脱臭ハンガーならパナソニック!脱臭ハンガーの魅力を紹介

2019.11.16

パナソニックから発売された脱臭ハンガー。衣類をかけるだけで、汗やたばこの気になる臭いや花粉などをリフレッシュしてくれる優れものです。この記事では脱臭ハンガーの魅力と、どの脱臭ハンガーがどんな人におすすめなのかをご紹介します。

脱臭ハンガーとは

パナソニックの脱臭ハンガーの魅力をご紹介します。

ナノイーXで嫌なニオイを抑制

ハンガーに8か所ある吹き出し口から、不快なニオイを抑える効果があるOHラジカル(高反応成分)を「ナノイー」の 10倍含む微粒子イオンのナノイーXが出てきます。ナノイーXが、汗臭、たばこ臭、焼き肉臭といった衣類にこびりつく嫌な臭いをリフレッシュしてくれます。

型崩れしにくい形状

一般的なハンガーは衣類をかけるとシワがよったり、位置がずれたりと、型崩れしやすいですが、脱臭ハンガーは奥行きをもたせることで、型崩れしにくい形状を実現しました。脱臭機能だけでなく、ハンガーの形にこだわることで、大切な衣類をキレイな形でキープします。

服をハンガーにかけるだけで臭いをリフレッシュ

ハンガーに服をかけ、付属の衣類カバーをかけて使用するだけで、服の内側についた汗臭も、食事臭や花粉など外側についた臭いや汚れをリフレッシュしてくれます。電源ボタンを押したら、あとは放っておくだけですので、手間なく簡単に終わります。

電気代1回1円以下のエコ運転

通常モード(約5時間運転)で電気代約0.61円、特にニオイや花粉が気になるロングモード(約7時間運転)で電気代約0.85円なので経済的です。毎日使っても一か月30円程度なのは嬉しいポイントですよね。モバイルバッテリーでも運転できるので、旅行先などの外出先でも使用できます。

パナソニック脱臭ハンガーMS-DH100-Kはどんな人におすすめ?

パナソニックの脱臭ハンガーには、MS-DH100-KとMS-DH210-Kの2種類あります。まずはMS-DH100-Kがおすすめな人をご紹介します。

上着だけの脱臭で十分な方におすすめ

MS-DH100-KもMS-DH210-Kも、「ナノイーX」搭載ハンガーで、スーツなどの衣類に付着したニオイを分解脱臭、花粉を抑制してくれます。中でもMS-DH100-Kにはスラックス専用のバーがついていない分、MS-DH210-Kよりも価格がお手頃なので、上着のしわ取りや臭いの分解だけで十分な方におすすめです。

MS-DH100-Kは、幅400×奥行88×高さ281 mm約520 gと、700gのMS-DH210-Kよりも軽量なので女性にもおすすめです。

パナソニック脱臭ハンガーMS-DH210-Kはどんな人におすすめ?

つづいてMS-DH210-Kがおすすめな人をご紹介します。

スーツや制服を日常的に使用する方におすすめ

MS-DH210-Kには、スラックス対応つり下げバーが搭載されていますので、パンツスーツを日常的に着用している方や、スラックスやスカートを頻繁に着用している方におすすめです。また、花粉やほこりなどアレルゲンをしっかり落としたい方にもおすすめです。

脱臭ハンガーで毎日衣類をリフレッシュしませんか

脱臭ハンガーは使い方も簡単。専用ケーブルのプラグを本体とACアダプターのプラグにまっすぐ差し込み、ACアダプターをコンセントに差し込んだら、電源スイッチを押すだけです。脱臭ハンガーで、手軽に日々衣類に付着してしまう嫌な臭いをリフレッシュしてみませんか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME