実はコーヒー消費量日本一?一度は行きたい京都の有名コーヒー店6選

2019.12.02

抹茶のイメージも強い京都ですが、実はコーヒーの消費量が日本一なのです。ハイレベルなカフェが立ち並ぶ京都はコーヒー好きにはぜひ行ってほしいお店がたくさんあります。この記事では、京都にある老舗のコーヒー店や注目のコーヒー店などをご紹介します。

コーヒー好きなら京都へ。老舗のコーヒー店

京都にいったらまずは立ち寄りたいのが昔ながらのコーヒー店。落ち着いた雰囲気が自慢の老舗コーヒー店を2つご紹介します。

老舗中の老舗。『前田珈琲』

1947年に創業し、半世紀以上愛されている前田珈琲。ブラジルとグアテマラ、そしてコロンビアの3種類をブレンドした龍之介が人気です。コーヒーにぴったりの自家製スイーツも魅力的です。

食事系のメニューもあり、特にナポリタンは絶品です。本店の建物は元呉服屋さん、レトロな雰囲気が人気の明倫店は、廃坑になった小学校をそのまま使っています。建物も魅力的なので前田珈琲をすべて回ってみたいですね。店舗によって営業時間がかなり異なるので注意してください。

  • 店舗名:前田珈琲 室町本店
  • 住所:京都市中京区蛸薬師通烏丸西入る橋弁慶町236
  • 電話番号:075-255-2588
  • 営業時間:7:00~19:00
  • 定休日:無休
  • 公式HP

隠れ家喫茶店『生きている珈琲』

四条通りの地下にある隠れ家的老舗カフェの『生きている珈琲』は、熱風低温焙煎で低い温度でゆっくりとローストしているので、まろやかで胃にも負担が少ない優しいコーヒーです。通販でもコーヒー豆を購入することができるので、自分用にはもちろんのこと、贈り物としてもおすすめです。

  • 店舗名:生きている珈琲
  • 住所:京都市下京区立売東町24 みのや四条ビル地下
  • 電話番号:075-255-3039
  • 営業時間:10:00~20:00
  • 定休日:不定休
  • 公式HP

京都で有名なコーヒー店もチェック

老舗のコーヒー店もいいですが、おしゃれな有名店も外せません。京都で話題になっているコーヒー店をチェックしましょう。

おしゃれな『アラビカコーヒー』は外せない

平日でも行列ができるほど人気の『%Arabica Kyoto(アラビカキョウト)』。世界中の豆を直輸入し、ハワイには自社農園もあるというほど徹底した豆へのこだわりに加え、ラテアートの世界大会で優勝経験のあるバリスタが入れてくれるカフェラテなども大人気です。

コーヒーのテイクアウトもできますし、こだわりのコーヒー豆を購入することもできます。オーダーしてから焙煎してくれるので、コーヒーの新鮮な香りと味が楽しめるのも魅力のポイント。ぜひ世界中で愛されるアラビカの徹底したこだわりを堪能してみてください。

  • 店舗名:アラビカ京都 東山
  • 住所:京都市東山区星野町87-5
  • 電話番号:075-746-3669
  • 営業時間:8:00~18:00
  • 定休日:無休
  • 公式HP

テイクアウトも。京都駅近くの『KURASU』

『KURASU』はコーヒーにくわしいスタッフがそろっており、コーヒーの知識を学べるカフェです。月替わりでさまざまな種類のコーヒーが楽しめます。「京都から世界にコーヒーカルチャーを」のコンセプトのもと、京都のみならず、日本で、そして世界で愛されるコーヒーを一度堪能してみてください。

  • 店舗名:KURASU
  • 住所:京都市東油小路町552
  • 電話番号:075-744-0804
  • 営業時間:8:00~18:00
  • 定休日:不定休
  • 公式HP

京都のお土産はコーヒーできまり

京都にはたくさんのお土産がありますが、おしゃれなコーヒーギフトは周りと差がつくこと間違いなしです。

『イノダコーヒー』のインスタントコーヒー

1940年に創業したイノダコーヒーには、老舗の味が自宅でも楽しめるインスタントコーヒーがあります。インスタントコーヒーなら手軽に飲めてお土産にもぴったりです。香りが豊かでコクがある贅沢なインスタントコーヒーです。

おしゃれなパッケージで人気『サーカスコーヒー』

本物のコーヒーを追求しているサーカスコーヒー。コーヒー生豆鑑定マスターが、コーヒー豆の個性を引き立たせてくれます。サーカスコーヒーはパッケージもかわいらしく、プチギフトにもぴったりのコーヒーから大切なシーンでのギフトまでそろっています。

京都でコーヒー巡りをしよう

京都を訪れた際には、ぜひコーヒー店に立ち寄ってみてください。お気に入りのコーヒーショップが見つかるかもしれません。またコーヒーショップのコーヒー豆は格別です。店員さんと相談しながら至福の一杯を探してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME