もやしの簡単おつまみレシピ。火を使わないで作るお手軽レシピも公開!

2019.12.03

家計の味方といえば、価格が安くて美味しく食べられるもやしです。用途が広く簡単に作れる割には、おかず、おつまみの両方として成立するので、一人暮らしの人にもおすすめです。そこでこの記事では、もやしを使ったおつまみの簡単レシピをご紹介していきます。

おつまみにもやし炒め

まず最初にご紹介するのは、「もやし炒め」です。

使用する調味料によって、和風にも中華風にもなりますので、飽きることなく食べ続けることができます。

味噌もやし炒め

水分をよく切ったもやしを、油を敷いたフライパンで炒めます。もやしがしんなりするまで炒めたら、味噌と少量のみりんを加えます。味噌とみりんが全体になじんだら完成です。

おつまみとしてはもちろんのこと、味付け次第ではご飯がすすむおかずにもなります。

お手軽!中華風もやし炒め

もやしと食べられるラー油を一緒に炒めるだけです。辛さが欲しいという人は、お好みで七味唐辛子をかけるとよいでしょう。

なお、ラー油に十分な油分があるので、フライパンに油を敷く必要はありません。

もやし炒めの注意点

おかずとして食べるなら話は別ですが、おつまみとして食べるのであれば、ある程度濃い味の方が合うはずです。

しかし、もやしには大量に水分が含まれているため、味が薄くなりがちです。なので、おつまみとしてのもやし炒めを作る際には、しっかりと炒めて水分を飛ばすことがポイントとなります。

ごま油を使った和え物も美味しい

もやしと大変相性が良いのがごま油です。そこで、もやしのごま油和えをご紹介します。

火を使わないから超簡単

まず、ジップロックにもやしを入れます。続いて、和風だしの素(顆粒)と輪切りの鷹の爪をいれます。ジップロックの封をして、よく振ります。

和風だしの素が全体に行きわたったら、お皿に移してラップをかけ、2~3分ほど電子レンジにかけます。器に盛り、ごま油をかけて軽く混ぜれば完成です。

ごま油和えと相性の良いお酒

上記でご紹介したもやしのごま油和えは、九州にある某飲食店で大人気のレシピです(お店の許可をいただいて、特別にご紹介しています)。

実際にお酒と食してみると、ウイスキーや焼酎、日本酒などとよく合います。

特に「和食に合う」と評判の「サントリー 山崎」とは、抜群の相性がありますから、山崎がお好きな方には大変おすすめです。

  • 商品名:サントリー シングルモルト ウイスキー 山崎
  • 価格:8,900円
  • Amazon:商品ページ

その他の簡単レシピ

もやし炒めやごま油和え以外にも、おすすめの簡単レシピがあります。

カレー粉+もやし

「フルボディの赤ワインをよく飲む」という人も多いと思います。そして、あまり知られていませんが、フルボディの赤ワインとよく合うのがカレー味のおつまみです。

作り方は簡単で、レンジで加熱したもやしにをカレー粉をまぶすだけ。また、ベーコンやチーズを加えてオーブンで焼くと、さらに美味しくなります。

鍋の素+もやし

最近では、一食分に小分けされた鍋の素が売られています。代表的なところでは、エバラの「プチっと鍋」シリーズです。

この鍋の素を電子レンジで加熱したもやしにかけるだけで、しっかりと味のついたおつまみになります。

「プチっと鍋」シリーズには、キムチ味やとんこつ醤油味、味噌味等がありますから、お好みのものをチョイスしてください。

  • 商品名:エバラ プチッと鍋 スンドゥブチゲ×3個
  • 価格:793円
  • Amazon:商品ページ

おつまみはもやしで作ろう

市販のおつまみを買うと、少量であるにも関わらず意外と高いものです。それよりは、価格の安いもやしを使って自分の好きな味付けにする方が断然お得といえるでしょう。

この記事でご紹介したレシピは、「料理はあまり得意ではない」という人でも失敗なく作ることができるものばかりです。ほんの数分でできてしまうので、一度試してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME