クリスマスに大人気の『シュトーレン』を自宅で作るレシピを紹介!

2019.12.18

日本でもクリスマスの定番として親しまれているシュトーレン。ナッツやドライフルーツがぎっしり詰まった人気の菓子パンですが、どこで生まれたものか知っていますか?今回は日本で人気のシュトーレンについてまとめて紹介していきます。

日本でも人気のシュトーレンとは?

クリスマスに食べる伝統的な菓子パン「シュトーレン」。日本でもクリスマスに向けて販売するお店が増えていますが、一体どの国で生まれて、なぜクリスマスに食べられるようになったのでしょうか?

ドイツ生まれの菓子パン

シュトーレンはドイツで生まれた菓子パンで、その歴史は14世紀頃まで遡ります。

14世紀頃のドイツでは、シュトーレンの原点となる食べ物が司教に贈るクリスマスプレゼントだったという記録が残っており、その後、ドイツやオランダを中心にクリスマスに家族で楽しむ伝統的な菓子パンへと変わっていったと言われています。

日本では「シュトーレン」と呼ばれていますが、ドイツ語の「Christstollen」の正しい発音では「シュトレン」の方が近く、「ト」の音を伸ばさないのがポイントです。

クリスマスに食べる理由

ドイツでは、クリスマス前の4週間を「アドヴェント」と呼び、この間にシュトーレンを少しずつスライスして食べるのが伝統の食べ方です。楕円形で表面が粉砂糖で真っ白に覆われたシュトーレンは、その見た目が幼いイエスを産着でくるんだように見えると言われています。

シュトーレンの最大の特徴は、作ってから期間が経つにつれドライフルーツの味がパンに染み込み、味が変わっていくこと。待ち遠しいクリスマスを、毎日変わっていくシュトーレンを味わいながら待つのがドイツの人々のクリスマスの過ごし方なのです。

シュトーレンのレシピ

シュトーレンは自宅でも比較的簡単につくることができ、日持ちするのでクリスマスだけでなく毎日の朝食やおやつにもおすすめです。ここでは基本的なレシピと人気のバリエーションレシピをご紹介します。

基本のレシピ

材料(25cm程度のシュトーレン2本分)

  • 強力粉 300g
  • 薄力粉 50g
  • ミックスドライフルーツ、ミックスナッツ 200g程度
  • ドライイースト 5g
  • バター(またはマーガリン) 100g
  • 卵 1個
  • 牛乳 80cc(お好みでラムなどの洋酒を合わせてもよい)
  • 砂糖 50g
  • 塩 5g
  • 粉砂糖 適量

作り方

  1. 強力粉、薄力粉、塩を混ぜ、砂糖とドライイーストを加えてさらに混ぜ合わせる
  2. バターを入れてつぶすようにこねたら、溶き卵を加えて混ぜ合わせる
  3. 牛乳を加えて粉っぽさがなくなるまでこねたら、ドライフルーツとナッツを入れて練りこむ
  4. 布巾をかけて2倍程度の大きさになるまで発酵させる
  5. 発酵させたら2等分して丸め、布巾をかけて15分ほど休ませる
  6. 厚さ1.5cm程度の楕円形に伸ばしたら、長辺の片側を折りたたんで山型にする
  7. 180度のオーブンで30分焼く
  8. 冷めないうちに表面にバターを塗り、粉砂糖を生地が見えなくなるまで全体にまぶして完成

ミックスフルーツは事前にラム酒などの洋酒で漬け込んでおくと本格的な味が楽しめます。漬け込むのにつかった洋酒は牛乳と合わせて混ぜると味に深みが増すのでおすすめです。ミックスナッツはできるだけローストされているものを使いましょう。

人気のバリエーションレシピ

シュトーレンには地域や家庭によってさまざまなバリエーションがあります。

生地にアーモンドパウダーを練り込んだ「マンデルシュトーレン」や、生地の中に棒状のマジパンを包み込んだ「マルジパンシュトーレン」、生地にケシの実を練り込んだ「モーンシュトーレン」など、たくさんの種類があります。

粉砂糖をまぶす前にシナモンパウダーをつけるなど、ちょっとした一手間を加えるだけで自分ならではの味になるシュトーレン、ぜひ自分流の作り方を研究してみてはいかがでしょうか?

有名ホテルや人気店のシュトーレンまとめ

日本では毎年クリスマスの時期になると有名ホテルやベーカリーがオリジナルのシュトーレンを販売しています。今回は東京と大阪で人気のシュトーレンをご紹介します。

東京

ヘーゼルナッツやアーモンドの風味が際立つ甘さ控えめな「マンダリン オリエンタル東京」、独自にブレンドされた洋酒に漬け込んだドライフルーツが味わい深い「帝国ホテル東京」、クリスマスの時期に一番美味しくなるよう計算されてつくられた「セルリアンタワー東京ホテル」のシュトーレンなど、各ホテルこだわりの味が楽しめます。

大阪

ラム酒とオレンジピールのさわやかな香りが特徴的な「リーガロイヤルホテル」、イーストフードや乳化剤をつかわず子供にも安心な人気ベーカリー「メサベルテ」、シナモンやカルダモンなどのスパイスの風味が特徴の「マイセンカフェ」など、ホテルに限らず人気のカフェやベーカリーでもシュトーレンがつくられています。

シュトーレンはコスパが良い菓子パン

いかがでしたか?価格は3,000円代〜5,000円代までと比較的お高めなシュトーレンですが、実は約1ヶ月の賞味期限で少しずつ変化する味を楽しめる「コスパ良し」のクリスマスアイテム。手作りはもちろん、人気店のシュトーレンはクリスマスギフトにもおすすめです。ぜひ、自分好みの味を探してみてくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME