アイラモルトの女王『ボウモア12年』の魅力とは?味わいの特徴や飲み方を紹介

2019.12.30

世界中のウイスキー愛好家から愛されているシングルモルトウイスキー「ボウモア12年」。個性的な潮の香りと、アイラモルトの中では飲みやすいといわれる味わいが特徴です。この記事では、ボウモア12年の特徴や購入方法、美味しい飲み方についてご紹介します。

ウイスキー『ボウモア12年』の特徴

ボウモアは、アイラ島のボウモア蒸留所で生産される、シングルモルトウイスキーの有名ブランドです。

シングルモルトウイスキー「ボウモア」

「アイラモルトの女王」と称され、多くの人を魅了しているボウモア。240年以上の歴史を誇る伝統的なフロアモルティングという製法で、手間暇かけて生産されています。ブランド名はゲール語で「大きな岩礁」という意味があります。その名前の通り、ウイスキー作りに適したアイラ島の美しい自然が生み出す「海のシングルモルト」です。

ボウモア 12年の香り・味わい

12年物は、ボウモアの中でも同ブランドを代表する一本であり、世界的に愛されている銘柄です。スモーキーな香り、ピート香、爽やかな柑橘香がバランスよく組み合わされた中に、アイラモルトらしい個性的な潮の香りを感じられます。

フルーティーで、バランスの取れた味わいの後に、繊細な余韻が長く続きます。アイラモルトの個性である潮の香りを持ちながらも、すっきりとした風味のウイスキーです。

ボウモア 12年エニグマとの違い

ボウモア12年には、通常版よりも価格が安い「ボウモア 12年 エニグマ」があります。エニグマは通常のボウモア12年と比べて、シェリー樽独特の香りと甘みがより引き立っているという違いがあります。もちろん、ボウモアの特徴である潮の香りやスモーキーな香りもしっかりと感じられます。現在は終売しており、価格は市場価格は5,000円ほどです。

ボウモア 12年 価格・評価・購入方法

ボウモア12年の市場価格や、購入方法、購入した人のレビュー(評価)をご紹介します。

ボウモア12年の市場価格は?

定価は700mlで¥4,400(税別)、市場価格は3,100~3,500円前後です。ハーフサイズ(350ml)は少し割高の2,500円前後で流通しています。アイラモルトを始めて飲む場合はハーフサイズから購入してみるのもおすすめです。

店頭・通販での購入方法

全国の酒屋やデパートまたは通販で購入できます。店頭よりも通販の方がやや安く販売されている傾向があります。サントリーが公式で出店しているAmazonや、正規品を購入出来る楽天での購入がおすすめです。

  • Amazonの公式オンラインショップはこちら
  • 楽天の公式オンラインショップはこちら

ボウモア12年の美味しい飲み方

ボウモア12年の香りと味わいを最大限に楽しめる、おすすめの飲み方をご紹介します。完成度の高い銘柄のため、シンプルな飲み方に向いています。

ストレート

スモーキーな香りと爽やかな柑橘香、甘みをダイレクトに感じられる飲み方です。ボウモアの個性をじっくり堪能してみて下さい。ストレートのボウモアとチェイサーを交互に飲むと、最後の一口まで風味を楽しめます。

水割り(トワイスアップ)

常温のボウモアとミネラルウォーターを同量で割るだけのシンプルな飲み方です。加水することによって、香りが広がり甘さも際立ちます。ボウモアに限らずウイスキーはトワイスアップで飲むとより香りが分かりやすくなると言われています。

ボウモア12年と合わせるおつまみ

チョコレートやドライフルーツなど濃厚な甘みのある食べ物、ミックスナッツ、スモークサーモンなど塩気の強い味わいのおおつまみとよく合います。気軽に飲みたい時は柿の種などのお菓子もおすすめです。ウイスキーを食事に合わせるのではなく、ウイスキーに合うおつまみを用意する感覚で選びましょう。

ボウモア12年はアイラウイスキーの代表格

ボウモア12年はアイラ島を代表するシングルモルトです。ストレートやトワイスアップでいただくと、より個性的な香りと調和のとれた味わいを堪能できます。初めて飲むアイラモルトとしてもおすすめなので、ぜひ一度ボウモア12年を味わってみて下さい。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME