競馬ファンが集まる地方競馬の魅力。楽しみ方と充実施設の競馬場

2018.12.01

競馬ファンが足を運ぶ地方競馬の魅力は、指定席で間近に見られる興奮や、その土地ならではのグルメなどたくさんあります。地方競馬の楽しみかたと充実した施設の情報などを集めました。中央競馬と違った地方競馬ならではの楽しみを見つけてみましょう。

地方競馬の基本知識

大きなレースが繰り広げられる中央競馬にも負けない魅力が詰まっているのが地方競馬です。まずは、『地方競馬の基本』を紹介しましょう。

中央競馬はJRA、地方競馬はNARが運営

日本で開催される競馬は『中央競馬』と『地方競馬』の2つがあります。

中央競馬は『JRA日本中央競馬会』が主催しており、JRAが運営している競馬場は『函館・札幌・福島・新潟・中山・東京・中京・京都・阪神・小倉』の10カ所です。

地方競馬は『地方競馬全国協会(NAR)』が統括し、各競馬場がある都道府県や市町村が主催している競馬場です。各自治体が管理しているので、その土地の特色を活かした運営が行われています。

中央競馬と地方競馬では、運営を統括している組織が違ううえ、行われるレースのグレードや規模にも違いがあります。その他の細かい違いについても確認しておきましょう。

ダートコースが基本

中央競馬が行われる10カ所の競馬場には、『芝コースとダートコース』の2種類が完備されています。しかし、地方競馬では『ダートコースのみ』が基本で、芝コースとダートコースを保有している競馬場は『盛岡競馬場だけ』です。

地方競馬がダートコース主体で運営されている理由が『芝コースの維持費用の高さと競馬場の敷地面積の狭さ』です。芝は整備や維持の費用が高いほか、地方競馬はコースの幅と距離がコンパクトなので芝に不向きなことからも『ダートが主流』なのです。

地方重賞にはどんな競走がある?

中央競馬・地方競馬の交流を促進することで『ダート適正のある競走馬』の出走機会を増やすために体系づけられたのが『ダートグレード競走』と呼ばれるものです。

ダートグレード競走は1・2・3の3段階で格付けされ、『Gは国際競走・Jpnは日本調教馬限定競走』という格付けに使われています。代表的な地方重賞は下記の通りです。

  • フェブラリーステークス(中央競馬・G1)
  • 東海ステークス(中央競馬・G2)
  • 根岸ステークス(中央競馬・G3)
  • 東京大賞(地方競馬・Jpn1)
  • エンプレス杯(地方競馬・Jpn2)
  • TCK女王盃(地方競馬・Jpn3)

他にも多くのレースが開催されており、Gグレードが15レース・Jpnグレードが39レース開催されています。

次は、地方競馬の魅力を見ていきましょう。

地方競馬の魅力

地方競馬で開催されるレースは、中央競馬にも負けないほど良いものばかりです。中央競馬をメインに楽しんでいる人でも、1度は足を運んで欲しい地方競馬の魅力を紹介します。

平日もレースが観られる

中央競馬の開催は、祝日の月曜日に開催するケースもありますが、基本的に『土日のみ』で行われています。午前10頃から午後4時ごろまでに『1日12レース』が行われるのが通常です。

一方、地方競馬は曜日に関わらず開催されているので『平日』に行われるレースが多くあります。これは、中央競馬のレースとかぶらないように配慮しているから、と言われています。1日のレース数は『約10〜12レース』です。

土曜日と日曜日にもレースがありますが、数が少ないのも中央競馬でのレースとの兼ね合いが関係しているのです。平日は地方競馬、土日は中央競馬という楽しみ方をしているファンも多くいます。

仕事帰りに行けるナイター開催場所も

夕方から夜にかけて競馬が行われる『ナイター競馬』も地方競馬だからこその楽しみです。JRA主催のレースは日中のみの開催なので、ナイター競馬を仕事帰りの楽しみにしている競馬ファンも多くいます。

ナイター競馬が開催されている理由も、中央競馬のレースと日時をかぶらないようにするためとも言われています。平日の日中では競馬場に足を運べない社会人も、ナイター競馬なら仕事帰りに気軽に立ち寄れます。

また、地方競馬場の中でも大規模な『大井競馬場』では、期間限定で関東最大級のイルミネーションが開催されることもあります。デートでナイター競馬とイルミネーションが楽しめると若い年齢層からも人気のスポットです。

混雑度は低い傾向。ゆっくり楽しめる

現在19カ所で開催されている地方競馬は、混雑度が低い傾向があり『ゆったりと競馬を楽しむ』ことができます。地方自治体が管理しているので、開催地域ならでは特色があるのも見逃せないポイントです。

地元の競馬ファンが気軽に楽しめる空間で、混雑も少なく根強いファンが足を運ぶスポットです。

ネットで無料ライブ中継が視聴可能

地方競馬の様子はネットで無料ライブ中継が行われています。どうしても足を運ぶことができない人でも、簡単に視聴できるので『その場で』競馬を楽しみましょう。

今日のスケジュールをチェックしよう

『地方競馬全国協会(以下NAR)』が開設している公式ホームページでは、開催されるレースのスケジュールが掲載されています。中継を視聴するためにもまずは『レーススケジュール』を確認しておきましょう。

地方競馬 データ情報

NARの地方競馬ライブ

NARが提供しているサービスで『地方競馬ライブ』というものがあります。その日に開催されるレースの様子をライブ中継で楽しめるので、スケジュールを確認して早速チェックしてみましょう。会員登録もいらず、無料で楽しめます。

地方競馬ライブ

予想や結果も読める楽天競馬

予想や結果の情報もライブ中継と一緒に楽しめるサービスが『Rakuten 競馬(楽天競馬)』です。開催されている地方競馬の中継を無料で見られるほか、みんなの予想と結果がひと目でわかるサービスで楽しみやすいと人気があります。

ライブ中継や予想・結果を見るのに登録が必要ありませんが、自分の予想を投稿する場合には楽天の会員登録が必要です。

楽天競馬:地方競馬全場のオッズ・予想・投票・レース映像を提供

地方競馬 ライブ動画 トップ :楽天競馬

地方競馬の中では重賞開催が多い 大井競馬場

地方競馬の中でも重賞開催が多く注目されているのが『大井競馬場』です。1カ月に少なくても1回は重賞の開催が行われているため、多くの競馬ファンが足を運んで激戦を楽しんでいます。中でも見逃せない大井競馬場ならではのポイントをご紹介します。

駅近でアクセス抜群

大井競馬場は、浜松町駅から東京モノレールで8分の『大井競馬場前』で下車し、徒歩2分でたどり着けるアクセス抜群の立地条件が見逃せない競馬場です。無料バスのサービスも行われているので、活用してみましょう。

ゴールの瞬間が目の前のヴィクトリーシート

大井競馬場で行われる重賞レースを、ゴール直前で楽しめるのが『ヴィクトリーシート』のサービスです。指定席なので飲食物は『競馬場以外で購入されたもの』が持ち込めないので注意しましょう。

ヴィクトリーシートの通常料金は1000円で、入場料が1人100円かかります。入場は自動改札があるので、入場券を読み取り機にかざして入場しましょう。

他にも大井競馬場には有料ですが、3階に『最新鋭の設備と快適な観戦環境』が整えられた『プライム』スペースも完備されています、よりゆっくりと過ごしたい人は『プライムシート』、『プライムボックス』、『プライムルーム』を活用しましょう。価格はシート3000円・ボックス席1万2000円・ルーム3万円です。

家族連れやグループにもおすすめ 名古屋競馬場

『家族連れやグループ』で楽しめるおすすめの地方競馬が『名古屋競馬場』です。家族連れやグループだからこそ楽しめるともいえるエンターテイメント満載の名古屋競馬場の魅力を紹介します。

Jpn2は年1回、Jpn3は年2回開催

名古屋競馬場で開催されている重賞レースは『Jpn2 名古屋グランプリ』と『Jpn3 名古屋大賞典・かきつばた記念』です。地方の競走馬が激闘を繰り広げる姿を、ゆったりと堪能することができます。

広々とした駐車場が嬉しい

名古屋競馬場は『名古屋競馬場駅から徒歩3分』の好アクセスで、最大700台止められる無料駐車場もあります。自家用車でも気軽に足を運べることから、仕事帰りにナイターを楽しむ競馬ファンも少なくありません。

駐車場に車を止めて、エントランスのすぐ横の売店で競馬新聞を購入すれば『すぐにレース観戦』が楽しめます。レースが行われる日は入場に『100円』必要なので忘れないようにしておきましょう。

レース開催日以外にはファンサービスとして公式サイトで配布されている『無料入場券』を活用することで、競馬場内に気軽に入ってエンターテイメントが楽しめます。

無料入場券ダウンロード|ファンサービス|金シャチけいばNAGOYA

名古屋グルメが堪能できる

名古屋競馬場で見逃せないもう1つのポイントが『名古屋グルメ』が堪能できる売店が10店舗も展開されているところです。メニューには『串かつ・どてめし・みそかつ』など名古屋ならではのグルメが並びます。その他、中華・お寿司などメニューも豊富です。

レースの合間に『B級グルメから本格的な握り寿司、エビフライ』などバリエーション豊富な食事を楽しめるので、家族連れやグループで来場する人もたくさんいます。グループ専用ルームでレースが楽しめるので、周りを気にしないで良い点もおすすめです。

レースをじっくり鑑賞したい人にぴったり

地方競馬も、中央競馬に負けないくらいの魅力がたくさん詰まっています。ナイターを楽しんだり、家族で足を運んだり、ゆっくりと競馬の魅力に触れることができます。

中には、馬とのふれあいができる体験コーナーを設けた競馬場もあるので、子連れでも楽しめます。いつもと違った空間を楽しめる『地方競馬場』に1度は足を運んでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME