間違ってない?スーツに合わせるベストの『ボタン』に関するマナー。

2019.12.19

スーツのベストを着る際にボタンの数や留め方などを気にしたことはありますか?スーツベストのボタンは、全部留めるのではなく、一番下のボタンを外して着こなすのが一般的ですが、例外もあります。恥をかかないために、ベストのボタンに関する着こなしマナーを知っておきましょう。

スーツの下に着るベストのボタンのルール

スーツの下に着るベストのボタンに関するマナーは、あまりよくわかっていないという方が多いかもしれません。スーツに合わせるベストのボタンの数はどれくらいが適切なのかを解説します。

ボタンはどこまで閉めるのが正解?

スーツベストを始めて着る男性は、ベストのボタンをどこまで開けていいのか悩みますよね。ベストのボタンは、基本的には一番下だけを開け、それ以外のボタンをすべてつけて着るのが一般的です。これは2つボタンや3つボタンのスーツジャケットと同様の考え方で、「アンボタンマナー」と呼ばれます。

これは、一番下のボタンまですべてつけてしまうと、座ったときなどにシワになったり、裾が狭まってベストの形が不格好になってしまうことが主な理由と言われています。ボタンを一番下まで全部つけて着ることは、ビジネスなどのフォーマルシーンにおいても適切ではありません。また、一番下以外のボタンを開けることも、基本的にはNGとされています。

ただし、これには例外があり、最近のベストに関してはなんとも言えないのが実情です。というのも、最近のスーツベストは「すべてのボタンを留めること」を前提として、あえて一番下のボタンをおへそあたりに配置し、ボタンを開けなくともスマートに見えるような設計にしていることも多いからです。

もし判断に迷うようなら、購入時に店員に「一番下まで留めるものか否か」をきいておくのもよいでしょう。

ちなみにベストを着るとき、ボタンをすべて開けている人もいますが、これもビジネスマナーとしてはNGです。少し砕けた会社の飲み会などであればOKな場合もあるでしょうから一概には言えませんが、基本的にはTPOに合わせて、ベストのボタンの開け閉めを考えることが大事です。

一般的なボタンの数とは?

スーツのベストでよくあるボタンの数は、4つ〜6つです。中に着るベストはきっちりジャストサイズで着るのが基本であり、ボタンが少ないタイプだと身体からベストが浮いてしまい、あまりスマートに見えません。2つボタンや3つボタンのタイプもありますが、これはどちらかというとフォーマルではなくカジュアル向けのベストと考えてよいでしょう。スーツの下に着るベストを選ぶときは、ボタンは4つ〜6つと覚えておきましょう。

スーツにベストを合わせるメリットとは?

スーツにベストを合わせるメリットはいくつかあります。

実は、スーツはもともと必ずベストとセットで着られていたものです。そのこともあり、スーツとベストを合わせるコーディネートは、よりフォーマルな着こなしとして洗練された印象を与えてくれます。

また、単純にオシャレに見えるという理由で着ている人も多く、ベストを着ることでいつものスーツの着こなしの幅が広がり、新鮮な気持ちになることでしょう。

他にも、体型が華奢でスーツが似合わないと悩んでいる男性は、ベストを着ることで体型をカバーできるというメリットもあります。ぜひベストを

スーツにベストを着こなす時のポイント

スーツベストを着用する際にはポイントがあります。この着こなしポイントさえ守れば、上手にベストを取り入れることができるでしょう。

サイズが合ったものを選ぶ

まず、一番大事なのは自分のサイズに合ったものを選ぶことです。もしも、スーツのジャケットを脱ぐ場面が合った場合に、ベストのサイズが大きすぎたり、小さすぎたりすると全体のバランスが悪く、印象も良くありません。ベストで重要なのは、丈の長さと身幅ですが、購入する際には必ず試着をして、スーツのジャケットとも合わせるようにすると失敗しません。

どんなシーンでも使えるシンプルなものを選ぶ

スーツベストを着こなすポイントの一つは、シンプルなデザインのものを選ぶことです。たとえばチェック柄のスーツベストなどを購入してしまうと、合わせることのできるスーツが限定されてしまい、うまく着こなすことが難しくなります。スリーピース(ジャケット、ベスト、パンツがセットになったスーツのこと)で購入する場合などを除き、ベスト単体で購入する場合は、無地のネイビーやチャコールグレーといったシンプルでシックな色合いのものを選ぶとよいでしょう。

スーツに合わせるベストはボタンの留め方が大事

スーツに合わせるベストは、着こなしも大事ですが、ボタンの留め方を知っておかないとビジネスシーンやフォーマルな席で間違った着こなしになってしまい、好印象を持たれなくなる可能性があります。 もしいままで間違って着ていたという人がいれば、これを機に明日からワンランクアップした大人の着こなしを試してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME