靴にあたって小指が痛い!そんな時の対策や応急処置を解説

2019.11.30

サイズのあっていない靴を長時間履くと、靴擦れを起こして小指が痛くなった経験は誰しもがあるのではないでしょうか。この記事では、小指が痛くなるのを防ぐ靴の選び方から、痛くならないようにする対策、痛くなってしまった時の応急処置に便利なアイテムをご紹介します。

小指が痛いのを予防する靴のサイズの選び方

まずは、小指が痛くなるのを防ぐための靴のサイズの選び方をご紹介します。

靴を履いて小指が痛い主な原因

スニーカーなどの靴を履いた際に小指が痛くなる主な原因は、小指が親指の方向に向いてしまっている点にあります。小指が親指の方を向くと、骨の部分は外側に傾くことになります。外側に向いた小指が靴と擦れることで痛みの原因になります。

また、小指は体の体重がかかりやすい部分なので、靴のサイズが合っていなければ負担がかかり、靴擦れを起こすことが多くなっています。

靴には様々な形がありますが、デザインによって小指が親指の側に向きやすいものとそうでないものがあります。靴を選ぶ際には、まず試着して小指がどうなるかを確認することが大切です。

小指が痛くない靴の選び方

靴を試着する際にチェックすべきポイントは、紐のある靴とない靴によって異なります。

紐のある靴の場合、かかとの部分が重要になります。かかとがきちんと靴の中に収まっているかをチェックしてから、靴ひもを結んでもきつすぎないかを確かめます。

次に紐のない靴の場合は、アッパーの部分が足にしっかりフィットするかを確認します。靴のライニング(内側の革)が小指にしっかりと沿っているかがポイントです。紐のない靴は調節ができないため、試着の段階で確認することが特に重要になります。

また、土踏まずの部分が体にフィットしていることも重要です。フィットしていないと靴の中の足が十分に固定されずに疲れやすくなったり、靴擦れや痛みを引き起こす原因になります。

怪我を防止するためには、土踏まずの部分に広い面積を十分に確保することが大切です。靴の中底がアーチを支えている状態で、かつソール部分に軽く接触していると足に負担が掛かりにくいです。

靴で小指が痛いときの対策と応急処置

靴が原因で小指が痛いときに有効な対策と、簡単な応急処置をご紹介します。

靴で小指が痛いときの対策

小指が痛んで靴擦れになるのを防止するための対策として有効なのがテーピングです。靴と足が擦れることで痛みが生じるため、擦れやすい部分をテーピングしておくと傷みにくくなります。

小指をテーピングする場合は、指の上部や横から巻くと、歩いている間に靴や薬指と接触して剥がれやすくなってしまいますので、指の裏側から巻いていくのがコツです。

靴で小指が痛いときの応急処置

テーピングなどが間に合わずに小指が痛くなってしまった場合の応急処置として便利なのは絆創膏です。数枚の絆創膏を小指と靴の間に重ねれば、クッションのようになって痛みや衝撃を軽減することができます。

足と靴が合っていないことが痛みの主な原因なので、できるだけ早く靴を取り替える必要がありますが、それまでの繋ぎとして絆創膏を貼っておくと有効です。

小指が痛いときの対象法に便利な絆創膏

靴が原因で小指が痛くなったときの対処法としておすすめの絆創膏をご紹介します。

小指が痛いときに便利な絆創膏

絆創膏の代名詞としても有名なバンドエイドの一品です。高いクッション性によって靴擦れを起こしている部分の痛みを和らげます。半透明で目立たないのも便利。

患部にピッタリと密着する二重の粘着構造と、水に強い防水加工によって、あらゆるシチュエーションで傷を十分に保護してくれます。

  •   商品名:バンドエイド キズパワーパッド 靴ずれ用
  •   参考価格:652円(税込)
  •   Amazon 商品ページはこちら

靴で小指が痛くならないように対策を

サイズの合っていない靴を履くと小指が靴と擦れて痛みの原因になります。小指が痛いときは応急処置として絆創膏を数枚重ねてクッションにすると便利です。急な靴擦れに備えて、バッグなどに常備しておくと便利です。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME