靴紐ほどけない方法は?結び方や便利グッズをチェックしよう

2019.11.23

靴紐はしっかり結んだと思っても、いつの間にかほどけていることも。ほどけてしまいます。この記事では、靴紐がほどけない結び方や、ほどけるのを防ぐ方法や便利グッズもご紹介します。

靴紐がほどけない結び方

靴紐の結び方として一般的なのが「ちょう結び」です。簡単で結びやすいですが、ほどけやすいという欠点があります。そこで、ほどけない靴紐の結び方を3つピックアップしました。

イアンノット

見た目は通常のちょう結びと変わりませんが、簡単でほどけない結び方です。一度覚えればいろいろなシーンで役立つので、ぜひマスターしてください。

  1. 通常通り1回結んだら、左は前向きに右は奥向きの輪を作ります。
  2. 左手の紐を人差し指にかけ、右手の輪に通します。
  3. 同じように右手の紐を左手の輪に通します。
  4. 2つの輪を引っ張れば完成です。

イアンセキュアノット

結び目は大きくなりますが、イアンノットよりもほどけにくい結び方です。サッカーなどの動き回るスポーツや、登山をする時におすすめです。

  1. 1回結んだら左右の紐で輪を作って交差させます。
  2. そのまま左右の輪を中央の輪に通します。
  3. 2つの輪を外側に引っ張ったら完成です。

ベルルッティ結び

革靴ブランド「ベルルッティ」の名前がついた結び方です。見た目が美しく仕上がるのでフォーマルなシーンで履く靴にも良いでしょう。

  1. 通常の方法で紐を1回通したら、右側の紐を同じようにもう一週通します。
  2. 右側の紐を左の輪に巻きつけて蝶むすびの形にします。
  3. 同じように左の輪をもう一週通して引っ張れば完成です。

靴紐がほどけない方法

結び方以外にも靴紐をほどけなくする方法はあります。2つの方法を解説するので、ぜひ試してみてください。

靴紐を変える

材質や形によって靴紐のほどけやすさは変わります。滑りやすいナイロン素材の靴紐や、筒状の靴紐はほどけやすい傾向があるのです。

滑りにくい綿素材で、平らな靴紐はほどけにくいです。靴紐がほどけるのが心配なら、こういったものに変えても良いでしょう。ただし、綿素材は汚れやすいのでレジャーには向きません。

専用のグッズを活用する

専用グッズを使えば、靴紐を結ぶ必要がなくなります。さまざまな種類があり、デザイン製にもごだわった商品が揃うのです。

中には便利な機能をもったグッズもあります。スポーツに適したものや汚れにくいものもあるので、使うシーンで選んでください。

靴紐がほどけないグッズ

靴紐がほどけないグッズには、どのような商品があるのでしょうか?通販で購入できるアイテムを紹介します。

くつひもとれな~い

靴紐を通すだけで簡単に装着できるシリコン製のグッズです。長さの調整が簡単にでき、足にしっかりフィットします。4種類のカラーから、靴に合ったものを選びましょう。

  • 商品名:くつひもとれな~い2足分(4個)
  • 参考価格:815円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

ロックレース靴紐

靴紐タイプのグッズなので所有している靴に通して使います。スポーティーなデザインで、紐を結ぶことなく自由に調節が可能です。伸縮性に優れており、スリッポンのようにはいたりぬいだりができます。

  • 商品名:ロックレース靴紐
  • 参考価格:1,304円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

シューピタッ

結び目がないため見た目がシンプルでスッキリします。汚れが落ちやすいシリコン製なのでお手入れが簡単です。カラーは12色揃っていて靴に合わせやすく、組み合わせてオシャレが楽しめます。

  • 商品名:シューピタッ
  • 参考価格:450円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

靴紐がほどける心配がなくなる

普通の蝶結びではすぐにほどけてしまう靴紐ですが、結び方やグッズで十分に対策ができます。激しい運動をするときや、結び直せないシーンのときに、この記事で紹介した方法をぜひ試してみてください。靴紐を何度も結び直すストレスから開放されましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME