カラオケの音程バー活用方法。カラオケに関するお悩みを解決

2018.12.04

カラオケの採点などで使われている音程バーの使い方を知ると、上達に便利な情報を読み取ることができます。カラオケで高得点を取るためにも必要な音程バーについて知っておきましょう。自宅での練習にぴったりのアプリも紹介します。

カラオケで歌うと声がおかしいのはなぜ?

カラオケで歌っているときに、ふと「声がおかしい」と思ったことはありませんか。これは、カラオケでは声が非常に聞き取りにくい状況であることと、マイクが拾っている音の幅が狭いことが関係しています。

カラオケでは、周りの騒音もあって、音楽の音量を大きく設定して楽しんでいることがほとんどです。すると、マイクが拾う音にも音楽の音が混ざってしまいます。マイクが音楽の音も拾ってしまい、本来拾われるべき『声』がうまく拾えなくなります。

このような状態の結果、聞こえてくる「声がおかしい」という状況になってしまうのです。

お風呂などで歌うと上手く聞こえる理由

では、お風呂ではどうでしょうか。お風呂では、声の邪魔をする音が少なく、適度に音の反射もします。そのため、自分の声がよく聞こえてきます。

すると、結果的に音程が取りやすく、上手く聞こえるのです。

耳を塞ぐ、録音などで自分の声を確認しよう

『自分の声が聞こえると、音程が取りやすくなる』という法則は、練習にも使えます。カラオケボックスでは、耳を塞いで歌うことで声が聞き取りやすくなるので、音程が合わせやすく、練習に最適です。

1人で練習をするときには、録音を活用して自分の声を確認するものおすすめです。音程が合っているのか、間違った歌い方をしていないかが確認できます。

カラオケで高得点を出すのが難しいのはなぜ?

カラオケで高得点を出すのが難しい理由は、『音程の違い』があるためです。歌手本人の歌い方や音程は、カラオケで表示されている音程バーとは少し異なります。歌手本人の歌い方や音程をそのまま歌ってしまうと、音程バーとズレてしまい得点が下がってしまうのです。

そのため、カラオケ特有の『音程』を把握することが重要です。まずは、なぜ音程に違いが出てしまうのかを確認していきましょう。

歌手本人の歌い方とカラオケの音程の違い

普段聞いている音楽は、歌手本人の歌い方と音程で作られたものです。しかし、カラオケの採点では『ガイドの音程』が重要視されます。歌手の歌い方を真似ていても『ガイド通りでなければ高得点は取れない』のです。

音程が上下して表示される音程バーを活用しよう

そこで活用したいのが『音程バー』です。

音程バーを基準に高い・低いを判断して、正確な音程を覚えましょう。そして、この音程バー通りに歌うことができれば、カラオケで高得点を出しやすくなります。

歌いにくい場合はキーを変更して近づけていく

歌いたい曲にどうしても声が合わないというときに便利なのが『キー変更』です。キーを上げる・下げるのどちらかで合わせていきましょう。

キー変更は、1〜2段階ずつがおすすめです。ずらしたら歌って確認して、必要であればまたキーを変更するようにします。徐々に動かして自分にぴったりの音程を見つけるのがポイントです。

次は、実際にカラオケで使われているJOYSOUND(ジョイサウンド)やDAM(ダム)での音程バーと、便利な機能をチェックしてきましょう。

JOYSOUNDシリーズの音程バー ガイドメロディ

JOYSOUNDでは、『分析採点マスター』というサービスを使うことで、音程バーを表示することができます。JOYSOUND MAX2、JOYSOUND MAXの2つが対応機種です。設置されているかは、各カラオケ店に確認しましょう。

分析採点で音程バーとグラフの表示が可能

採点マスターの使い方は、リモコンから『採点』を選び『分析採点マスター』を選択して採点スタートを押すだけ。あとは、歌いたい曲を予約すれば、曲と一緒に採点が開始されます。

分析採点では、音程バーと音程の一致率がグラフ化され、音程とその他のテクニックを総合して点数が決められています。

音程を間違えたフレーズは、『音程強化モード』で正しい音程で歌えるまで繰り返し練習することも可能です。何度も練習して、正しい音程を身に付けていきましょう。

採点なしでも表示したり消すことができる

採点なしでも、音程を練習できる方法が『ガイドメロディ』を活用するものです。何度も練習をして、歌詞をおぼえたら『ガイドメロディ』を聴いて、合わせて歌えるようにしてみましょう。

ガイドメロディも『音程バーと同じ役割』で、採点のお手本です。ガイドメロディが聴き取れない場合には、リモコンから『ガイドボーカル』を選びます。ガイドボーカル項目内の『ガイドメロディ表示』の設定を行うことで音程バーの表示ができます。

これで、採点機能を使わなくても、採点で使っている『音程バー』を見ながら練習ができるのです。

DAMシリーズの音程バー 見えるガイドメロディ

DAMシリーズでも提供されている『精密採点DX』『精密採点DX-G』を使えば音程バーとガイドメロディを使うことができます。JOYSOUNDと違う点と、音程バーの見方を紹介します。

精密採点DX-Gでは外した音程を赤色で表示

精密採点DXでは、音程バーが表示されますが、わかるのは『外したかどうか』のみです。より改良された『精密採点DX-G』であれば、外した音程が赤色で表示されるため視認性が高く、間違えた箇所を明確に把握できます。

間違えた箇所を覚えておけば、次の練習をするときに役立つことでしょう。

音程の正確さを確認できるキラキラの色の見方

音程が合っていても「どのくらい合っているのかまでは、表示されていませんでした。しかし『精密採点DX-G』なら、キラキラのエフェクトを追加しているのでどのくらい正確なのかを色で調べることができます。

キラキラは、青が60%以上、赤が70%以上、黄色が80%以上、虹色が90%以上で表示されます。虹色が最も良い表示なので、虹色を目指して歌いましょう。

練習しようにも、カラオケ店に足を運ぶ時間がない人も多いと思います。そこで、カラオケの練習に便利なアプリを次は紹介します。

音程バー付きのカラオケ練習アプリ

自宅でもスマホアプリを使うことで、音程バーを見ながらカラオケの練習ができるようになりました。さっそく導入して、カラオケの練習を家で楽しんでみましょう。

auスマートパス会員は無料 カラオケJOYSOUND

『カラオケJOYSOUND』は、月額240円で楽しめるカラオケアプリです。採点機能と音程バーの表示機能が付いているので、本格的なカラオケを自宅で楽しめます。最初の45秒のみが無料で使えますが、他は有料なので月額会員になる必要があります。

このアプリの見逃せないポイントが、『Androidのauスマートパス会員』なら全曲・全機能無料で楽しむことができるということ。月額会員登録は必要ないので、auスマートパス会員の人は特におすすめのアプリです。

 

カラオケJOYSOUND – iPhone

14万曲を採点「カラオケJOYSOUND」プロの指導で上達! – Android

録音機能が魅力 カラオケJOYSOUND+

無料で使いたい、もう少し便利な機能が欲しいという人におすすめなのが『カラオケJOYSOUND+』です。録音機能と、ガイドボーカル機能が追加され、より使いやすくなったことで人気が出ています。

無料で楽しむ場合は1日1曲のみ『無料』ですが、空いた時間に楽しむには十分という人も少なくありません。もっと楽しみたいという人は月額340円の会員登録を行いましょう。

音程グラフ採点-カラオケJOYSOUND+ – iPhone

無料☆音程グラフ採点 カラオケJOYSOUND+ – Android

正確な音程が分かると自信を持って歌える

正しい音程で歌うことができれば、自信を持ってカラオケを楽しむことができます。カラオケの機能やアプリを最大限に利用していくと、上達も早くなるものです。

カラオケを楽しみながら練習することが、上達のポイントです。楽しいと思える好きな曲でさっそく練習してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME