スピーカーは自作がおすすめ。基本の作り方や便利なアイテムとは

2019.11.28

オーディオ好きの人には、スピーカーを自作する人がいます。自作スピーカーは音質やデザインを自分好みにカスタムできるのがメリットで、コストパフォーマンスにも優れています。初心者は組み立てキットを活用して自作にチャレンジしてみましょう。

自作のスピーカーがおすすめな理由

音の出る原理と構造を理解し、スピーカーのDIYに挑戦してみましょう。市販のスピーカーを使わず、自作するメリットはどのような点があるのでしょうか?

自分だけのオリジナルスピーカーを作れる

スピーカーユニットやエンクロージャーの組み合わせは何通りもあり、音質を追求していくと、市販のスピーカーにはない自分好みのサウンドが生み出せます。

音質だけではなく、デザイン面においても自由にアレンジができるので、世界に一つだけのオリジナルスピーカーが出来上がるでしょう。

苦労して作った分、自作スピーカーに深い愛着が湧き、音を聴くのがより楽しくなります。

サイズや見た目を自由にカスタムできる

自作スピーカーは、サイズや見た目、パーツが自由にカスタムできます。

部屋のキャビネットにジャストサイズのスピーカーを作るのも良いですし、インテリアとして見栄えの良いものも作れるでしょう。自作ならではのメリットとしても、デザインのアイデアが多数あるのも挙げられます。

多くの改造を加えるのが難しい初心者は、市販の組み立てキットを活用し、エンクロージャーの塗装に力を入れるのも良いでしょう。

音楽の知識が深まる

スピーカーを自作するには、音が出る仕組みや構造を把握しなければなりません。自分好みの音質を追求するなら、なおさら深い知識が必要です。

一度スピーカーを自作すると、オーディオ機器に対する知識が豊富になるだけでなく、これまで何気なく聴いていた楽曲の音にも敏感になるでしょう。

「今度はこうしてみたい」という自分なりのこだわりを持つようになるかもしれません。

自作スピーカーの作り方を知ろう

スピーカーは、電気信号を振動に変換して音にする『スピーカーユニット』と、スピーカーユニットを格納する『エンクロージャー』の二つから成り立ちます。パーツの選び方や作り方のポイントを確認しましょう。

ユニットとエンクロージャーを選ぶ

製作に入る前に、理想の音質を再現するパーツ選びを行いましょう。

『スピーカーユニット』は、全音域を一つのスピーカーでまかなう『フルレンジ』と、帯域を分けて各専用のスピーカーに分担させる『マルチウェイ(2way・3way)』に大別されます。

スピーカーユニットの振動板の形はドーム型・コーン型・ホーン型・リボン型などがあり、どれを選ぶかによって得意とする音域と音の表現が大きく変わります。

『エンクロージャー』は、低音の響きを左右する重要なパーツとなっていますので、スピーカーユニットに合った容積や形状を選ばなければなりません。『密閉型』と空気の出入り孔が付いた『バスレフ型』が主流です。

組み立てキットを使うとさらに簡単

家電量販店や通販では、スピーカーの組み立てキットが購入できます。アンプやユニット、エンクロージャーが全て含まれたフルキットはコストパフォーマンスが高く、自分で材料を用意する手間が省けます。

エンクロージャーは合板をカッティングして好みの大きさに作るのも良いですが、仕上がりの良さを求めるなら、組み立て済みのエンクロージャーキットを購入するのがおすすめです。

エンクロージャー交換で音質の聴き比べ

スピーカーの音質を左右する要素はたくさんありますが、その一つが『エンクロージャー』です。さまざまな種類のエンクロージャーを交換して聴き比べ、ユニットの特性が最大限生かされるものを選びましょう。

『密閉型』はタイトで締まりのある低音になり、『バスレフ型』は伸びと豊かな量感のある低音になります。

エンクロージャーの容積や吸音材の貼り方でも音質は変わるので、いろいろな方法を試しながら、好みの音質を追求しましょう。

おすすめの自作スピーカーアイテムを紹介

自作スピーカーに初挑戦する人は材料が全て含まれた『組み立てキット』を、自作に慣れてきたら『単体のスピーカーユニット』を選ぶのがおすすめです。

自作用ユニット FOSTEX 10cmコーン型 FF105WK

『FOSTEX』は東京に本社を置く老舗オーディオ機器メーカ『フォスター電機』の自社ブランドで、自分好みにカスタマイズできるさまざまなパーツを取り扱っています。

『10cmコーン型 FF105WK』はバスレフ専用設計のフルレンジユニットで、自然な響きの中高域と深みのある中低域のバランスが特徴です。さまざまなエンクロージャーを交換しながら、自分好みのサウンドを作り上げましょう。

  • 商品名:FOSTEX 10cmコーン型 FF105WK
  • 価格:6780円(税込)
  • Amazon:商品ページ

便利なキットもある FOSTEX かんすぴセット 8cm

自宅で簡単に本格スピーカーが作れる『かんすぴシリーズ』は、はじめてフルレンジスピーカーを自作する初心者に人気のキットです。

8cmのフルレンジ・スピーカーボックス・アンプ・スピーカーケーブルが付いており、ほかに材料をそろえる必要がありません。

素直ですっきりとした音質なので、お気に入りの音楽を聴いたり、テレビの視聴用にして活用している人が多いようです。

アンプAP05は超小型タイプ(5W+5W)です。よりパワーが欲しい時は、同メーカーのAP15d(15W+15W)に付け替えるのも良いでしょう。

  • 商品名:FOSTEX かんすぴセット 8cm
  • 価格:1万1661円(税込)
  • Amazon:商品ページ

スピーカーの自作に挑戦しよう

自作のスピーカーは、スピーカー音の出入り口となるスピーカーユニットにエンクロージャーを組み合わせれば良いだけなので、作り方の手順はシンプルです。

パーツを交換したり、エンクロージャーの形状を変えたりして、自分好みの音質に仕上げましょう。自作スピーカー入門者は、組み立てキットを上手に活用するのがポイントです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME