青森が誇る日本酒の銘柄3選。絶品の味わいとその特徴をご紹介

2019.12.17

青森といえばリンゴが有名な県ですが、自然豊かであることから、日本酒が有名な県でもあります。澄み切った天然水を使用する日本酒は、米本来の味わいを存分に引き立ててくれるのです。そんな青森の銘酒の中から「田酒」「豊盃」「桃川」の3つを紹介します。

西田酒造店 田酒

田酒は、西田酒造店によって酒造された日本酒です。田酒とはどのような日本酒なのでしょうか?

青森の米のみを使用した地酒

田酒の特徴は、「青森の田の米のみを使用した」ところにあります。日本酒の製造に使われることのある、醸造用アルコールや醸造用糖類などは一切使用しない純米酒で、添加物を使用しておらず、米のみを使用して造られています。

また、使用する米は、青森産の「古城錦」や「華想い」「華吹雪」などが用いられています。酒米としてはあまり一般的ではないこれらの米の味わいが楽しめる田酒は、青森の米をそのままいただいているといっても過言ではないでしょう。

おすすめの田酒

純米吟醸や特別純米酒を始め、田酒には様々な種類があります。その中からいくつか紹介します。

田酒 特別純米酒

数ある田酒の中でも、基本とも入れる特別純米酒です。酸味と甘味のバランスが良いオーソドックスな味わいから、初心者にもおすすめされています。

スッキリした果物のような香りも特徴の一つで、爽やかに口の中に広がります。後味が残らずスッキリな味わいは、和食から洋食まで、様々な料理に合わせることができるでしょう。

  • 容量:1,800ml
  • 参考価格:5,145円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

田酒 山廃仕込 特別純米

『山廃仕込み』で仕込まれた、深みのある味わいが特徴の特別純米酒です。芳醇な香りとコクのある味わいが特徴で、濃厚な味が楽しめます。フルーティな香りも強く、味の厚みが感じられるでしょう。

また、味に深みがあることから、飲み方で味の感じ方が変わります。冷やや常温では酸味を感じられスッキリした味わいに、お湯割りや熱燗にすることで、甘味が感じられるでしょう。

  • 容量:1,800ml
  • 参考価格:7,800円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

三浦酒造 豊盃

豊盃は、三浦酒造が酒造する日本酒です。豊盃について紹介します。

豊盃のためだけに育てられた豊盃米使用

豊盃に使用されている米は、契約農家によって作られた豊盃米を原料としています。豊盃の酒造りのみのためだけに生産され、日本で唯一、豊盃米を原料とした日本酒なのです。

豊盃とは、津軽藩祖為信公が、戦場で兵士の士気を鼓舞するために唄った歌「ホウハイ」が由来といわれています。「青森を代表する酒造好適米をつくろう」という想いから、鼓舞と勝利を意味意味する目的で命名されました。

華やかでふっくらした味わいから、日本だけではなく海外からも人気となっています。

おすすめの豊盃

数ある豊盃の中から、いくつか、おすすめの豊盃を紹介します。

豊盃 大寒仕込 純米大吟醸

寒い冬の時期に造られた純米大吟醸です。柔らかくスッキリした味わいと口当たりが特徴の日本酒で、クセが無くスッキリとした気分で味わえます。

豊盃特有の華やかさはありませんが、代わりに上品な旨味が感じられます。味の主張しすぎないバランスの良い味わいは、他の料理の味を邪魔さず、食中に飲んでも美味しくいただけるでしょう。

  • 容量:720ml
  • 参考価格:5,800円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

豊盃 ん 純米酒

一度聞いたら忘れられない、名前が特徴的な純米酒です。「ん」とは、「うまい」という意味の東北の訛り「んめぇ」からきており、その美味さを伝えるインパクトある名前として命名されました。

元々は普通酒としてレギュラー商品として愛されて続けた「ん」を、新たにしたのが純米酒になります。

柔らかでスッキリとした飲み口はそのままに、フルーティーな香りと旨味が加わり、軽快感な味わいが楽しめます。スイスイと飲みやすく、毎日でも飲み飽きることなく楽しめるでしょう。

  • 容量:720ml
  • 参考価格:2,628円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

桃川株式会社 桃川

桃川は、桃川株式会社が造る日本酒です。企業名を背負う桃川とはどのような日本酒なのでしょうか?

百川で作られた桃川

桃川は、地下250mの奥入瀬川伏流水を使用した青森の地酒です。軟水である奥入瀬川伏流水を使用することで、きめ細かくまろやかな味わいの日本酒になります。

創業当時は、奥入瀬川伏流水ではなく百石川の水を使用していました。百は「もも」とも読み、百川を変えて「桃川」と命名したのです。

青森原産の「まっしぐら」を始め、「山田錦」「華想い」「五百万石」など、複数の酒造好適米を使用しています。まろやかな味わいの中に、コクと深みのある味わいを感じることができるでしょう。

おすすめの桃川

数ある桃川の中から、おすすめの桃川を紹介します。

桃川 にごり酒

青森産米「まっしぐら」を100%使用した濁り酒です。甘口でありながら後味がスッキリしています。

スッキリした味わいは、冷やでも美味しくいただけ、一年を通して楽しむことができるでしょう。

じっくりと味を楽しむ、昔ながらの濁り酒です。

  • 容量:1800ml
  • 参考価格:1,724円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

桃川 吟醸純米

キメ細やかな味わいの吟醸純米酒です。甘味と酸味のバランスが取れた中辛口のあ味わいで、爽やかな果実のような香りと、スッキリとした味わいを楽しむことができます。

また、スッキリとした味わいながらも、しっかりとした米の旨味も感じられ、吟醸純米酒としての美味しさを楽しめるでしょう。

  • 容量:1800ml
  • 参考価格:3,600円(税込)
  • Amazon商品ページは こちら

他にもある青森の銘酒

天然水を使用する青森の日本酒は、どれもスッキリした味わいが特徴です。にごり酒のような甘みが強いお酒も、後味を残さず米の美味さを楽しめます。

「田酒」「豊盃」「桃川」の3つを紹介しましたが、他にも、「陸奥八仙」や「じょっぱり」など、様々な銘酒があります。

ぜひ、青森の地酒を試してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME