クリームチーズマフィンの簡単レシピ。基本とアレンジまとめ

2019.11.15

しっとりふわふわな食感とほのかな甘さがクセになる定番おやつ「マフィン」。実は材料を混ぜて焼くだけで簡単に作れるのをご存知ですか?今回はマフィンの中でも人気の「クリームチーズ」を使ったマフィンのレシピをご紹介していきます。

クリームチーズマフィンの簡単レシピ

マフィンの基本レシピにクリームチーズを加えるだけで、ほのかに広がる酸味と濃厚なしっとり感がプラスされるクリームチーズマフィン。まずは自宅でも簡単に作れる基本レシピをご紹介します。

基本の作り方

クリームチーズの基本レシピは以下の通りです。

材料(8個分)

  • 薄力粉 110g
  • ベーキングパウダー 5g
  • バター 50g
  • 溶き卵 2個
  • 牛乳 大さじ2
  • 砂糖 60g
  • クリームチーズ 100g

作り方

  1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせておく。
  2. 別のボウルにバターとレンジで20秒ほど加熱したクリームチーズを入れてなめらかになるまで混ぜ、砂糖を加えてさらによく混ぜる。
  3. 砂糖が混ざったら卵と牛乳を混ぜながら少しずつ流し入れる。
  4. ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを合わせたものを加え、さっくり混ぜる。
  5. 型に注ぎ入れ、170度で予熱したオーブンで30分程度焼いて完成。

ホットケーキミックスでも代用できる

薄力粉とベーキングパウダーの代わりにホットケーキミックスを使うこともできます。余ったホットケーキミックスで気軽に作ることができるので、おかし作りが苦手な方にもおすすめです。ホットケーキミックスははじめにふるいにかけておくのがポイント。よりふわふわなマフィンに焼き上がります。

「バターなし」「卵なし」のレシピ

材料を混ぜて焼くだけのマフィンですが、バターや卵を使わなくても作ることができます。先ほど紹介した基本のレシピを参考に、バターなし、卵なしのクリームチーズマフィンのレシピをご紹介します。

「バターなし」でつくる

バターを使わずに作る場合は、代わりに「食用油」や「グレープシードオイル」を使います。分量は「基本の作り方」でご紹介したバターと同じくらいで大丈夫ですが、様子を見ながら調節しましょう。

「基本の作り方」はほぼ変わりませんが、2番の段階でクリームチーズとバターを一緒に混ぜるのではなく、まずはクリームチーズを柔らかくなるまで練ってから油やオイルを加えるのがポイントです。

「卵なし」でつくる

卵を使わずに作る場合は、卵の水分が減るため牛乳を少し多めに入れるようにするのがポイントです。作り方は「基本の作り方」から卵を除いただけで大丈夫。パサパサしてうまく混ざらないときは、様子を見ながら牛乳で調節しましょう。

卵を入れないと「大丈夫なの?」と不安に思う方も多いかと思いますが、きちんとしっとりしたマフィンに仕上がるのでご安心ください。ふわふわ感は少し劣りますが、卵アレルギーのお子さんにもおすすめです。

ブルーベリーやジャムでアレンジレシピ

基本の作り方をマスターしたら、ぜひお好みの食材でアレンジレシピにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?おすすめのアレンジ食材をまとめてご紹介していきます。

色々なちょい足し食材でアレンジ

ほのかな酸味が特徴のクリームチーズマフィンにはブルーベリーやみかんなど、同じく酸味のあるフルーツがおすすめです。生のブルーベリーが手に入らないときは、ブルーベリージャムでも美味しく作ることができます。

ブルーベリー以外にマーマレードジャムやレモンピール、ナッツ類もクリームチーズと相性の良いおすすめ食材です。また、かぼちゃやサツマイモなど甘みのある野菜もまた違った風味が味わえます。作り方は「基本のレシピ」の4番、オーブンに入れる前に加えるようにしましょう。

甘さ控えめで朝食にもぴったり

いかがでしたか?クリームチーズマフィンはおやつはもちろん、甘さ控えめで朝食のパンの代わりとしてもおすすめです。ぜひ参考にして基本のレシピからアレンジレシピまで自分好みのクリームチーズマフィンを作ってみてくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME