ウイスキーの『ピーティー』とは?表現の意味を知って味の特徴をとらえよう!

2020.01.20

ウイスキーの表現で使われる「ピーティー」という言葉。お酒に興味がある方は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。このピーティーとはどのような意味で、ピーティーなウイスキーとはどのようなものなのか、ご紹介します。

ウイスキーの「ピーティー」の意味は?

「ピーティーなウイスキー」と聞いても、どのようなものなのかピンとこない方も多いのではないでしょうか。まずは、ピーティーの意味や特徴を知っておきましょう。

ウイスキーの香りを表す言葉のひとつ

ピーティーとは、ウイスキーの香りを表す言葉です。

香りはウイスキーの個性を決定づけるとても重要な要素となっていて、製造の過程でどのような香りがつくかは、ウイスキーを作る職人の腕やウイスキーの産地、製造の材料によって変わります。

そして、ウイスキーのブレンダーや愛好家たちは、様々な表現によってウイスキーの味わいを表現してきました。それはちょうど、ワインソムリエがワインの味を評して「スパイシー」「フルーティー」「草原のような」などといった表現をするのに似ています。

そうした表現のひとつである「ピーティー」とは、「燻製のような芳醇な香り」を意味する表現として知られており、ピーティーなウイスキーは愛好家の間で根強い人気を誇ってきました。

ウイスキーの香りの種類は?

ピーティー以外のウイスキーの香りには、どのような種類があるのでしょうか。

よくウイスキーの表現で「スモーキー(煙のような)」という言葉が使われますが、これはウイスキーの香りとしては大きな表現のカテゴリになります。ピーティーという表現も、大別すればスモーキーな香りの一つといえます。

スモーキーは他にも細かい種類に分けられていて、芳しく魅力的な香りがピーティーと呼ばれるほか、薬品のように強い香りが「メディシナル」、どちらかというと感じのよくない香りが「ハーシュ」などと表現されることもあります。

このように、ピーティーとはスモーキーの中でも特に「燻製のようで香ばしく、好ましい香り」を表す言葉を示しているといえます。

ピーティーの由来は燃料のピートから

なぜこうした香りの特徴をもつウイスキーをピーティーと表現するのか。その由来は、大麦から作られるモルトウイスキーの製造過程において、麦芽を乾燥させる際にピート(泥炭)を燃料に用いるところから来ています。

ピートを焚いて乾燥させることで、ウイスキーが独特の芳醇な香りをまとうようになり、それがピーティーと表現されてきました。このようにピートを焚いて乾燥させた麦芽は「ピーテッドモルト」と呼ばれています。

ピーテッドモルトに由来するウイスキーのピーティーな香りは、特にスコッチ・ウイスキーにおいてはなくてはならないものとされ、クセは強いもののそのユニークな味わいでコアな人気を集め続けています。

【関連記事】 ウイスキーの「ピート」とはいったい何?ピートの香りや特徴を詳しく解説

ピーティーなウイスキーのおすすめブランド

ピーティーの意味や由来を押さえたところで、実際にピーティーなウイスキーとして支持を集めるブランドを見ていきましょう。どれも一流ウイスキーブランドとして人気を博してきたものばかりです。

ラフロイグ

ウイスキーの中でも特にピーティーな香りで知られるのが、スコットランドのアイラ島で作られるスコッチウイスキー「アイラモルト」です。

アイラモルトの中でも代表的なブランドが、アイラモルトの王と呼ばれる「ラフロイグ」。大自然が広がるアイラ島の湿原から切り出されたピートが使われることで、ウイスキーが強烈にピーティーな香りをまといます。

イギリスのロイヤルワラント(王室御用達)にも認定されるなど、まさにアイラモルトの代表格といえるウイスキーです。

ボウモア

こちらもアイラモルトの代表的なブランドです。アイラ島で作られるウイスキーの中でも最も歴史のあるブランドとして知られていて、「アイラの女王」という異名も持つほど。

エリザベス女王が蒸溜所を訪れ、その際に樽に詰められたウイスキーが女王の戴冠50周年に献上されるなど、王室とも深いかかわりを持つ伝統的なブランドとなっています。

余市

日本で作られるピーティーなウイスキーの代表格が、北海道の「余市」です。

スコットランドの風土に近いとされている北海道の余市町で作られていて、この土地でとれるピートを使った香りづけはもちろん、石炭を使った直火での蒸溜、さまざまな種類の樽を使った熟成などこだわりの製造工程も特徴のひとつとなっています。

世界でも高い評価を誇るウイスキーとして知られていて、重厚な味わいと芳醇な香りで支持を集め続けています。

ピーティーな本格ウイスキーで大人の味わいを

強い香りと濃厚な味わいで人気を集めてきたピーティーなウイスキー。独特の個性を見せる大人の味わいを、ぜひ一度体感してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME