スコッチウイスキーの名門『マッカラン』の種類は?価格や味の特徴まとめ

2020.01.16

世界中で愛されているシングルモルトウイスキー「ザ・マッカラン」。厳選されたシェリー樽でじっくりと熟成し製造される、高級ウイスキーのブランドです。この記事ではザ・マッカランの種類や、銘柄ごとの違い、おすすめの飲み方についてご紹介します。

ウイスキー『ザ・マッカラン』とは?

ザ・マッカランはスコットランドのスペイサイド地方で製造される、スコッチの代名詞的なブランドです。

ザ・マッカランの特徴

ウイスキー好きなら一度は聞いたことがある「ザ・マッカラン」。シングルモルトの中では日本への輸入実績トップを誇る、とても知名度の高いスコッチです。

他のスコッチと比べても品質が良く、「シングルモルトのロールスロイス」とも評されています。スコッチウイスキー特有の個性的な風味がありつつも、エレガントで奥深い味わいと華やかな香りを楽しめます。

世界中で愛される高級スコッチ

マッカランと言えば高級酒としても有名です。限定商品や古酒は日本でも定価の数十倍の価格で取引されています。過去には、マッカラン60年ものが、1本1億2千万円で取引されたこともあるそうです。知名度が高いだけでなく、他にはないマッカラン特有の味わいが、ウイスキー愛好家から熱く支持されています。

ザ・マッカランの種類、特徴と価格

ブランドの中でも定番の銘柄と、その特徴や販売価格についてご紹介します。熟成年数が高いほど値段が上がり、1万円以内のものから20万近くする高級な銘柄まで揃っています。

ザ・マッカラン12年

12年はマッカランを代表するウイスキーで、最もスタンダートな味わいが特徴です。シェリー樽で12年間以上じっくりと熟成させることでバランスの取れた味わいに仕上がります。通常の12年のほかに、2種のシェリー樽(アメリカンオーク・ヨーロピアンオーク)を使用して製造される「ダブルカスク」も人気です。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥6,679(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ザ・マッカラン18年

12年の個性をさらに強めたマッカランを象徴する銘柄です。ジンジャーやスパイス・ペッパーのスパイシーな香り、苺のように甘く爽やかな香りが特徴。濃厚なドライフルーツの甘み、力強い余韻を感じられるラグジュアリーな味わいです。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥31,475(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ザ・マッカラン25年

葡萄のような優しい香りと、驚くほどスムーズな口当たりが特徴です。カラメルの甘み、柑橘系の爽やかな風味、シナモンのスパイシーな味わいを感じられます。後味は奥行きのある余韻が長く続きます。定価は120,000円ですが、現在は価格が高騰しており、150,000円~250,000円で流通しています。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥200,000(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ザ・マッカランの美味しい飲み方

マッカランは一番リーズナブルな12年も非常に品質が良いため、なるべく手を加えないシンプルな飲み方をおすすめします。ストレートやロックで香りと味わいを楽しみましょう。

ストレート

マッカランの持つ個性を存分に堪能できる飲み方です。常温のままグラスに注ぎ、香りと味わいをじっくり楽しみましょう。ストレートで味わってから、自分好みの飲み方を探求するのがおすすめ。

ロック

ストレートの次におすすめなのがロック。マッカランの華やかな香りがより引き立つ飲み方です。ゆっくりと氷が解ける内に度数が下がり、お酒に弱い方でも飲みやすくなります。ぜひグラスや氷にもこだわってみて下さい。

ハイボール

ハイボールはウイスキーが苦手な方や飲みなれていない方におすすめです。グラスをよく冷やし、無糖のソーダとウイスキーを4:1で割りましょう。ウイスキー通の方からは、「高級なマッカランを使ってハイボールを作るのはもったいない」との声もあります。

特別な日はマッカランを嗜もう

セレブも愛飲する、スコッチの名門「マッカラン」。毎日飲むには高級ですが、特別な日の一杯にはぴったりなウイスキーです。知名度が高いブランドなのでウイスキー好きな方へのギフトにもおすすめ。もちろん、スコッチ入門にもぴったりなので、ぜひ一度味わってみて下さい。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME