ふわとろプリンを蒸し器で作ってみよう!基本の作り方とアレンジレシピ

2019.11.24

蒸し器で作ったプリンは、トロリとした食感と優しい甘さ魅力です。この記事では、美味しいプリンのレシピと、蒸し器がない場合の作り方について説明します。アレンジレシピも紹介するので、ぜひ手作りプリンにチャレンジしてください。

プリンを蒸し器で作る時の基礎知識

プリンを蒸し器で作るなら、基礎的な知識を学んでおきましょう。失敗しないためのコツと、蒸し器がない時の作り方を紹介します。

美味しく作るコツ

卵をかき混ぜる時に泡立てないようにすると、プリンに「す」が入りません。プリン液を容器に注いだ後、大きな泡はスプーンで潰しておきましょう。

弱火でじっくりと蒸すのが美味しく作るコツです。蒸し器の蓋は少しだけ開けて、蒸気を逃がしましょう。

火加減や材料の分量によっては、プリンが固まらないことがあります。容器をゆらして中身が大きく動くようなら、また加熱してください。

蒸し器がない時は鍋で代用する

家に蒸し器がない場合は、お鍋で代用できます。まずはプリン液をそそいだ容器に、アルミホイルで蓋をしましょう。

鍋に沸騰したてのお湯を入れ、弱火に10~15分ほどかけます。お湯の量はプリン液の半分くらいが目安です。

火を止めて5~10分ほど蒸らせば完成です。鍋の底にふきんやキッチンペーパーをひいておくと、加熱している時に容器がゆれません。

蒸し器を使ったプリンの作り方

シンプルで美味しいプリンの作り方を紹介します。香ばしいカラメルと、なめらかな口当たりが、懐かしの味わいです。

材料(160mlプリン型使用/6個分)

  • 牛乳:420ml
  • 砂糖:80g(プリン液)
  • バニラビーンズ:1/2本
  • 卵:4個
  • 砂糖:80g(カラメル)
  • 水:大さじ1+1/2
  • 熱湯:40ml

引用:カスタードプリン

作り方

  1. 鍋に砂糖と水を入れ、シロップ状になるまで中火にかけます。
  2. 焦げ始めたら鍋をゆすり、キャラメル色になったら火を止めます。
  3. 木べらにつたわせてせ熱湯を入れ、かき混ぜたら容器に流し入れます。
  4. 鍋に牛乳と砂糖、バニラビーンズを入れて火にかけます。
  5. 砂糖が溶けるまで温めたら、ボウルに卵を入れて混ぜます。
  6. 温めた牛乳に卵を混ぜたらザルでこし、30分ほど休ませます。
  7. 容器にプリン液を流し込み、蒸気があがる蒸し器に並べます。
  8. ふきんを挟んでふたをして強火で30秒、弱火で10分蒸します。
  9. 固まったのを確認した後は粗熱をとり、冷蔵庫で冷やせば完成です。

カラメルソースは色が濃いほど苦くなるので、好みで調節してください。できたプリン液を少し休ませることで、「す」ができにくくなります。

人気のアレンジレシピ2選

基本の作り方をマスターしたら、アレンジレシピを試してみましょう。簡単で美味しい2つのレシピを紹介するので、ぜひ作ってみてください。

大人な味わいの抹茶プリン

抹茶の上品な苦味が楽しめる大人の抹茶プリンです。完成したプリンに、黒蜜や生クリームをかけても美味しくいただけます。

材料(4人前)

  • 卵:2個
  • 牛乳:300ml
  • 抹茶:10g
  • 砂糖:50g 引用:抹茶プリン

作り方

  1. 牛乳を60℃くらいに温めたら砂糖と抹茶を混ぜ合わせます。
  2. ボウルに卵を入れてほぐし、抹茶と砂糖を加えて混ぜます。
  3. 温めた牛乳を混ぜたらこしながら容器に注ぎます。
  4. 弱火で20分ほど蒸し、粗熱をとって冷蔵庫で冷やせば完成です。

材料を泡立てないように優しく混ぜるのがコツです。

バナナが乗ったチョコプリン

バナナが乗った、チョコレートプリンの作り方を紹介します。バナナの代わりに、いちごやブルベリーを飾っても良いでしょう。

  • 材料(2人前)
  • チョコレート:50g
  • 卵:1個
  • 砂糖:大さじ2
  • 牛乳:200ml
  • バナナ:1/2本 引用:蒸し器でチョコプリン
  1. 卵を割りほぐしたら牛乳と混ぜ、小鍋に入れて弱火にかけます。
  2. チョコレートと砂糖を加えたら、人肌ほどの温度でとかします。
  3. 型に流して蒸し器に入れ、中火で5分、弱火で10~15分蒸します。
  4. 粗熱をとったら冷蔵庫で冷やし、カットしたバナナを飾って完成です。

蒸し器で作ったプリンは格別

紹介したレシピを参考にすれば、美味しいプリンが出来上がります。蒸し器を使って、トロリとした懐かしの味を味わいましょう。

いつものオヤツやおもてなしとして、ぜひ活用してください。蒸し器を使ったレシピでも、鍋で代用すれば簡単に作れます。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME