リコッタチーズの作り方とは?自宅でも簡単に作れる方法

2019.11.21

リコッタチーズは、お店やパンケーキ専門店で食べることができますが、自宅でも作ることできるのか、気になる人もいるはず。リコッタチーズは、簡単な材料で作ることが可能です。しかし、作り方にはポイントや手順があるので、知っておくと自宅でも美味しいリコッタチーズを食べることができますよ。ぜひ、リコッタチーズの作り方を知って、レシピを増やしてみましょう。

リコッタチーズの美味しい作り方

リコッタチーズは、チーズを作る際に出る水分を煮詰めてできたチーズのことですが、自宅でも同じように作ることが可能です。とくにおすすめなのは、材料に牛乳だけではなく生クリームを使うとよりクリーミーになるということ。家庭にある材料で簡単にリコッタチーズが作れる方法を紹介します。

準備するものはこれ!

リコッタチーズを作るには、何を用意したらいいのかわからない人も安心!実は、冷蔵庫にあるもので作れるんです。

  • 牛乳
  • 生クリーム(生クリームがない場合は牛乳だけでもOK)
  • レモン汁

たったこれだけでリコッタチーズが作れます。リコッタチーズの作り方のポイントの一つが煮詰めるということですが、なんと調理時間は約15分!ぜひ、リコッタチーズの作り方を知って、毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

必見!リコッタチーズの作り方の基本

材料4つで簡単に作れるリコッタチーズの作り方を紹介します。

  1. まず、牛乳300mlと生クリーム200mlを火にかけ、ヘラで混ぜながら中火で煮詰める
  2. 火を止めて、レモン汁を20ml加えヘラで混ぜる
  3. ほろほろと固まりが出てきたら、火を止める
  4. ボウルにザルを重ねて、その上にキッチンペーパーかガーゼのようなものを重ねて注いでいく
  5. 2時間かけて濾す
  6. 水分がなくなったら塩を加えてさっくり混ぜる

これで完成です。冷蔵庫に入れて冷やすのもおすすめです。濾す時の時のポイントは、手で絞らずに自然に濾していくのを待つこと。美味しいリコッタチーズを作るために焦るのは禁物ということですね。

リコッタチーズを作る時のポイント

せっかく自宅でリコッタチーズを作るなら、失敗したくないですよね。ここでリコッタチーズの作り方にはポイントや注意点があるので知っておきましょう。

沸騰させないこと!舌触りが悪くなる?

最初に牛乳と生クリームを煮る時は、沸騰させないことです。沸騰してしまうとチーズになった時の舌触りが悪くなってしまうと言われています。リコッタチーズの作り方のポイントはじっくりコトコトがおすすめです。また、牛乳の種類は「成分無調整」のものを選ぶのが必須。低脂肪だと固まらないので、牛乳を買う際にはご注意を!

リコッタチーズのアレンジレシピ

リコッタチーズが完成したら、どんな料理に使うか考えるだけでワクワクしますよね。そのまま食べてもよし、サラダやデザートに添えてもよし、リコッタチーズの使い方は豊富にあります。その中でもリコッタチーズのアレンジレシピを二つ紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

リコッタチーズのケーキ

イタリアでは定番のリコッタチーズのケーキ。リコッタチーズを混ぜてケーキを作る方法です。パウンドケーキなどにも混ぜて使うのもおすすめ。レモンの酸味とミルクの甘さがふんわり広がるケーキは、甘党が苦手な人にはおすすめです。

リコッタチーズでポテトサラダ

マヨネーズをリコッタチーズに代用してゆでたじゃがいもと、味付けをして完成!きっと、いつものポテトサラダが新鮮に感じられるはず。

リコッタチーズの作り方を知って、料理のアクセントに

リコッタチーズはスーパーに売っている材料で作ることができます。しかも材料の数は少なくシンプル。沸騰させないことや手順を守れば、美味しいリコッタチーズが完成するはず。生クリームを使えばよりコクのあるリコッタチーズを作れるので、好みに合わせていつもの料理に変化を加えることができます。料理のアクセントにはもってこいのチーズです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME