くの酒屋になかったときは利用するのもいいですね。価格は仕入れ方にもよりますが200mlで2,000円から3,000円程度となっています。

いつもと一味違う独特の風味を楽しんで

いかがでしたか?香草系リキュールの中でも強い苦味が特徴のアンゴスチュラビターズ。独特の風味を持つリキュールはカクテルの味を大変身させてくれます。興味のある方はぜひバーで気になるカクテルを注文して、独特の風味を味わってみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME