スタウトビールとは?味の特徴や種類、起源を詳しく解説!

2019.11.22

日本では黒ビールとも呼ばれる、特徴的な黒色と濃厚な味わいのスタウトビール。飲んだことがある方もない方もスタウトの知識を得てから飲むとまた味わい深く感じられます。この記事ではスタウトとはどういうビールなのかから、スタウトビールの誕生から味の特徴、おすすめのスタウトまで紹介します。

スタウトとは

イギリスやアメリカでも定番のビールで日本では黒ビールと呼ばれるのがスタウトです。ここではスタウトはどのように作られるのかや味の特徴をご紹介します。

スタウトビールの起源

スタウトビールはアイルランド発祥の黒いエールビールのことを指します。スタウト(stout)という言葉は「強い、しっかりした」という意味があり、ポーターと呼ばれる黒ビールをさらに深く、濃く、アルコール度数高めに作られたビールで、当初は「スタウト・ポーター」と呼ばれていましたが現在はスタウトと呼ばれています。黒ビールがすべてスタウトというわけではなく、生産者や国によって名前や分類に違いがあり、はっきりとこれがスタウトだという定義はありません。

スタウトビールの特徴

麦芽していない大麦を黒くなるまでローストし製造に使っていて、参考にされたポーターよりアルコール度数が高くコクがありどっしりとした味わいです。深煎のコーヒーやカラメルのような風味がし、泡はクリーミーで濃厚です。苦味がつよく濃厚なスタウトは冷やしすぎない1013℃が美味しくのめる温度で、アルコール度数が10%前後あるスタウトもありグビグビと飲むのではなくゆっくり嗜むのがスタウトの楽しみ方です。

スタウトビールの種類

スタウトにはいくつか種類があります。通常ビールに入れない材料を入れてさまざまなスタウトが作られています。数あるスタウトの中で「ドライスタウト」「スイートスタウト」「インペリアルスタウト」をご紹介します。

ドライスタウト

スタウトというと通常はこのドライスタウトを指します。濃厚だけど甘みはなくスッキリとした味わいです。発酵の具合を高めて糖分を少なくすることで苦味が強くドライなスタウトができます。

スイートスタウト

スタウトの原料に砂糖などの甘味料を加えたのがスイートスタウトです。スタウトの強い苦味を中和させたり、コクを増やしたりするために砂糖を加えます。ドライスタウトより甘く濃いスタウトになるため、アルコール度数を高めて味わいのバランスを整えているものが多いです。ものによってはチョコレートのように甘いものや、乳糖を加えてほのかな甘みがするものまで甘みや香りさまざまです。

インペリアルスタウト

19世紀にイギリスから他の国へ輸送するために作られたのがインペリアルスタウトです。長期の輸送でビールが傷まないように、濃厚かつアルコール度数を高めに作られました。アルコール度数が10%のものもあり、のどごしを楽しむビールではなくゆっくり濃厚さや味を楽しむビールです。

おすすめのスタウトビール

日本で飲めるペールエールを紹介します。コンビニやスーパーでも買えるものもあるので、ぜひ今晩のお食事のお供にペールエールを飲んでみてください。

ギネス エクストラスタウト

ポーターを参考にスタウトを作ったのがギネスビールの創業者であるアーサー・ギネスです。そのギネスビールが手掛けるスタウトビールです。色が黒く濃く、味も濃厚なのが特徴です。スタウトを長年作ってきたギネスビールの技術で濃厚さとドライさ、甘さと苦味のバランスがとれた味を作り出しています。

  • 商品名:ギネス・エクストラスタウト 330ml
  • 参考価格:¥289(税込)
  • Amazonコチラ

サンクトガーレン スイートバニラスタウト

香り付けのホップの代わりにバニラビーンズを加えたスタウトビールです。バニラの甘い香りがします。黒ビール自体を甘めにしたことで後味がチョコレートのような風味がします。そのまま飲んでもおいしく召し上がることができますが、バニラアイスにかけて食べるのも新しい感覚のデザートになりおすすめです。

  • 商品名:サンクトガーレン スイートバニラスタウト
  • 参考価格:¥525(税込)
  • Amazonコチラ

箕面ビール

甘すぎずどんどん飲めるスタウトビールです。クリーミーな濃厚さとのどごしのスッキリ感を合わせ持ち、ビターなチョコレートや深煎のコーヒーのような味わいがします。スタウトはビールの中でもアルコール度数が高めなものが多いですが、箕面ビールのスタウトは5.5%と比較的飲みやすい度数です。

  • 商品名:箕面ビール スタウト
  • 参考価格:¥1,461(税込)
  • Amazonコチラ

濃厚なスタウトでいつもとは違う気分を

しっかりとした味のスタウトはアルコール度数も高いのでゴクゴク飲むのではなくゆっくり味わって楽しんでみてください。スタウトの濃厚な味やクリーミーな泡は一度ハマれば病みつきになります。チョコレートのような後味や、甘い味などのスタウトもありデザート好きな女性は一度試してみる価値はあります。すっきりとしたビールもいいですが濃厚なスタウトビールでいつもとは違う気分を楽しんでみてはいかがですか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME