モッツァレラチーズスティックが美味い。購入方法と作り方とは?

2019.11.24

COSTOCO(コストコ)のモッツァレラチーズスティックフライが美味しいと話題になっています。自宅で出来立ての味を楽しめるため、おやつやホームパーティーにおすすめです。この記事ではモッツァレラチーズスティックフライの食べ方やレシピについてご紹介します。

モッツァレラチーズスティックフライとは?

コストコで販売されている、モッツァレラチーズをスティックして揚げた商品です。ネットやSNSで「安くてとても美味しい」と口コミが広がり、じわじわ人気を集めています。

コストコのモッツァレラスティック

モッツァレラチーズフライが1.2kgも入ったお得な商品。一度揚げてから冷凍してあるので、料理が苦手な人でも簡単に調理できます。食べたい分量だけ調理できるため、お弁当のおかずやおつまみ、おやつにおすすめです。

・ 商品名:RODEO JOES モッツァレラチーズフライ ・ 容量:1.2kg ・ 参考価格:¥2,890(税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

モッツァレラチーズフライの調理方法

調理方法はオーブンで焼くか、油で揚げるだけととても簡単です。できるだけヘルシーに調理したい方はオーブン調理、よりおいしく食べたい方は油調理がおすすめです。

オーブンで焼く

焼く場合は200℃のオーブンで10分~20程度が目安です。すぐに食べたい場合は10分、こんがりさせたい場合はじっくり20分ほど焼きましょう。途中で様子を見ながらひっくり返すとまんべんなく焼きあがります。

油で揚げる

揚げる場合は180℃の油で2~3分程度で十分です。周りの衣がサクッとしたら油から上げましょう。揚げすぎるとチーズが流れ出てしまいます。揚げた方がカリっとした仕上がりになりますが、油を吸っている分カロリーは高くなります。

モッツァレラチーズフライの気になる味は?

モツァレラチーズ自体あまり濃厚なチーズではないため、意外とあっさりした味わいです。揚げ物ですが胃もたれしにくく、たくさん食べられるシンプルな味わいです。

モッツアレラチーズスティックの再現レシピ

市販品は量が多すぎるという場合は、自分で作ってみるのもおすすめです。作り方はとてもシンプルなのでぜひ試してみて下さい。

材料(2人分)

モッツァレラチーズ 100g 衣 薄力粉 適量 溶き卵 適量 パン粉 適量 揚げ油 適量 ケチャップ 大さじ3

引用:クラシル

モッツァレラチーズ100gの場合、卵1個、パン粉50gが適量です。作りたい分量に合わせて用してください。

作り方(手順)

  • モッツァレラチーズを2cm幅に切り、バットに広げます。
  • ラップをかけて冷凍庫でカチカチになるまで凍らせます。(3時間~半日)
  • 薄力粉・溶き卵・パン粉を付け少し寝かせます。
  • フライパンに油を入れ、170℃に熱したらきつね色になるまで揚げます。
  • お好みでケチャップを添えて完成です。

モッツァレラチーズはしっかり凍らせておくことで、揚げたときに溶け出しにくくなります。

モッツアレラチーズスティックに合うソース

モッツァレラチーズスティックはケチャップだけでなく、甘みのあるソースとも相性抜群です。普通のケチャップに飽きた人はぜひ試してみて下さい。

おすすめ①オーロラソース

酸味とまろやかなコクがちょうどよく、後を引く美味しさ。自宅で作る場合はケチャップとマヨネーズを混ぜるだけで出来るのでとても簡単。市販のものはスパイスが効いていて、パンチのある味わいです。

・商品名:GABANスパイシーオーロラソース ・ 容量:500ml ・ 参考価格:¥560 (税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

おすすめ②スイートチリソース

スイートチリソースはチーズハットグなど、似ているフライ料理にもよく使われています。程よい甘味と辛みのバランスが良く、モッツァレラチーズとの相性も抜群です。お好みでマヨネーズを加えるのもおすすめ。

・商品名:メープラノム スイートチリソース ・ 容量:300ml ・ 参考価格:¥780 (税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

おすすめ③ハニーマスタードソース

揚げ物につけるソースの定番であるハニーマスタードは、モッツァレラスティックともよく合います。マスタードの辛みとハニーの甘みがチーズのコクと相性抜群です。たっぷり付けて食べたいソースです。

・商品名:オットギ ハニーマスタードソース ・ 容量:265g ・ 参考価格:¥688(税込) ・ Amazon 商品ページはこちら

色々活躍するモッツアレラチーズスティック

モッツアレラチーズスティックは、手軽にモッツァレラチーズをたっぷり味わえる人気の商品です。お弁当やおやつ、おつまみやおもてなしなど色々な場面で活躍します。1袋あると便利なので、コストコに行った際はぜひチェックしてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME