ルイ・ヴィトンのバッグの種類を紹介!人気の柄や注目モデルをチェック

2019.12.21

一つくらいはいいブランドのバッグを持っていたいと思ったときにルイ・ヴィトンのバッグを考える人も多いのではないでしょうか。自分へのご褒美にもルイ・ヴィトンのバッグはぴったりです。この記事ではルイ・ヴィトンのバッグの種類や人気の種類をご紹介していきます。

ルイ・ヴィトンのバッグは種類が豊富

ルイ・ヴィトンのバッグは種類がとても豊富なので、悩んでしまうという人も多いのではないでしょうか。いきなり店頭やネットでバッグを探すより、柄や代表的な種類だけでも覚えておくといいですよ。

ルイ・ヴィトンの柄は4種類

ルイ・ヴィトンの柄は、大きくわけると4種類あります。

モノグラム

L、V、星、花のアイコンが組み合わさった定番のモノグラムは、いまや「ルイ・ヴィトンといえばこの柄」とさえいえる、ブランドを代表する大人気の柄です。

ダミエ

日本語でいうところの『市松模様』にあたるダミエは、スクエアが組み合わさったシンプルな柄が、シックで落ち着いた印象を与えてくれます。その歴史はルイ・ヴィトンの中でも古く、モノグラムより以前から誕生していた伝統の柄です。

エピ

ルイ・ヴィトンは好きだけどさりげないデザインがいいという人に人気のエピは、線状の型押しが特徴的なデザインです。ブランドを主張しすぎないながら、知る人が見ればすぐにそれとわかる、通向けの柄ともいえるでしょう。

ヴェルニ

エナメル素材の『ヴェルニ』はモノグラムの型押しが印象的で明るいカラーが魅力的な柄です。女性もののバッグに多く使用され、華やかでフェミニンな雰囲気を演出してくれます。

ルイ・ヴィトンを代表するバッグ

ルイ・ヴィトンは、もともと旅行用のバッグブランドとして創業したブランドです。そのため、その品質は折り紙付きで、丈夫で収納力が高いものが多くあります。いくつかのタイプを簡単に説明します。

キーポル

キーポルは旅行にもぴったりのボストンバッグタイプ。昔はコットンで作られていたのですが改良され、現在はルイ・ヴィトンらしい高級な革素材を用いたモノグラムやダミエ等の柄も数多く存在します。ショルダーストラップのついたタイプもあり、旅行はもちろん、日ごろから荷物の多い人の普段使いバッグとしても大活躍してくれます。

ネヴァーフル

ヴィトンのトートバッグといえば「ネヴァーフル」が有名です。逆台形のフォルムがかわいらしく、人気のデザインですが、それだけではなく収納力も抜群。A4サイズもすっぽりと入り、ビジネスシーンにも活躍するバッグです。

パピヨン

小型バッグが好きな人に人気なのはパピヨン。ルイ・ヴィトンのバッグの中でも屈指の人気モデルで、特徴的なまん丸なドラム型のフォルムをしています。ちょっとしたお出かけにぴったりのサイズで、いつものおしゃれをワンランク高級に見せてくれること間違いなしです。

普段使いにぴったりのルイ・ヴィトンのバッグ

ルイ・ヴィトンのバッグだからといって、TPOを守れないおしゃれは恥ずかしいですよね。シーン別にぴったりのルイ・ヴィトンのバッグをみていきましょう。

たくさん入るネヴァーフル

先ほどもご紹介した、ルイ・ヴィトンの大人気トートバッグ「ネヴァーフル」。英語表記で「Never full(いっぱいにならない)」というだけあって、その名のとおり収納力も抜群のバッグです。

2007年に発表されたモデルですが、いまだに新モデルが発売されると即完売してしまうほど人気のシリーズ。華奢な細身のハンドルは、なんと1本で100㎏まで耐えられるというから驚きです。

小物を入れられるポケットも多く、ビジネスシーンでも活躍してくれる大容量バッグは、ルイ・ヴィトンらしい「デザイン」と「機能性」を両立したモデルと言えるでしょう。

飽きが来ないスピーディ

世界中のセレブから愛されている、シンプルなボストンバッグの「スピーディ」。モノグラム、ダミエはもちろんのこと、さまざまなデザインがあるのも特徴です。トートバッグはたくさん入って魅力的だけど、しっかりとチャックで閉まるものがいいという人におすすめのデイリーで使えるバッグです。

お出かけ用に人気のルイ・ヴィトンのバッグ

お出かけのときにこそルイ・ヴィトンのバッグを持っていきたいという人も少なくありません。特別な日に使いたい、おしゃれなルイ・ヴィトンのバッグを見ていきましょう。

きんちゃく型のノエ

きんちゃく型が目を引く「ノエ」は、もともとシャンパンを入れるバッグだったそうです。小さく見えますが、マチがしっかりとあるので荷物がしっかりと入るのがうれしいですね。肩にもかけることができる長めのハンドルも魅力の一つです。

フォーマルにも使えるアルマ

ココ・シャネルがオーダーした「アルマ」は、アーチ形のデザインが印象的で、こちらもルイ・ヴィトンを代表するバッグの一つです。ダブルファスナーなので大きく開けることができ、出し入れもしやすい形になっており、底はマチも大きく安定しているので置いたときもしっかりと自立してくれます。大容量なのに大きく見えないので、フォーマルなシーンでも活躍してくれるバッグです。

ルイ・ヴィトンのバッグは奥が深い

ルイ・ヴィトンのバッグはラインナップが豊富で、お気に入りのバッグが見つかること間違いなし。お値段は張りますが、その分一生使えるバッグとしてあなたの人生を彩ってくれることでしょう。自分へのご褒美に、すてきなバッグを迎えてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME