靴って洗濯機で洗えるの?下準備と洗濯ネットが丸洗いのコツ

2019.12.02

泥や雪なので靴が汚れてしまった場合、洗濯機で丸洗いできれば便利ですね。洗濯機でトラブルなく靴を洗うには、事前の準備と洗濯ネットが重要になります。そこで今回は、洗濯機で靴を洗うためのポイントやおすすめのアイテムをご紹介します。

汚い靴を洗濯機で洗う場合のコツ

靴の汚れがひどい場合、手で綺麗にするのは手間と時間がかかります。そんなときに、洗濯機で靴を洗うためのコツをご紹介します。

靴を洗濯機ですすぎ洗いする

靴を洗濯機ですすぎ洗いする場合、事前の準備が重要です。まずは靴底に溜まっているゴミや小石などを取り除きます。特にガムは粘着してトラブルの原因になるので、きちんと取っておきましょう。

次に、なるべく靴紐を外してきます。洗濯しているうちに紐が縮んでしまう場合があるからです。中敷も取り外せるものは外しておきましょう。

最後に、洗濯機に靴を入れる前に必ず洗濯用のネットに入れておきましょう。洗濯ネットに靴を入れることで、洗濯の際のトラブルを防ぐことにつながります。

注意点として、全ての靴が洗濯機で洗えるわけではありません。革靴、エナメル、ハイヒール、ミュールなどは靴が大きく痛む可能性が高いので洗濯機で洗うのは避けましょう。

靴を洗濯機でネットなしで洗えるか

靴を洗濯機で洗う場合は洗濯用のネットで包んでおくのが重要なポイントになります。それでは、ネットなしで靴を洗濯機で洗うことはできるのでしょうか。

この点、ネットなしで洗濯機で洗うのは全くおすすめできません。その理由は靴が痛みやすくなることに加えて、洗濯機の故障の原因になる場合もあるからです。

洗濯機が可動すると洗濯槽の内部を洗い物が駆け巡ることになりますが、衣服と違って靴はかなりの質量があるため、洗濯槽に勢いよくぶつかります。それによって靴と洗濯機の両方が傷んでしまうので、必ずネットを使うようにしましょう。

洗濯機を使った後に靴を乾燥させるには

無事に洗濯機で靴を洗うことができたら、次は靴を乾燥させる方法を見ていきましょう。

靴を洗濯機で脱水する方法

洗濯機には脱水機能がありますが、工夫すれば靴を洗う場合にも脱水機能を利用することができます。洗濯機は大きく分けて縦型とドラム型がありますが、脱水機能があればどちらでも大丈夫です。

洗濯機で靴を脱水する場合の注意点は、洗濯機ですすぎ洗いする場合とほぼ同じです。靴底の汚れを取り除いておく、靴紐と中敷を外しておく、洗濯用ネットに靴を入れるなどです。また、革靴やハイヒールなどは脱水も避けるべきです。

脱水した靴を乾燥させる方法

洗濯機で脱水した後に靴を完全に乾燥させるには、扇風機、ヒーター、ドライヤーなどが便利です。何らかの理由で脱水できない場合の乾燥法としても有効です。

下準備として、靴の中におにぎり程度の大きさに丸めた新聞紙を詰めておきましょう。靴と新聞紙に間があると水分を吸収しにくくなるため、新聞紙はなるべく隙間ができないように詰めます。

水濡れを防ぐために靴の下にも新聞紙を敷いておき、扇風機やヒーターなどで乾かします。扇風機は風があたりやすいように靴を置く高さを台などで調節すると便利です。

ヒーターを使う場合は30cmほど靴を離しておき、ドライヤーを使う場合は靴を傷めないように温風は避けましょう。

洗濯機で靴を洗うのに便利な洗濯ネット

洗濯機で靴を洗うための必需品といえる洗濯ネットの中から、おすすめの一品をご紹介します。

洗濯機で洗える靴専用の洗濯ネット

洗濯ネットの大きさは様々なので、靴の大きさにあっていない場合はネットの機能を十分に発揮できない場合もあります。そんなときに便利なのが靴用の洗濯ネットです。

靴を入れるのにぴったりのサイズに加えて、合計26ものクッションが洗濯時の衝撃を和らげるため、靴と洗濯機を傷めずに快適に洗濯することができます。

  •   商品名:ファイン シューズ洗濯ネット ブルー FIN-290B
  •   参考価格:1,708円(税込)
  •   Amazon 商品ページはこちら

洗濯機で手早く靴を洗ってみよう

ひどく汚れてしまった靴を丸洗いするには洗濯機が便利です。そのまま放り込むと靴も洗濯機も傷んでしまうので、靴底のゴミや小石を取り除く、紐や中敷を取り外すなどの下準備が必要です。特に重要なのが洗濯ネットですが、靴専用のネットを使うと快適です。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME