鉄観音の入れ方。自宅でできるやり方から本格的な中国茶のお作法まで

2019.11.20

中国の銘茶のひとつ、鉄観音を自宅で入れてみませんか?急須や湯呑があれば自宅でも簡単に入れることができます。この記事では、自宅でできる入れ方から本格的な中国茶のお作法までご紹介します。ぜひ鉄観音の入れ方をマスターしておいしいお茶を味わってください。

鉄観音の特徴

鉄観音は中国茶の一種として有名ですが、どのような特徴があるのでしょうか。

鉄観音茶とは

鉄観音とは中国十大銘茶のひとつで、芳醇な香りと甘い味わいが特徴のお茶です。主な銘柄には中国福建省泉州市安渓県で栽培される「安渓鉄観音」、台湾台北市文山区付近で栽培される「木柵鉄観音」があります。

半発酵させた青茶の一種なので烏龍茶に分類されますが、鉄観音という園芸種から取れた茶葉を使用しています。鉄観音と名付けられた由来は、茶葉の光沢が鉄でできた観音菩薩像に似ているから、乾隆帝の時代に茶農家が夢で見た観音岩に生えていた茶の木をもとに栽培したのが始まりだったから、など諸説あります。

鉄観音茶の味や香り

鉄観音茶は苦みや渋みが少なく、フルーティーでまろやかな甘さがあります。そのため、食後やお酒を飲んだ後、ティータイムに好まれて飲まれることが多いです。桃や蘭に似た甘い香りで、ほっと一息つきたいときにもおすすめです。

自宅でできる鉄観音の入れ方

鉄観音の茶葉を用意したら、早速自宅にある急須と湯呑で鉄観音茶を入れてみましょう。

用意するもの

  • 急須
  • 湯呑
  • ボウル

入れ方

  1. 急須にお湯を入れて温めたら、湯呑に移して茶器を温めます。
  2. お湯をボウルに捨ててから、茶葉を急須に入れます。量はお湯400ccで茶葉10gです。
  3. 95℃以上の熱湯を急須に注いだら、一煎目は飲まずにボウルに捨てます。
  4. もう一度急須にお湯を注いで、50秒間待ちます。
  5. 湯呑に均等に注ぎます。

急須に残った茶葉は、お湯を入れることで繰り返し飲めます。3煎目以降は蒸らす時間を多めに取ってください。

中国茶は鉄観音に限らず、一煎目は飲まずに捨てることが多いです。これは、茶葉を開かせるため、茶葉についた埃を落とすためなどと言われています。

とくに鉄観音の茶葉は粒状の塊なので、最初にお湯でふやかさないと内部まで湯が浸透せず、味と香りが引き出されません。一煎目はまだ茶葉が開ききっておらず、飲んでも鉄観音の風味を味わうことができないのです。

そのため、まずは一煎目で茶葉を柔らかくしてから再度熱湯を注ぎ、コクのある風味が蘇った二煎目以降をおいしくいただきましょう。

本格的な中国茶の入れ方

本格的に中国茶を楽しみたい人は、中国茶用の茶器を用意すると本場の雰囲気が楽しめます。

用意したい中国茶器

  • 茶壷…日本では急須のことを言います。中国茶は入れたてを飲むのがおいしいとされているため、茶壷は小ぶりなものが多いです。
  • 茶盤…茶器の下に置く木・竹製のおぼんのような道具です。穴が開いており、お湯を捨てることができます。
  • 茶杯…日本では湯呑のことを言います。一口で飲み切れるような小さいものからマグカップほどの大きいものまであります。
  • 茶海…日本ではピッチャーのことを言います。茶杯に注ぐ前に茶海に移すことで、お茶の濃度を均等にしてから入れることができます。

入れ方

  1. 茶盤の上に茶壷を置いてお湯を注ぎます。
  2. 茶壷のお湯を茶海→茶杯の順番に移して茶器を温めます。
  3. 茶壷に茶葉を入れ、熱湯をたっぷり注ぎます。
  4. 一煎目を捨てたら、もう一度熱湯を注いで蓋をします。
  5. 蓋をした茶壷の上から熱湯を注いで、外からも温めます。
  6. お茶を茶海に移し替えます。
  7. 茶海から茶杯に均等に注ぎます。

鉄観音の入れ方を実践してみよう

鉄観音は急須と湯呑があれば、自宅でも簡単に入れることができます。芳醇な香りで苦みや渋みがなく、甘さが特徴のお茶なので、ほっと一息つきたいときに最適です。本格的な中国茶のお作法にチャレンジしたい方は、ぜひ中国茶器も用意してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME