トレーラーハウスは北海道の冬にも対応できる?機能性やレンタルショップを紹介

2019.11.24

キャンプ人気を背景にキャンピングカーやトレーラーハウスの人気が高まっています。この記事では、冬は極寒の地になる北海道においてもトレーラーハウスは快適に過ごすことができるのか、その機能性についてご紹介します。

トレーラーハウスは北海道でも快適か?

さっそく寒さの厳しい北海道のような地域でもトレーラーハウスは快適に過ごせる機能性があるのか見ていきましょう。

トレーラーハウスに冬仕様はないが快適に過ごせる

結論からいうと、トレーラーハウスの規格に冬仕様はありません。北海道で購入しても基本となる規格は同じです。

しかし、トレーラーハウスはプレハブなどとは違い、断熱素材を使用した造りとなっていますので、北海道の寒い冬でも問題なく生活できます。

さらに、台座(車輪)に乗る設計上高床式となり、底冷えを防ぎ、ある程度なら雪に埋もれるのを防いでくれるのです。高級仕様だと床暖房搭載のトレーラーハウスもあり、決して「寒くて生活できない」なんてことはありません。

購入価格はどれくらい?

購入価格は、北海道苫小牧市の「スノードリーム」さんの販売価格を参考にご紹介させていただきます。

トレーラーハウスは物によって値段の幅は広く、モデルハウスだと438万円~1,080万円とかなりの差があります。特に多いのは600万円前後代になり、600万円前後が平均といえるでしょう。

また、注文住宅だともっと変わってきます。最安350万円からになり、上限は応相談になります。

  • 店舗名: スノードリーム
  • 住所:北海道苫小牧市拓勇西町8丁目2番53号
  • 電話番号:0144-61-0343
  • 公式HP:こちら

レンタルするなら「スマートモデューロ」

(画像はイメージ)

近年、レンタルトレーラーハウスである「スマートモデューロ」が人気となっています。「ムービングハウス」と呼ばれるスマートモデューロはどのような物なのか?紹介します。

用途に合わせて繋げられる

スマートモデューロの最大の特徴は、部屋サイズの調整ができることです。設置の際、シングルを2つ連結すれば、2倍の室内になります。さらに3つ、4つと連結することで、それに合わせて室内は広がります。

連結方法も様々で、縦横自由に繋げられます。スペースがあれば、「コの字型」や「H型」にすることも可能なのです。

高性能な設計

スマートモデューロは、高性能な性能も特徴的です。耐久性はもちろん、高断熱・高気密・遮音性・耐震性と各耐性に優れています。

木造建築であることからエコロジーにも優れ、従来のトレーラーハウスとは一線を越える性能といえるでしょう。

レンタル料はどれくらい?

スマートモデューロは、レンタルのみ扱っています。

形状によってレンタル料は違いますが、シングルだと、大体月々6万円になります。また、連結を想定したトレーラーハウスだと大体月々12万円、店舗型だと月々7万5千円ほどになります。

従来のトレーラーハウスのレンタル料よりも割高ではありますが、北海道の冬でも快適に過ごせることを考えると、決して高いわけではありません。

  • 店舗名: アーキビジョン21
  • 住所:北海道千歳市泉沢1007-168
  • 電話番号:0123-28-8811
  • 公式HP:こちら

トレーラーハウスのある北海道キャンプ場

北海道は、自然豊かでキャンプも人気の一つです。ですが、冬の北海道は寒く、テントでは寒すぎます。そんな時こそ、断熱素材を使用したトレーラーハウスがおすすめです。トレーラーハウスに宿泊できるキャンプ場を紹介します。

さらべつカントリーパーク

さらべつカントリーパークは、札幌ドーム5.5個分もある広いキャンプ場です。パーク内では、遊具を使用できるスペースがあり、子供と一緒に楽しく遊べます。大人向けにはゴルフ場もあり、子供から大人まで体を動かして楽しめるでしょう。

トレーラーハウスは、最大5人まで宿泊可能です。キッチン、バス、トイレなども備わっており、不便を感じません。周囲(庭)も十分なスペースがあり、コテージなどと同じような感覚で楽しめるでしょう。

  • 店舗名:さらべつカントリーパーク
  • 住所:更別村字弘和541番地62
  • 電話番号:0155-52-5656
  • 営業時間:チェックイン(午後1:00〜午後5:00)、チェックアウト(午前8:00〜午前10:00)
  • 公式HP:こちら

真狩 焚き火キャンプ場

真狩 焚き火キャンプ場は、蝦夷富士のふもとにあるキャンプ場です。テントからテーブルまですべてセットの「手ぶらキャンプ」プランがあるほか、悪天候でも問題ない「BBQハウス」があるなど、キャンプ初心者に特に人気があります。

さらに、トレーラーハウスを予約すればテント張りなども必要ありません。冬でも不便なく満喫でしょう。

他にも、キャンプ場には珍しくカフェバーもあり、キャンプ場というよりも、レジャー施設のように楽しめます。

  • 店舗名:真狩 焚き火キャンプ場
  • 住所:北海道虻田郡真狩村社86-1
  • 電話番号:0136-55-6400
  • 電話予約受付時間:10:00〜16:00
  • 定休日:不定休
  • 公式HP:こちら

トレーラーハウスなら冬でも寒くない

トレーラーハウスはプレハブなどの簡易住居とは違い、作りがしっかりしています。断熱素材も使用しており、北海道の寒い冬でも、問題なく生活ができるのです。不安な人も、レンタルやキャンプ場で体験すれば、トレーラーハウスの暖かさが分かります。ぜひ、北海道に訪れた際はトレーラーハウスを試してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME