ライ・ウイスキーで作る『オリエンタル』。自宅でできるレシピと材料

2019.11.25

日の出を連想させる美しい見た目が印象的な「オリエンタル」。芳醇な香りと甘酸っぱい爽やかな味わいを楽しめる、女性に人気のカクテルです。この記事では、オリエンタルの特徴や美味しい飲み方、レシピとおすすめの材料についてご紹介します。

ウイスキーベースのカクテル「オリエンタル」

オリエンタルは、ウイスキーをベースにベルモットやホワイトキュラソー、ライムジュースを加えて作るショートカクテルです。

カクテル『オリエンタル』の特徴

カクテル名は英語で「東洋の」、「東洋人」と訳せますが、元々古代ローマでは「日が昇る方向」という意味で使われていたそうです。透明感のある黄色がかったブラウンの中にマラスキーノ・チェリーが沈んでいる様子が、まるで日の出のようにも見えます。口当たりがいいわりに度数は25%前後とやや高めのため、飲み過ぎには注意しましょう。

味わいや美味しい飲み方

オリエンタルのテイストは甘口~中口です。TPOはオールデイ(いつでも)です。特に食前またはカクテルタイムにいただくのがおすすめです。

味わいは爽やかで甘酸っぱく、ホワイトキュラソーとライムのフルーティーな香りが口いっぱいに広がります。ベースのライ・ウイスキーは苦みがありますが、スイート・ベルモットの甘みで少し緩和されています。

『オリエンタル』の作り方(レシピ)

自宅で手軽に作れるオリエンタルのレシピと、代表的な材料をご紹介します。

材料(グラス使用/1杯分)

ライ・ウイスキー…30ml スイート・ベルモット…10ml ホワイト・キュラソー…10ml ライム・ジュース…10ml マラスキーノ・チェリー…1個

引用:カクテルの響き

一般的にはライ・ウイスキーが使用されますが、自宅で作る場合は他のウイスキーを使用しても問題ありません。マラスキーノ・チェリーは見た目を美しく飾るためのものなので省いても味には影響しません。

作り方(手順)

  • 材料と氷をシェイカーに入れる。
  • シェイクしてカクテルグラスに注ぐ。
  • マラスキーノ・チェリーを飾る。

チェリーは沈めるのではなく、カクテルピンに刺して飾るのもおすすめです。レシピによっては、花やオレンジが飾られる場合もあります。

『オリエンタル』作りにおすすめの材料

自宅でオリエンタルを作る際におすすめの材料をご紹介します。

ライウイスキー ノブ クリーク ライ

リッチな味わいが世界中で人気のアメリカ産ライ・ウイスキー。9年間熟成することで生まれる複雑な香り、力強く奥深い味わいが魅力。ノブ クリークとは、かつてリンカーン大統領が住んでいたケンタッキー・ヒルにある小川の名前です。

・ 容量:750ml ・ 参考価格:¥4,973(税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

ノイリー・プラット スイート 赤ワイン

プロのバーテンダーや著名人にも愛される、フランス産のスイート・ベルモット。樽熟成で生まれる甘いバニラとハーブの香り、エレガントで豊かな味わいが魅力です。カクテルの材料としてだけでなく、デザートや食前酒としてそのままでも美味しくいただけます。

・ 容量:750ml ・ 参考価格:¥1,226(税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

ボルス トリプルセック リキュール

世界中のバーで使用されている、アムステルダム産のホワイトキュラソー。キュラソー諸島産のオレンジを使用した、果実本来の爽やかな香りが魅力です。カクテルに加えることで、まるでお店で出されるような本格的な味わいを生み出します。

・ 容量:700ml ・ 参考価格:¥1,734(税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

自宅でゆっくりオリエンタルを嗜もう

オリエンタルは、さわやかな味わいで見た目も美しいカクテルです。食前やカクテルタイムに、ゆっくりくつろぎながら楽しんでみてはいかがでしょうか。使用するウイスキーによっても大きく味わいが変わりますので、自分好みの味わいをぜひ追求してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME