スーツのお手入れ方法とは?ブラシの毛の種類や便利家電も紹介

2020.01.19

スーツを仕事などで着用している方は、毎日着るものだからこそ日々、スーツは綺麗に整ったものを着たいものですよね。スーツの上手なお手入れ方法を知ることで、スーツを気持ちよく着ていただけます。

スーツの手入れの種類

仕事をしている方の中には、スーツを毎日着用しなければならない方も多くいます。1日中スーツを着ていると、スーツに汗をかいたりスーツが汚れてしまったりしてしまい、そのまま放っておくと、色あせや汚れ臭いの原因になります。こまめにスーツのお手入れをすることでスーツの状態も長持ちします。

ブラッシング

その日に着用していたスーツを、そのままハンガーにかけてクローゼットにしまうのではなく、ハンガーにかけたスーツをブラッシングすることで、スーツに入り込んだ埃や垢など季節によっては花粉など落としてくれます。また、スーツの生地の種類によっては、毛玉の予防やスーツにツヤを出してくてます。毛玉を予防することでスーツに虫がつきにくくスーツが長持ちしやすくなります。

クリーニング

汚れがひどい場合や、時期によって汗をかきやすい場合、クリーニングに出すことでスーツが綺麗に仕上がります。クリーニングにスーツを出すとコストや時間もかかってくることから、夏場は特に汗をかきやすい時期なので2週間に1度程度で、冬場は、ワンシーズンに1度のペースでスーツをクリーニングに出してあげると綺麗な状態を保てます。あまりに頻繁にスーツをクリーニング出すのはおすすめしません。

スーツに使うブラッシングの種類

スーツのお手入れに使用するブラッシングにも種類があり、スーツの生地や用途によって使い分けることで、スーツを綺麗に保つことができます。ブラッシングを購入する場合は、お手持ちのスーツにあったブラッシングを購入することで、日々、簡単にスーツのお手入れができます。

馬毛

馬毛は毛が柔らかく滑らかな質のため、スーツに使う場合は、ウールやカシミヤなど繊細な生地のスーツに適しています。繊細な生地の場合は、柔らかい馬毛のブラシで優しくブラッシングすることで生地自体を傷めることなく埃などの汚れが落ち綺麗な状態を保つことができます。また、馬毛自体が柔らかいので、比較的どの生地でも使用できます。

豚毛

豚毛は毛が硬めでハリやコシあるので、スウェードや厚めのウールなどに適しています。また、スーツの種類でも化学繊維で作られているスーツなどにも豚毛は適しています。サッとブラッシングをすることで、垢やウールなどの毛玉も防いでくれるので、スーツを綺麗な状態に保ってくれます。ブラシを選ぶ基準として豚毛の天然素材は、柔らかめの毛質なのでお持ちのスーツに合わせて購入すると、よりスーツが長持ちします。

お手入れに使える家電

毎日着るものだからこそ、スーツのお手入れには、しっかり綺麗な状態を保ってくれる家電がおすすめです。家電を使用することで、簡単にしっかりとスーツのお手入れができることから、スーツを綺麗に保ち、スーツも長持ちしやすくなります。簡単に綺麗にスーツを保ちたい方にはスーツ用の家電を購入されると良いでしょう。

Tenswall スチームアイロン

衣類をハンガーにかけたまま使用できるスチームアイロンになります。コンパクトで一人暮らしの方や簡単に衣類のお手入れをしたい方にお勧めです。衣類の臭いを約90%脱臭してくれ除菌までしてくれるので1日中着たスーツにスチームアイロンをかけるだけで、脱臭や除菌が簡単にでき、衣類だけでなく様々な生地にも対応しているので様々な使い方ができ、お値段もお買い求めやすい価格なので、一台あると重宝します。

エレクトロニクス「LG styler S3WER」

ロッカー型のホームクリーニング家電になります。スチームウォッシュ&ドライでスーツやその他の衣類の臭い・シワ・埃・花粉だけではなく、ダニ・雑菌・ウイルスまでも衣類を掛けておくだけて綺麗にしてくれる本格的なホームクリーニング機になります。またスマートな形で自宅に置いてもかさばりません。お値段は高めですが自宅に一台あると衣類をクリーニングに出す必要がなく、衣類のお手入れを自宅で完結できる優れものです。

毎日スーツを気持ちよく着よう

1日の始まりにスーツが綺麗で着心地が良いと、それだけで気持ちが清々しく1日頑張ろうという気持ちになりますよね。毎日着るものだからこそ、日々のお手入れでスーツを綺麗な状態に保つよう心がけましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME