今日から使いたくなる競馬用語集。馬やレースの状況把握に役立つ言葉

2018.12.01

今日から使いたい、知っておくと便利な競馬用語を紹介します。競走馬の状況やレースの状況を理解するためにも、競馬用語を覚えておくことはとても大切です。初心者でも、上級者でも覚えておきたい競馬用語を確認してみましょう。

初心者が知っておきたい競馬用語

まずは、初心者が知っておきたい競馬用語を紹介します。競馬を楽しむためにも、便利な用語から、知っておくことでスムーズに競馬が楽しめる用語などを中心に確認していきましょう。

馬券の種類や買い方は一通り知っておこう

中央競馬場で販売されている馬券の種類は9種類です。どのような馬券でどうやって購入するのかを確認しておきましょう。

  • 単勝・・・レースで1着に入る競走馬の『馬番号』を当てる
  • 複勝・・・レースで3着以内に入る競走馬の『馬番号』を当てる
  • 応援馬券・・・単勝と複勝を同時に購入する馬券
  • 枠連・・・順不同で1着と2着に入る競走馬の『枠番号』の組み合わせを当てる
  • 馬連・・・1着と2着に入る競走馬の『馬番号』を当てる
  • ワイド・・・3着までに入る2頭の競走馬の『馬番号』を当てる
  • 3連複・・・順不同で1〜3着に入る競走馬の『馬番号』を当てる
  • 3連単・・・着順通りに1〜3着に入る競走馬の『馬番号』を当てる
  • WIN5・・・JRAが指定する5つのレースの1着に入る競走馬の『馬番号』を当てる

基本的な馬券の種類は上記の9種類ですが、他にもインターネット投票限定の『SPAT4LOTO』と呼ばれるものもあります。指定された3レースの3連単を全て予想するもので、競馬界の宝くじとも呼ばれる高配当が期待できる馬券です。

基本となる9種類の馬券は、全て競馬場に用意されたマークカードに記入して『窓口か自動発券機』に持っていき『支払い』を済ませると馬券の購入ができるので覚えておきましょう。

次に、馬券の買い方を確認していきましょう。馬券の買い方にはいくつか種類があるので紹介しておきます。

  • ボックス・・・組み合わせたい『馬番号か枠番号』をいくつか決めて、全ての組み合わせを購入する方法です。買い目が増えますが、的中率を上げたいときに使われます。
  • 流し・・・軸馬を決めておき、そこから他の馬番号を流すように購入する方法です。他の競走馬を全て選択したときは『総流し』といわれます。
  • フォーメーション・・・1着馬、2着馬、3着馬のそれぞれの枠に1頭以上選択して、購入可能な組み合わせを全て購入する買い方です。3連単などの組み合わせが多い馬券で、買い目を絞るために使われます。

少し難しいですが、ボックスや流しを使った多くの馬券術があるので言葉だけでも覚えておくようにしましょう。

オッズの意味と確認方法

次に、競馬を予想するときに誰もが確認する『オッズ』について紹介します。

オッズとは、馬券が的中した場合の『概算配当率』が表示されたものです。レースに関係する馬券の売上によってオッズは変動するので、このオッズを目安にいくらの配当金が出るのかを確認できます。

オッズは馬券購入がギリギリまでできるので、レース開始のギリギリまで変動していきます。また、複勝など組み合わせによってオッズが変動するものは、レースが確定するまではオッズが確定しません。それまでは目安のオッズが表示されているので活用しましょう。

競走馬に関する用語

次に、競走馬に関する用語を覚えておきましょう。馬券の種類や買い方、オッズは基本の中の基本ですが、この競走馬に関する用語を覚えておくのも『情報から予想するための基本』ともいえます。しっかりと覚えておくと競馬新聞を読むときにも便利です。

高配当のチャンスを生む、穴馬・大穴

穴馬とは、人気が高い競走馬の人気が下がり、馬の状態が上向きになったときのことを呼びます。穴(あな)では、人気馬が負けたり、不人気馬が連勝したりして高配当になることの意味があることから『穴馬を狙う』は高配当の馬を狙うという使い方をされることもあります。

次に、大穴とは『大きな配当を意味する言葉』で、競馬では予想外の結果が生み出した大きな配当を意味しています。単勝は2000円以上、連勝では10000万円以上で大穴と言えますが、場合によっては50000円以上の万馬券でも使われることがあります。

これらを知っておくと高配当が出たのか、高配当の狙いはどこなのかを理解するのに便利なので初心者でも覚えておきましょう。

勝ち負け具合を表す、ソコソコ

勝ち負けの具合を表す言葉で『ソコソコ』というものがあります。五分以上の勝負になりそうなときや、見せ場を作りそうな走りをするときにもソコソコが使われます。

アラアラの勝負という言い方もされますが、アラアラは、手応えが怪しくなりバテかけたという意味も持っています。騎手などが「途中からアラアラだった」という表現をすることがあるので覚えておきましょう。

3番手くらいに行ける、先行力のある馬

先に行く力のある競走馬のことを『先行力のある馬』と表現することがあります。逃げる場合では、「3番手ぐらいまでには行ける先行力のある馬」などの表現で使われる言葉です。

先行力のある馬では、逃げや先行の戦略をとったときにどのくらいまで行けるかという点が注目されます。表現としては、『何番手くらい』という予想と一緒に使われることも多い言葉です。

レースの種類に関する用語

レースの種類に関する用語も覚えていきましょう。どのようなレースが開催されるのかを理解するためにも、覚えておきたい言葉がいくつかあります。

重賞

特別競走の中でも賞金額が高い、重要なレースという意味を持っているのが重賞という言葉です。古くから開催されている5大クラシックレースや天皇賞、最高賞金額の有馬記念などのレースは全て重賞レースです。

指定交流競走、ダートグレード競走

『指定交流競走』は、地方や外国の競走馬や騎手を招待して行われるレースのことです。交流を目的に行われていますが、普段とは違った競走馬を見られるため、多くの競馬ファンが注目しているレースです。

『ダートグレード競走』は、ダート適正のある競走馬の出走機会の拡大を狙って行われるようになったダート交流重賞競走の総称です。目的や重要性で格付けされており、国際競争の『G』と日本調教馬限定の『Jpn』の2種類が開催されています。

オープン競走、条件レース

オープン競走は、決められた条件がないかぎり『すべての競走馬』が出走できるレースのことです。全ての競走馬が出走できますが、実力が均等になるように下限だけが設定されていることがほとんどです。

条件レースとは、条件の付けられたレースのことです。そのままの意味ですが、未勝利戦や特別レースは含まれておらず『500万円以下・1000万円以下・1600万円以下』のレースのことを条件レースと呼んでいます。

レースの種類に合わせて用語があるので、どのようなレースがあるのかは用語を知らないとほとんどわかりません。しっかりとレースについている用語の意味を覚えておくようにしましょう。

次に、白熱のレース中に使われる用語について確認していきましょう。今、応援している競走馬がどのような状況かを判断するのに役立ちます。

レース中に使う用語

レース中には、競走馬の状況や今なにが起きたのかを説明するためにさまざまな用語が使われます。わかりやすいものからいくつか紹介するので覚えておきましょう。

さす

さすとは、内側に突然走りだすことです。レース中にムチを入れると『さす』場合が多く、騎手は意図的に狙うことで後半から速い脚を使って馬をかわすときに使われます。

似たような言葉で差し馬というものがありますが、これはレースの第4コーナーから直線にかけて『先行する競走馬』を追い抜くレースをする競走馬のことです。

息を入れる、ためる

息を入れるとは、逃げ馬に対して『一休みをしてラストスパートのスタミナを残す』ときに使われる言葉です。騎手の腕に大きく左右される部分ですが、上手く行けばラストスパートでも逃げ切りが期待できます。

ためるという言葉も『息を入れる』と同じ意味で使われるので覚えておきましょう。

まくるは本来競馬用語ではない?

『まくる』『マクり』は先行しているラインを最後の周回で外からコーナーにかけて旋回して追い抜いていくことです。しかし、本来は競馬用語ではなく、競輪の一部ファンや関係者だけが使っていた言葉だったようです。

このまくる・マクりは『競輪用語』で、女性が振袖をまくる様子に例えて使われるようになったそうです。競輪で見られるまくりのような行為が、競馬でも見られるのでこのように言われるようになりました。

他に、知っているとかっこいい競馬用語は?

知っておくと便利な言葉や、使ってみるとかっこいい競馬用語も紹介します。ちょっと違った専門用語を使って表現してみるのも楽しいので、余裕があれば覚えておきましょう。

鉄砲使い、鉄砲の利く馬

競馬用語で鉄砲とは、長期の休養明けでレースに挑むことです。長期休養明けでレースに競走馬を出すことを『鉄砲使い』、鉄砲使いで良いレースをする競走馬を『鉄砲の利く馬』と呼ぶものです。

休養していた期間があっても好成績を残してくれる競走馬は少なくないので、意外と使うシーンはあるかもしれません。

マイラー

マイラーとは、1マイル(約1600m)の距離のレースが得意な競走馬のことを呼ぶ言葉です。海外の距離の換算であるマイルから作られた言葉で、海外レースではマイル表記があるため約1600mという部分を先に覚えるのがおすすめです。

ちなみに、中距離の2000m前後を得意とする競走馬は『ミドルディスタンスホース』と呼びます。長距離が得意な競走馬は『ステイヤー』と呼ぶのも一緒に覚えておくと良いでしょう。

折り合い、かかる

折り合いとは、騎手と競走馬の相性や調和の状態を表します。騎手と競走馬が上手く一体となっている姿はピタリと折り合うという表現がされます。反対に、全く折り合いがついていない状態のことを『かかる』と言います。

用語を知れば知るほどレースが楽しめる

紹介した用語のほかにもたくさんの競馬用語があります。JRAの公式サイトなどに、索引があるのでわからない言葉はしっかりと調べて理解することも、競馬では大切です。

どのような言葉がどのような状態を意味しているのかを知ると、より競馬を楽しめるようになることでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME