競馬は収支管理が重要。分析に活かして回収率の向上を目指そう

2018.12.02

競馬で負けが多いという人は、収支管理を見直してみませんか?収支管理は資金の流れを見るだけではなく、過去に自分が投票したレースの分析にも役立ちます。回収率を上げたい人は、まずは収支管理から始めてみましょう。

年間収支プラスを目指すには

競馬で儲けている人の共通点は『収支管理をきちんと行っている』ことです。どんぶり勘定でレースを行っている人は、まずは競馬における収支管理のメリットや方法を確認し、年間収支プラスを目指しましょう。

管理をしっかり行うことで傾向分析できる

競馬での回収率をアップさせるためには、『現状を把握し、管理する』ことが重要です。

現在自分はどのくらい勝っているのか、あるいは負けているのかを具体的な金額で認識することによって、「危ないレースはやめておこう」「思い切っていってみよう」という判断がつきやすくなります。

また収支データがたまっていけば、『どんなレースなら勝てているか・負けているか』ということも見えてきます。

自分なりの勝ちパターンや負けパターンがわかるので、無駄な馬券に資金を費やしたり、勝てる勝負を逃したりすることが少なくなるでしょう。

具体的にどの数字を管理する?

データ分析を兼ねた収支管理を行うなら、『馬券単位』での収支計算をおすすめします。後でデータを確認した時に『レースごとの回収率』が見えやすくなるうえ、『勝ちやすい馬券の種類』も把握しやすいでしょう。

馬券ごと、という細かな収支データの積み重ねが、ピンポイントで勝負どころを見極めるカギとなるのです。

収支を公開しているブログを参考にしよう

「競馬で勝つために収支管理は必須」と理解している人のなかには、ブログ等で自分の馬券収支を公開している人もいます。

投入資金と結果のみを記したシンプルなブログなら、『競馬で飯を食う!負けない男の馬券処世術!』をチェックしてみましょう。こちらは余計な言葉は一切なく、レース名や購入金額、払戻金などが羅列されています。

また表形式で管理したい人は、『2~3歳戦専門 複勝競馬投資術マネードラゴン馬券塾』がわかりやすいでしょう。

特に決まりはないので、自分がやりやすく、ためになると思われるブログを参考にしてみてはいかがでしょうか。

エクセルで収支管理表をDIY

競馬の収支は、手書きよりもパソコン管理が便利です。家のパソコンに『Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)』が入っているなら、『Excel(エクセル)』もインストールされているはずです。

エクセルとは、マイクロソフト社の表計算ソフトです。エクセルを利用して、収支管理表を手作りしてみましょう。

管理する項目を決め、表の1列目に入力

エクセルで収支表を作成するためには、まず管理する項目を決定しなければなりません。加えておきたい項目は以下のとおりです。

  • 日付
  • 馬券購入場所
  • レース名
  • 馬券券種
  • 購入金額
  • 払戻金額
  • 収支

表作成時には、記入したい項目を左のセルから順に入力していきます。ただしその際は、1セルにつき1つの項目を入れるよう注意しましょう。基本的には文字入力さえしておけば、罫線等をひかなくても計算表は完成します。

より自分が見やすいように、セルに色を付けたり、文字フォントの大きさや太さを変えたり、表を整理しても良いでしょう。

SUM関数で合計を表示させる

最終的な収支合計を出す際は、合計値を求める『SUM関数』を利用します。例えば購入金額の合計を表示させたい場合、手順としては次のようになります。

1、合計を入力したいセルにカーソルを合わせる

2、『=SUM(購入金額の最初のセル:計算式に含めたいセル)』を入力

例えば購入金額の最初のセルが『H4』、最後のセルが『H100』なら、『=SUM(H4:H100)』と入力します。

購入金額の入力が終わったら、払戻金額、収支合計とそれぞれ続けて処理を行ってください。

ただし収支の計算については『購入金額―払戻金額』で行うため、引き算式を利用しなければなりません。その際は『=SUM(購入額セル,-払戻金セル)』で対応しましょう。

マイナス分の文字色を変える

収支表でマイナスが出た場合、赤字で表示させるとパッと見たときにわかりやすくなります。マイナス分を赤字で表示させるには、次のような手順を踏みます。

  • カーソルをシートの1番左上の角、数字もアルファベットも入っていない部分にのせ、左クリックで『全画面指定』する
  • どこでも良いので右クリックをして『セルの書式設定』を選択
  • 『表示形式』の『負の数の表示形式』から赤字のマイナスを選択し、OKを押す

全画面設定することで、今後のマイナスはすべて赤文字で表示されるようになります。

回収率や的中率も表示させるには?

回収率と的中率を出すための数式はそれぞれつぎのとおりです。

  • 回収率(%)=払戻金額÷購入金額×100
  • 的中率(%)=的中レース数÷購入レース数×100

収支作成表の項目に回収率を加えたい場合、数式の入力は以下のようになります。

  • 入力したいセルにカーソルを合わせ、Shiftキーを押しながら『=』を押す
  • 払戻金額にセルを移動させクリックし、『/』を入力する
  • 今度は購入金額にセルを合わせ、クリックして『Enter』を押す
  • そのまま『ホーム』の『%』ボタンをクリックする

ここまでの手順で、回収率をパーセンテージで表すことができます。

いっぽう、的中率の場合はまず的中レース数と購入レース数を抽出します。その後、先ほどの回収率と同様のやり方で割り算すればOKです。より細かく分析したい人は、こちらも入力項目に加えてみてはいかがでしょうか。

JRA-VANデータラボのソフトで収支管理

競馬データを使ってより詳細に収支管理を行いたいという人は、競馬ソフト・JRA-VANデータラボを利用してみましょう。こちらはJRAが提供する30年分の競馬情報を利用し、200本以上の競馬ソフトを無料で利用できるサービスです。

ただし、会員となるのに月額料金は2052円(税込)必要となります。1カ月の無料体験でまずは様子を見ると良いでしょう。

JRA-VANデータラボのソフトから、収支管理におすすめのソフトを紹介します。

JRA-VAN データラボ|競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

的中判定が自動で楽々入力 馬卓

『馬卓』は競馬収支管理を主目的としており、出馬表を確認しながら購入金額を入力することができます。もちろん、収支計算は自動で行ってくれるうえ、馬ごとの的中回数や払戻金額も簡単に確認できる仕様です。

年別、月別、日別などさまざまなレース条件を指定して収支を表示させることができるため、競馬データを細かく分析したい人には最適なソフトといえるでしょう。

予想とIPATの収支管理ができる 馬トモ

『馬トモ』は過去データの確認や予想がメインのソフトですが、競馬収支管理機能も充実しています。このソフトで収支を確認する際は、『馬券帳』という項目から確認しましょう。

馬券帳では買い目等を入力する『出馬表』から入力した内容に合わせて、収支や回収率が自動計算されます。IPAT投票予約分も自動的に記録されるため、競馬にかかる資金をトータルに管理できます。

iPhone対応の収支管理アプリ

パソコンを立ち上げるのは面倒、という人はタブレットやスマホを活用すると簡単です。まずはiPhone対応の収支管理アプリを紹介します。

メモ機能が便利 馬卓のアプリ版

こちらは先ほど紹介した『馬卓』のアプリ版で、レース予想よりもレース後の検証やメモ機能に特化したアプリです。パソコン版と同様に買い目を入力すれば、オッズなどを自動的に反映して収支計算を行ってくれます。

メモ機能は競馬日記としても活用でき、日々の小さな気づきや反省を入力し、今後のレースに活かすことが可能です。

買い目登録するだけで自動計算 馬券簿

『馬券簿』は、購入した馬券の買い目を登録するだけで、自動的に的中判定や配当を計算してくれるアプリです。レース前に買い目を入力しておけば、結果確定時には面倒な収支計算が終わっています。

このほか『競馬まとめ』という項目では、競馬予想や出走情報も無料でチェックすることができ、レース予想にも役立ちます。

Android端末対応の収支管理アプリ

Android端末を利用している人は、Android対応の収支管理アプリを活用しましょう。こちらもいろいろな種類があるので、使いやすいものをチェックしてください。

公営競技収支の記帳に レース投票収支 Lite

競馬だけではなく、競艇・競輪を楽しむ人も使えるアプリが『レース投票収支 Lite』です。

カレンダーから必要なデータを入力することでグラフ化したり年別・月別に表示させたりすることができます。1番払戻金額が多かった日や少なかった日を表示させる『ランキング機能』もあるので、過去の分析に役立つでしょう。

カレンダー入力で一目瞭然 うまろぐ

なるべくシンプルに収支管理を行いたい人は、カレンダーから買い目や払戻金を入力するのみの『うまろぐ』がおすすめです。

こちらは『見やすさ』にこだわって作られており、棒グラフや折れ線グラフを利用すれば、集計結果は一目瞭然です。入力のしやすさにもこだわっているため、淡々と日々の収支を管理したい人にはぴったりです。

メリットが多い収支管理はあなどれない

いちいち収支をつけるのは面倒だし、向いていないと考える人は多いでしょう。しかし、競馬で勝ち組になるためには、過去・現在の損益を正確に把握しておくことが重要です。

まず収支管理をきちんと行えば、自分の得意・不得意な馬券の種類やレースがわかります。また収支を管理することで、レースに対して冷静な目を向けることができます。1勝負ごとに一喜一憂して資金を注ぎ込むのではなく、長いスパンで利益が上がるよう、戦略的に考えるようになるのです。

収支管理を行うメリットはたくさんあります。まずはアプリやソフトを活用して、少しずつ収支をチェックしてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME