高級なボールペンと言えばパーカー。その魅力と定番のおすすめ商品3選

2019.11.25

ビジネスの場でも使える高級筆記具のブランド「パーカー」。日常使い用からギフト向きのものまで、様々なシリーズのボールペンを販売しています。この記事ではパーカーのボールペンの魅力や選び方、おすすめ商品についてご紹介します。

筆記用具の一流ブランド『パーカー』

パーカーは世界的に有名なイギリスの高級筆記具ブランド。中でもボールペンはパーカーで最も人気がある商品の一つです。

世界で最も愛されているペン

パーカーのボールペンは世界135ヵ国で使用されており、「世界で最も愛されているペン」と称されています。シリーズの中で一番歴史が古い「ジョッター」は、現在まで7億5000万本も販売された実績があります。どのシリーズも耐久性に優れているため、長く使えるという点が魅力です。

代表的なシリーズと特徴

パーカーのボールペンは様々なシリーズが発売されています。中でも代表的なシリーズとその特徴をご紹介します。

  • デュオフォールド(3万円~):重厚感がある最高級シリーズ。ギフト向き。
  • プリミエ(2万円~):一般的なサイズで使いやすい。若い男性に好まれる。
  • ソネット(1万円~):上品で高級感のあるロングセラー商品。
  • ジョッター(1000円~):シンプルで機能性に優れた商品。カラバリが豊富。
  • アーバン(2000円~):機能性とデザイン性のバランスが取れたシリーズ。
  • IM(2000~):持ちやすく安定感のある書き心地が魅力のシリーズ。
  • フロンティア(2000円~):適度な太さで持ちやすい。入門編におすすめ。
  • ベクター(1000円):低価格でするする書ける、コスパ抜群な商品。

パーカーのボールペンを選ぶポイント

パーカーのボールペンを購入する際に、自分に合った商品を選ぶポイントについてご紹介します。

予算・値段で選ぶ

パーカーのボールペンは安いもので1000円、高いものは5万円以上まで値段がピンキリです。

入門で購入するなら1000~3000円程度、長く使えるちょっと良いものを求めるなら1万円程度、お世話になった人のギフトなら2~3万円など大体の値段を決めましょう。予算に合わせてシリーズを限定して選ぶのもおすすめ。

書きやすさで選ぶ

ボールペンは文字を書いて初めて活躍するものです。当たり前のことですが、まずはしっかり手に馴染むものを選ぶことが大切です。太さやサイズはもちろん、程よい重さで重心が安定しているかどうかも重要なポイント。

パーカーの店頭では様々なボールペンを試し書き出来る他、コンシェルジュの方がおすすめのボールペンを提案してくれます。

デザインの好みで選ぶ

もちろん機能面だけでなくデザインも大切です。自分の服装や年齢に合っていて、長く持ちたいと思える商品か吟味しましょう。ペン先の出し方もノック式、ツイスト式、キャップ式と種類があります。素早く使いたいならノック式、ビジネスの場で使うならツイスト式などシーンに合わせて選ぶのがポイントです。

パーカーのおすすめボールペン3選

パーカーのボールペンの中でも人気が高く、入門におすすめの商品をご紹介します。

ソネット マットブラックGT

根強い人気を誇る、パーカーの定番商品。洗練されたエレガンスなデザインと、繊細で清らかな書き心地が魅力です。自分用にちょっといいボールペンが欲しい、とりあえず定番から試したいという方におすすめ。

・ サイズ:138mmx8mm/ツイスト繰出し式/28g ・ 参考価格:¥6,382(税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

アーバン ロンドンキャブブラックCT

太すぎず細すぎず、ちょうど手にフィットする持ちやすさが特徴の商品。サイズはもちろん、重量まで計算されていて安定した書き心地。機能性だけでなく個性的なデザインも魅力です。

・ サイズ:139x12mm ・ 参考価格:¥1,920(税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

ジョッター コアライン ブラックCT

日常的に使いやすいノック式ボールペン。シンプルなデザインでカラーバリエーションが豊富。ワンランク上の書き心地を求める方におすすめです。

・ サイズ: 長さ131.5mmx軸径10mm ・ 参考価格:¥1,352(税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

高級ボールペンはパーカー製品がおすすめ

初めて高級ボールペンを購入するなら、世界的に有名で歴史もあるパーカー製品がおすすめです。安価なものでも安定感があり、値段以上の書き心地を体感できます。1万円以上する高級品は素晴らしいクオリティで、ギフトにも喜ばれること間違いなしです。気になる方はぜひ一度店頭で試し書きをしてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME