ビールはカロリーと糖質に注目。美味しいカロリーオフビールもご紹介

2019.11.30

ビール好きの方の中には、ビールに含まれているカロリーを気にする方もいます。この記事では、ビールのカロリーを他のお酒のカロリーと比較し、糖質についてもご説明します。おすすめのカロリーオフビールもご紹介しますのでチェックしてみてください。

ビールのカロリーは?他のお酒との比較

ビールのカロリーは、他のお酒と比べるとどのくらい高いものなのでしょうか。

他のお酒よりも実はカロリーは低い

意外かもしれませんが、実は、ビール100gあたりに含まれるカロリーは、ワインやウイスキー、焼酎などといった同量の他のお酒よりも低いのです。

メーカーによって差が出ますが、ビールのカロリーは100gあたりおよそ40kcal程度。一方でワインのカロリーは73kcalほどあり、焼酎であれば146kcalほど、ウイスキーとなれば237kcalほどまで上がります。

アルコール度数が高いものほどカロリーが高い傾向がありますが、それぞれのお酒は一度に飲む量が異なります。そのため100gあたりのカロリーだけでは太る、太らないを判別することはできませんが、同じ量を飲む場合にはビールのカロリーは他のお酒と比較してそれほど高くないということだけは事実です。

ビールのサイズごとのカロリー

ビールは100gあたり40kcalほどのカロリーがありますが、そう聞いてもなかなかピンとこないと思いますので、販売されているビールのサイズで確認してみましょう。

  • 350ml缶の場合…140kcal前後
  • 500ml缶の場合…200kcal前後
  • 中ジョッキの場合…150kcal前後

ビールにおいてカロリーより注意したいことは?

ダイエットをしている方に着目してほしいポイントは、ビールのカロリーではなく糖質です。

ビールは糖質が高い

ビールを350ml缶で見た場合、含まれている糖質は9~16gほどです。100gあたりだと3~5gほどとなります。

ダイエットで重要なのはカロリーよりも糖質だと言われています。糖質を摂ることで血糖値が上がるため、体の中に脂肪を蓄えやすくなるインスリンが分泌されてしまうからです。

焼酎の糖質がほぼ0gなので、ビールを大量に飲むことは太ることに繋がりやすいと言えるでしょう。

ダイエット中なら合わせるおつまみにも注意

ダイエット中の方であれば、ビール自体のカロリーや糖質だけではなくおつまみのカロリーや糖質にも注目してください。

ビールの量を控えて糖質の摂取量を抑えても、そこで揚げ物や甘いものなどを大量に食べてしまっては意味がありません。

おすすめなおつまみは、大豆や野菜をメインとした低糖質なおつまみです。冷ややっこといったシンプルなおつまみでも、ねぎやポン酢、生姜など様々な味の変化を楽しめます。もやしメインのおつまみもおすすめです。

ビールはカロリーオフでも美味しい。おすすめ3選

ビールのカロリーや糖質を少しでも抑えたいという方は、カロリーオフや糖質オフを謳っているビールを飲んでみましょう。

カロリーオフや糖質オフのビールは、日本におけるお酒の分類でいうところの発泡酒や新ジャンル(第3のビール)にあたります。

サントリー 金麦 糖質75%オフ

発泡酒として販売されている金麦には、糖質オフバージョンもあります。美味しさを維持しながら糖質を75%もカットしてくれています。

ややビールよりも薄味で酸味がありますが、甘みと苦みのバランスが取れていて飲みやすい1本です。人工甘味料が含まれていないので、自然な甘みが好きな方におすすめです。

  • 商品名:サントリー 金麦 糖質75%オフ 350ml×24缶
  • 参考価格:2,839円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

キリン 淡麗グリーンラベル

よりビールに近い味わいを求める方におすすめなカロリー・糖質オフビールは、こちらの淡麗グリーンラベルです。糖質は70%オフ。人工甘味料は使われていません。

本物のビールのような爽やかなホップの風味を味わうことができるうえに、のど越しの良さもおすすめの理由のひとつです。分類は発泡酒ですので通常のビールよりは少し安価。節約しながらも「我慢している感」が少ない飲みやすい1本です。

  • 商品名:キリン 淡麗グリーンラベル 350ml×24缶
  • 参考価格:3,435円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

アサヒ スタイルフリー

糖質を極限までカットしつつビールを楽しみたい方におすすめなのは、こちらのスタイルフリー。糖質0というのは、食品表示基準に基づいた表記ですので完全な0gではありませんが、ほぼ0gであることに変わりはありません。

麦の風味を重視して作られているスタイルフリーは、糖質0の発泡酒ながらもキレ味があり美味しく飲むことができます。クセが少なくあっさりしているので、濃い味つけの料理にも合います。

  • 商品名:アサヒ スタイルフリー 350ml×24缶
  • 参考価格:3,388円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

ビールはカロリーだけが太る原因とは言えない

ビールを始め、お酒はカロリーや糖質だけで太るか太らないかを決めることはできません。飲む量だけではなく、個人の代謝や体調、食べ合わせも関係します。他の酒類と比べてビールはカロリーは高くありませんが、糖質が高いので、糖質が気になる方は糖質カットのビールを試してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME