エルメスの人気メンズバッグは?ビジネスからカジュアルラインまでまとめ

2019.11.29

「スカーフ」や「バーキン」など、女性のイメージが強いエルメスですが、実は使い勝手と洗練されたデザインが魅力のメンズラインもおすすめです。今回はエルメスの人気メンズバッグを、ビジネスやカジュアルなどシーン別にご紹介していきます。

エルメスのメンズバッグとは?

元々馬具メーカーだったエルメスは、上質で耐久性に優れたレザーアイテムが特徴です。毎日使ってもへこたれず、飽きのこないシンプルなデザインのメンズバッグは長く愛用できるバッグとして男性に人気のレザーアイテムとなっています。

シンプルなデザインと良質な素材

エルメスのメンズバッグは柔らかく使うほどに艶が出て手に馴染む上質なレザーと、シンプルでコーディネートの邪魔をしない上品なデザインが特徴です。

カラーはブラックやネイビー、ブラウンなどの基本色を始め、ダークグリーンやエンジなど個性的なカラー展開も魅力です。ビジネスからカジュアルまで、用途や目的に合わせたメンズバッグが豊富にラインナップされています。

ビジネス向け「書類ケース」種類まとめ

エルメスのビジネスバッグの中でも特に洗練されたデザインが人気の「書類ケース」。レトロさもありながら現代でもスタイリッシュに使えるエルメスの「書類ケース」は、時代を問わず働く男性たちに愛されています。

サック・ア・デペッシュ

1928年に誕生した「サック・ア・デペッシュ」は「吉報を持ち運ぶ書類ケース」として、現在でも多くの人に愛される伝統的デザインの書類ケースです。こだわりの留め具やハンドルは無駄のないシンプルなデザインで、レトロなフォルムが印象的です。

「サック・ア・デペッシュ」は、定価にして約100万円。マチが少なく脇に抱えて持ち運べる「ライト」も人気です。

  • 商品名:エルメス サック・ア・デペッシュ
  • 定価:1,040,600円
  • 公式:商品ページ

セルヴィエット

1957年に誕生したデザインの復刻版である「セルヴィエット」は、ファスナーをぐるっと一周させれば完全見開きになるスリムでコンパクトな書類ケースです。「サック・ア・デペッシュ」と同じハンドルで手提げとしてはもちろん、脇に抱えても持ち運べるライトで使いやすいフォルムが特徴です。

カラーはブルー・インディゴ(ネイビー)、ブラック、グリ・エタン(グレージュ)の3色で、価格は724,900円。

  • 商品名:エルメス セルヴィエット
  • 定価:724,900円
  • 公式:商品ページ

ヴィクトリア

ボストンタイプの書類ケース「ヴィクトリア」は、たっぷりのマチで書類やノートパソコン、タブレットなどオフィスグッズを全て収納できる大容量サイズが魅力です。ファスナーが2つついているので両手で大きく開けるのもポイント。レトロでシックなデザインが特徴です。

マチ9cmの通常サイズの他、マチの長さが約半分のスリムな「ライト」タイプもあります。価格はサイズによって異なり、60万円〜70万円となっています。

  • 商品名:エルメス ヴィクトリア(ライト)
  • 定価:603,900円
  • 公式:商品ページ

カジュアル向けメンズバッグまとめ

続いては、普段使いにおすすめのカジュアルラインをご紹介していきます。エルメスには珍しいスポーツタイプのボディバッグやバックパックなど、メンズならではのラインナップが揃っています。

シティバッグ

エルメスが初のメンズ向けバックパックとして発売した「シティバッグ」は、空気力学に基づいて設計された丸みのあるフォルムと人間工学に基づいて設計されたストラップで抜群の使い心地を追求した渾身の一作です。

バッグパックでありながらジッパーが面から見えない洗練されたデザインはエルメスらしい上品さを備えています。カラーはブラックやネイビーで価格は90万円〜100万円が目安となっています。

  • 商品名:エルメス シティバッグ
  • 価格:994,400円
  • 公式:商品ページ

シティスライド メッセンジャー

経年変化を楽しめる柔らかい光沢のあるレザーを使った「シティスライド」は、エルメスの定番バックル「エトリヴィエール」がアクセントになったスポーティなメッセンジャーバッグです。

カラーは深みのあるグリーンなどシンプルなコーディネートにも映える美しいカラーリングが特徴で、価格は70万円が目安となっています。

  • 商品名:エルメス シティスライド メッセンジャー
  • 価格:706,200円
  • 公式:商品ページ

ビジネスもタウンユースもエルメスにお任せ

いかがでしたか?エルメスのメンズバッグはビジネスからタウンユースまで豊富にラインナップされています。高品質な耐久性と飽きのこないデザインは、長年の相棒として活躍してくれること間違いなし。ぜひお気に入りの1点を見つけてみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME