スーツとカーディガンの着こなし術。ビジネスシーンで役立てよう

2019.12.01

夏の冷房対策から冬の防寒対策に役立つカーディガンは、体温調節に大変便利なファッションアイテムです。スーツとカーディガンの着こなし術、おすすめのカーディガンをご紹介します。

スーツにカーディガンを合わせるマナーとは?

スーツと他のアイテムを組み合わせる場合、気になるのはビジネスマナー。スーツのインナーとしてカーディガンを着るのはマナー的にはどうなのでしょうか?

終活や転職など面接時は原則NG

就職活動や転職活動などの面接時のようなフォーマルなシーンでは、スーツの下にカーディガンを着るのはマナー違反なので、着用は避けましょう。

ただし、プライベートや私服面接の場はOKです。またウォームビズが推奨されている会社では、着用が認められているケースが多いです。

ビジネスカジュアルとして活用しよう

スーツにカーディガンを合わせる着こなしは、ビジネスカジュアルに分類されます。社内での防寒対策やコーディネートで、カーディガンを活用しましょう。

ボタンを外せば良いだけなので、シーンや気温によって脱いだり着たりができます。取引先と合う時だけ脱ぐというように、TPOに応じてファッションを楽しんでください。

スーツとカーディガンの着こなし術

スーツに合うカーディガンは、どう選べば良いのでしょうか?3つのポイントについてチェックしていきます。

薄手でタイトなカーディガンがおすすめ

厚手で大きめのカーディガンをスーツの下に着ると、着ぶくれしてしまいますので、なるべく薄手でピッタリとしたカーディガンを選びましょう。薄くても保温性が高いカーディガンならかさばらないので、着用しない時はバッグに入れておけます。

季節にあったカーディガンを選ぼう

冷房対策としても有効なカーディガンは、シーズンを問わず活躍します。夏に着るのであれば、ジャケットの変わりに着用するのもおすすめです。夏は涼しげで通気性が良いものを、冬は温かみがあるものと、季節に合わせてコーディネートしてください。

ビジネスシーンに適したカーディガンとは

カーディガンには、黒やグレーなどシックな色がおすすめです。スーツと同系色のVネックカーディガンなら、キッチリとした印象に。明るい色のシャツと合わせれば、派手になりすぎません。

こだわりたいなら、スーツと違う色をアクセントとして取り入れてください。柄や形に少しだけ遊び心を加えれば、さりげないオシャレを演出できます。

ビジネスシーンに合うカーディガン2選

ビジネスシーンにピッタリなカーディガンを、2つ選びました。スーツにあったものを選んで、着こなしてください。

ニットカーディガンメンズ天竺

シンプルで合わせやすい、薄手のカーディガンです。胸元がスッキリとしたVネックは、3ピース風に着こなせます。

カラーは、ビジネスシーンで活躍するブラックやグレーなどの4色。ウォッシャブル加工がしてあるので、家で洗濯ができます。

  • 商品名:ニットカーディガンメンズ天竺
  • 参考価格:3,980円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

CROCODILEカーディガン

ワニのロゴが特徴的なブランド「CROCODILE」の、洗濯ができるカーディガンです。細かく編まれた編糸は肌触りが良く、たしかな着心地を実感できます。

定番のブラックやネイビーから、少し攻めたレッドやグリーンまで全部で8色。スーツのインナーやジャケット変わりなど、色々な着こなしができます。

  • 商品名:CROCODILEカーディガンメンズ
  • 参考価格:8,690円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

ビジネスカジュアルでキメよう

手軽に温度調節ができるカーディガンは、ビジネスカジュアルに取り入れたいアイテムです。フォーマルな雰囲気を崩すことなく、ラフに着こなせます。

愛用のスーツに合わせて、コーディネートしてみましょう。季節問わずに役立つカーディガンを、ぜひ着用してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME