スーツと合わせる靴下は?基本のルールとおしゃれに着こなすコツ

2019.11.26

スーツを着るなら、足先までこだわりたいもの。しかし、ビジネスシーンで履く靴下には、色々なマナーもあります。基本的なルールを学びつつ、カジュアルな着こなしについても紹介。スーツと合わせる靴下で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ビジネスシーンの靴下マナー

スーツの着こなしには厳格なマナーがあります。ビジネスシーンに最適な靴下について、解説しましょう。

スーツと同色に揃えよう

ビジネスシーンで履く靴下の色は、スーツや革靴と揃えましょう。ブラックやグレー、濃いネイビーといった暗い色を選ぶのがマナーです。白の靴下はマナー違反になるので、スーツを着る時は避けましょう。

基本的にはロゴのない無地のものを。スーツが無地であれば、シンプルな柄物の靴下と合わせてもOKです。ただし、冠婚葬祭でモーニングコートと合わせるストライプは、スーツと一緒に履いてはいけません。

肌が見えない靴下を選ぶ

スーツで靴下を履くときは、肌が見えない丈のものを選びましょう。かがんた時に、素肌が見えるのはマナー違反です。

かがんでも肌が見えず、動いてもズレずれにくい、膝丈のロングホーズがおすすめです。汗からスーツを保護できるので、スーツの生地も傷みにくくなります。

おしゃれな靴下見せに挑戦

最近では、スーツを自由に着こなすスタイルが一般的になってきました。上記のマナーを厳格に順守する会社もありますが、一部の会社では、カジュアルな着こなしも認められるようになってきています。少し崩した遊びのあるビジネススタイルで、新しいおしゃれを楽しみましょう。

チラ見せでおしゃれに

ある程度カジュアルな服装が認められている職場でも、崩しすぎはいけません。まずは靴下で小さなおしゃれを。安価で揃えやすく、日替わりで色々なコーディネートができます。

足元でチラリと見せることで、ワンランク上のおしゃれを楽しむことが可能です。差し色として、少し攻めたコーディネートに挑戦してみましょう。

色の合わせ方は?

初心者はスーツや靴と同系色の柄物靴下から。少し華やかな柄を選べば、さりげないおしゃれを楽しめます。あえてスーツと少し違う色の靴下にするのもおすすめです。

ネクタイやチーフと色をあわせることで、コーディネートに統一感を出せます。カラフルなアイテムと組み合わせれば、よりラフな雰囲気になるでしょう。

まったく違った色の靴下を履くのは上級テク。必ずスーツとの組み合わせを見てから、履く靴下を選んでください。

スーツにおすすめの靴下を紹介

スーツに合わせるのにピッタリな、靴下を3つピックアップしました。ビジネスシーンやビジネスカジュアルにピッタリな商品を揃えたので、参考にしてください。

綿無地ビジネスソックス

抗菌と消臭加工をほどこした、働くビジネスマンにピッタリの靴下です。薄くても丈夫で、高品質な日本製。ダブルの口ゴムによって、長時間履いてもズレてきません。

  • 商品名:綿無地ビジネスソックス3足組
  • 参考価格:1,650円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

ビジネスソックスフォーマルデザイン

フォーマルでも着用できる、柄物ソックスのセットです。10のデザインが揃っているので、足元のオシャレが手軽に。派手すぎない色は、フォーマルとカジュアル、どちらでも活用できます。

  • 商品名:ビジネスソックスフォーマルデザイン10足セット
  • 参考価格:2,037円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

ロングホーズハイソックス

6色のカラーバリエーションから選べる、ロングホースの靴下です。表糸は綿100%なので、肌触りがとても良い。冬は温かく夏は涼しいため、季節に関係なく履くことができます。

  • 商品名:ロングホーズハイソックス
  • 参考価格:660円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

男のおしゃれは足元から始まる

スーツに合わせる靴下はとても重要です。ビジネスやプライベートなど、シーンに合わせて最適なものを選んでください。

この記事で紹介した靴下を参考に、ピッタリ合う一足を。頭から足元までビシッと決めて、できる男を演出しましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME